SCP-2353

SCP-2353 - The Mannequin That Will No Longer Put Up With This Shit, Honestly (「もうこんなのやってらんなくなっちゃったのよね、ホント」なマネキン)
2353fashionbaby.png
回収時のSCP-2353。

Item #: SCP-2353

Object Class: Euclid

取扱方: SCP-2353は標準的ヒト型生物収容室に収容されており、食事を必要としていません。SCP-2353のいる状況下では、不適切な衣類・靴・アクセサリーの着用が禁止されます。不適切な衣料品のリストは文書-2353で詳述されていますが、以下の物を含みます。

  • 一般に“クロックス”の名称で知られる合成樹脂の靴。
  • 実験用白衣を含む白服全般。9月の第一月曜日から立春までの間に限る。
  • 如何なる種類であれ、フリップフロップもしくはサンダルを靴下と同時着用する行為。
  • 一般に“ジョーツ”の名称で知られるデニム地の短パン。

また、SCP-2353はミシンの利用が許可されており、雑誌・布地・他の機器を購入するための手当が毎月35米ドル与えられています。ミシンや手当の利用は懲戒処分として取り消すことができます。

概要: SCP-2353は知性と生命を有するマネキンであり、身長1.6m、体重2kgです。ファイバーグラスで構成されており、目は青、唇は赤、肌は明るい色に塗装されています。対象は女性の声で英語・スペイン語・中国語・アラビア語・フランス語・ロシア語による会話が可能です。SCP-2353は完全に中空であり、どのように音声を創出しているのかは分かっていません。

SCP-2353は、文書-2353に詳述されている不適切な衣類を着た人間に対面した場合、敵対的かつ非協力的な対応を取ります。問題の服やアクセサリーを提示された場合、SCP-2353は多くの場合その人物に背を向け、国際連合に通報するためと称して携帯電話の利用を要求します。

SCP-2353は、とあるショッピングモール内にある衣料品チェーン店で発見されました。ビデオ録画には、SCP-2353が独り言を呟きながら、自身にとって承認しがたい衣類を隠蔽ないし破壊している一部始終が記録されていました。財団は15/10/10、SCP-2353が店頭ディスプレイを飛び出してモール内に走り出した事案の際に通知を受けました。以下は事案のビデオ転写と、収容成功後の最初のインタビューです。

転写2353-01 ― 資格情報を入力してください


インタビューログ2353-01 ― 資格情報を入力してください


  • 最終更新:2016-06-26 16:14:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード