SCP-231

お前はここへ隠されたメッセージを探しにやってきた、そうだっただろう?それはお前を惹きつけた、そうだろう?誘惑。陰謀。神秘。お前は答えを探し続ける。お前が見ているのは間違った場所だ。
SCP-231 - Special Personnel Requirements (特別職員要件)
© DrClef 2008
7つの印、7つの指輪。淫王のための7人の花嫁
scp-blank.png
O5-██の指令により画像は除去された

Item #: SCP-231-7 (補遺re: SCP-231-1からSCP-231-6を参照)愚者と賢者が分娩台の周りに集まる。彼等は未だ産まれぬ子に脅え、その子の声は天に届くほどであろう。

Object Class: Keter信者は王の到来を待ち森を見張る。その手のランタンには明かりが灯り、王が齎すであろう新たな世界を夜通し待つ。

サイト及び職員要件: O5-██の特命の下、以下の補遺がSCP-231-7のファイルの初めに添付されました。
竜は物陰に息を潜め、その吐息は大地を焦がすだろう。城では英雄が剣を抜き立ち上がる。

全てのSCP-231-7担当職員は2ヶ月間のオンサイト勤務の後に交代し、1ヶ月間の心理学的カウンセリングを受けなければなりません。SCP-231-7は秘匿された場所に収容されます。全てのSCP-231担当職員はサイト-19から目隠しをされ航空機、自動車、地下トンネル、および████████████を含み、それらに限定されない7つ以上の搬送方法で収容場所に搬送されます。搬送行程中に目隠しを外すことは即時の終了の理由となります。
幽閉された姫君は遥か彼方に隠される。しかし空の下の何者も花婿を入り江に留めることはできない。

SCP-231-7担当職員はサイト入場を許可される前に厳しい心理学的検査を受けねばなりません。個々の職員はミルグラム服従度検査で少なくとも72点を得点し、未婚であり、子を持たず、何よりも財団に対し完全な忠誠を示していなければなりません。第II軸障害に対する通常の心理学的スクリーニング検査は、当該Dクラス職員が必要に応じて処置110-モントークを実行する際要求される精神的素養を保持している限り延期されます。
ルカによる福音書23章34節

SCP-231-7の境遇に共感を示す、かつ、あるいはSCP-231-7自体を救出するかそれに共感を示す願望を表した職員は直ちに別のプロジェクトに転属されます。いかなる実際の救出の試みも即時の終了を受けます。SCP-231-7収容チームスタッフとして務めた職員は以上の情報を他者に漏らさないことを求められます。SCP-231-7担当人員の名前は公的記録として記録されず、当該業務が当該人員の個人ファイルに記載されることもありません。
魂無き者と死者が厭らしい笑みを浮かべ周りに集まる。彼女の魂は寛いでいたけれど、最も冷酷な者達が彼女を分娩台に留めるだろう。

オンサイト勤務中、SCP-231-7担当人員は身元を隠すため統合型ボイスチェンジャー付きフルフェイスヘルメットを支給されます。オンサイトの人員は他の人員の前で当該の制服を脱いではなりません。非番の間は個人用宿舎において一人で過ごしてください。

月毎に6名のDクラス職員が処置110-モントーク実行のためSCP-231-7担当となります。暴力的な犯罪者は110-モントーク実行中の不慮の死の原因となる可能性があるためこの目的には用いられません。

取扱方: 度重なる脱走と自殺の試みにつづき、またSCP-231-1から6の封じ込め失敗に基づき、SCP-231-7の封じ込めは以下のように改定されました: SCP-231は防音された留置房に収容され、そこに処置110-モントーク担当の6名のDクラス職員用留置房が隣接しています。いかなる時でもカメラで房を隅々まで監視し、そのために24時間体制で人員が配置されなければなりません。不具合を起こした監視設備は心理学的に選別された人員により直ちに交換されます。扉の鍵は磁気的に施錠されており、制御兼監視施設からの積極的な操作でのみ開放できます。これには主要留置房と6名のDクラス職員の留置房を繋ぐ全ての扉が含まれます。

SCP-231-7は処置110-モントーク実施のため以外いかなる時も常に病院用寝台に拘束されます。積極補水が点滴静脈注射により行われます。給餌は1日2度ヒポクラテスの誓いを行っていない認可された医療職員により栄養管を通じて行われます。いかなる状況においても催眠剤、麻酔剤、その他認可されていない薬物はSCP-231-7に投与されません。
陶工は弟子に彼のため7つの瓶を用意するように言った。彼は品と技を備えた6つを作り、その手は最後の1つを損なった。

処置110-モントークは少なくとも24時間に1度Dクラス職員によって実施されます。処置110-モントークの実施中、少なくとも1名のセキュリティクリアランス4/231人員は処置を随時監視しなければなりませんが、SCP-231-7の声があまりに悲惨であれば音声を切っても構いません。処置後、全てのDクラス職員は自身の留置房に戻らねばならず、さもなければ首輪の爆弾が爆破されます。
愚かな月はもはや吠え哮らず、自ら喪の黒に服した。彼等の夢の中でその顔は獲物を求め彷徨うようで、彼等を連れ戻しにやって来る。

[██-██-████においてO5-██の命令によりデータ削除済。情報は極秘文書231-110-モントークに移転済。231-110-モントークへのアクセスはセキュリティクリアランス4/231を保持する職員のみに制限]

概要: SCP-231-7は█████人女性で年齢は█から██の間の年齢であり、[データ削除済]。王は礼服の内に、花嫁達は寝所の内に。胎内の王子達は眠りの内にその鋭い頭を擡げることを待つ。

SCP-231-1から7は██州██████████でChildren of the Scarlet King (淫王の子供達) と名乗る組織が所有する倉庫を警察が襲撃した際に回収されました (████████████ ██████新聞、██-██-████発行の記事、"警察セックスカルトを襲撃、7人を救出"を参照)。救出から24時間後、SCP-231-1 (本名████████████ ████████████) は陣痛を起こし、3分後SCP-██ (█████████ ██████████) を出産、██████████事案を引き起こし確認されるだけで███名を超える犠牲者が出ました。財団職員はすぐに残りのSCP-231-2から231-7を回収し、カルトから回収したノートに基づき今後の事案を防ぐために処置110-モントークを制定しました。鶏小屋には雌鶏がそして七つの卵は横たわる、狐が闇夜に紛れ忍び寄り卵を持ち去るまで。

補遺231-a: 現在のSCP-231達の状態。
六つは彼等の束縛で割れ、六つはもはや歌わぬであろう。七つ目の寛ぎきる時が来て、全ての鐘が鳴るだろう。

  • SCP-231-1 (██-██-████死亡): 初期の回収作戦中SCP-██を出産中に殺害される。さらなる詳細は事案231-アルファ死傷者報告を参照。
最初の花嫁が子を産んだ時、すべての鳥達が歌った。彼女が王を呼ぶにつれ、泣き叫ぶ声は天を揺るがした。

  • SCP-231-2 (██-██-████死亡): 2番目のSCP-██である胎児を摘出する試みの中殺害され、即時の██████████事案となった。さらなる詳細は事案231-ブラボー死傷者報告を参照。博士のメスによって2番目の花嫁はこの世に別れを告げた。静かな月の下には若い雌鶏、王の赤い旗が翻った。

  • SCP-231-3 (██-██-████死亡): 処置110-モントークの実施に伴う長期の苦悩の後に自己終了した。SCP-██は直ちに████████████事案に発展。さらなる詳細は事案231-チャーリー死傷者報告を参照。彼の花嫁、三番目は聞かれないまま、助けを求める叫びは届かない。彼女はメスで命を絶ち、それを我らが主に捧げた。

  • SCP-231-4 (██-██-████死亡): SCP-500の投与が試みられた。SCP-██の痕跡を体内から全て排出することに成功するが、排出された残骸は直ちに█████████████事案に発展、SCP-231-4自身を含む多数の犠牲者を出す。さらなる詳細は事案231-デルタ死傷者報告を参照。
4番目の花嫁、短剣を用意し彼女の心臓へ突き立てる。 完璧な癒しは王が取っておいたものを純潔にすることなどできなかった。

  • SCP-231-5 (██-██-████死亡): 処置110-モントークに失敗した結果SCP-231-5は1時間後にSCP-██を出産し、██████████事案に発展。さらなる詳細は事案231-エコー死傷者報告とサイト231-アレフ崩壊記録を参照。第二の処置110-モントーク失敗の可能性を最小化するため、Dクラス職員の雇用プロファイルを改定。
5番目の花嫁、狐共に迫られる。部屋を激しい雷が襲い、アポカリプスが始まる。

  • SCP-231-6 (██-██-████死亡): エージェント██████████に補助及び教唆され脱出を試みる最中に殺害された。██████████はSCP-231への長期に渡る曝露で高いストレスレベルを示しており、不法にSCP-[編集済]を取得し当該武器を用いてSCP-231-6とSCP-231-7の救出を試みた。エージェント██████████は発生した銃撃戦で殺害されたが、逸れた弾丸がSCP-231-6の終了に繋がった。SCP-231-6の胎児であるSCP-██は████████████事案に発展。この事態にならい、O5レベル職員は職員方針の改定を満場一致で決定。さらなる詳細は事案231-フォックストロット死傷者報告を参照。
6人目の日、壁は崩れ、海は灰と化す。彼女の出産は王に地面を鞭で打ち、大地を揺らすという仕事をもたらした。

  • SCP-231-7: ██-██-████現在、SCP-231-7は成功裏にサイト██████で収容中。
7人目の花嫁は季節の巡りを打ち壊し、月は二度と輝くことはないだろう。彼女が死をもたらす時はそう遠くない。

補遺231-b: O5-██からの信書
親愛なる諸君

最近、SCP-231に関する噂を耳にしました。スタッフの士気低下を鑑み、私は蔓延している噂の幾つかに対して申し述べることに決めました。

  • はい、処置110-モントークは皆さんもお聞きの通りとても悲惨であり、それゆえにDクラス職員のみが実施することを認可されています。はい、実際に処置には暴力的 [編集済] も含まれています。
  • いいえ、SCP-231への割り当ては財団に対する忠誠心、あなた達の██████████への傾向、その他いかなるものをも試験することを意図したものではありません。
  • いいえ、SCP-231は処罰のための特別任務ではありません。
  • はい、SCP-231の担当は自ら申し出たスタッフを異動させています。いいえ、SCP-231で働く職員全てがプロジェクトを離れる際に終了されるわけではありません。
  • はい、SCP-231に割り当てられた職員はプロジェクトを離れるにあたって自身の申し出があればクラスA記憶処理を受けられます。はい、その後欺瞞記憶が埋め込まれます。いいえ、記憶を取り戻すあるいは欺瞞記憶を検出すると思われている方法は機能しません。はい、諸君のうちいくらかはSCP-231で働きまたそのことを覚えていません。
  • いいえ、SCP-231-7の保護は諦めていませんが、その種の研究は細心の注意を払いなされねばなりません。各々のSCP-██に続く████████████事案の威力の高まりに基づき、SCP-231-7の████████████事案はXKクラスの世界崩壊シナリオに繋がる可能性が非常に高いです。この情報はカルト信者達のノートに裏付けられています (文書"七人の花嫁、七つの封印"、SCP-231-付録B参照)。
  • いいえ、哀れな少女を悲惨な状況から解放するという選択肢はありません。彼女への薬物投与もです。処置110-モントークが機能するためには彼女が何が起こっているか理解している必要があります。

最後の覚書として: 財団の仕事を成すために我々は極めて不愉快なことを数多く行っていますが、犠牲を払って実行する価値は十分あります。SCP-231の収容は最も危険な任務の1つと言えるでしょうが、それは自分自身に危険が及ぶため (SCP-682の様に) ではなく、我々の決意が挫けてしまう、無実の者の苦しみへの共感ゆえに我々の守りを弱めてしまう、あるいは我々が怪物的行いを通じて自身を怪物としてしまうからです。ただあなたの仕事をし、そして道徳心が萎えることを防いでください。

敬具
O5-██
彼らが彼女を助けようとしているなどという言葉を信じるな。何を悩む必要がある?彼らにとってはあるべきものがあるべき場所にあるんだぞ。

補遺231-c: 更新
最近、231-07の処置110-モントークに対する情動反応が薄れているようであり、当該手順の適正な実行にもかかわらず、SCP-██が████████████事案に発展する可能性が高まっている。2つの選択肢が提唱されている。
  1. 処置110-モントークより高い情動反応を与える新しい封じ込め手順の開発。
  2. SCP-231-7にクラスA記憶処理を施し、基準情動反応状態に戻せるようにする。当該記憶処理は記憶の消去後、処置110-モントークの実行の間に高い情動状態を維持するために実施される。
助言を求む。
博士は本当に必要なのがどちらなのか決して教えはしない。その代わり彼は自らの姿を隠し、そして静かに泣くのだ。
████博士

補遺231-d: 決定
箴言第1章32節
次の可能な機会に選択2を実行のこと。
神の声が彼らの言葉で選択を迫る。「恐怖と痛みを彼女に刻むのだ、第三の花嫁のように。」
O5-██

補遺231-e: 余波
エゼキエル書6章14節
選択2を実行。SCP-231-7の情動状態は完全に復旧。████博士は高い情動ストレスにより自殺。処置の有効性の分析を続ける。
神の声が医者の耳元まで迫ったとき、彼の銃が彼の鼓動を止めた。彼女は穢れた哀れな子供、彼は彼女に恐怖を与えた。
██████████博士

補遺231-f: 処置の有効性の継続的分析
ヨハネの黙示録18章21節-24節
いくらかの分析後、私は処置110-モントークの度に記憶処理を施す必要がないと判断した。実際、薬物の再導入をいくらか遅らせると以前より良い。231-7の情動反応の分析から、処置110-モントークの効率は3回目と4回目の実行の間にピークを示すようである: 処置への慣れが効率を低下させる前に、何が行われるのか知っていることの恐怖心が情動反応を高めるようだ。私は処置110-モントーク中にクラスA記憶処理を週に一度実施することを勧告する。スケジュールは対応したものに修正されている。
彼女の記憶は気まぐれなものだ。最も強烈なものは覚えている。彼女が泣くことに躊躇いが起こり始めたなら、彼らの薬は彼女の心を純粋にするだろう。
██████████博士

  • 最終更新:2016-06-29 02:03:33

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード