SCP-2224

SCP-2224 - Teeter-Pult (シーソーパルト)
© trennerdios 2014
2224teeter-pult.jpg
回収直前のSCP-2041

Item #: SCP-2224

Object Class: Safe

取扱方: SCP-2224はサイト-24の外部環境ラボに収容されます。当該オブジェクトへのアクセスには、レベル2以上のセキュリティクリアランスと、ダリッツ博士の承認が必要とされます。

概要: SCP-2224は木材および金属で構築されたシーソーであり、一度に4名まで人を乗せられるように、2枚の板と4つの持ち手が設けてあります。SCP-2224は大部分の国で安全基準上の問題のために製造されなくなった旧式のシーソーに類似しています。対象は、財団が地方政府からの連絡を受けた後、フィンランド南部のとある村から回収されました。

SCP-2224の4つの座席にはそれぞれ、乗員が座る位置の木材に大文字が一つずつ彫り込まれています。文字は“A”、“B”、“Ø”、“D”であり、AとBが片方の板、ØとDはもう片方の板に彫られています。

SCP-2224の効果は、“A”または“Ø”の座席に乗員がおり、板の反対側にも相手が乗っている場合のみ発生します。効果はどの座席を使っているかによって異なります。個々の影響は以下の通りとなります。

"A"シート: "A"シートの異常効果はまず、当該座席および"B"シートの両方に乗員がいる事によって発現します。"A"シートの乗員が地面を離れて"B"シートが地面と接触すると、"A"シート乗員はSCP-2224から約2.2~3m直上に発射されたかのような感覚を体験します。"B"乗員が地面を蹴って離れると、"A"乗員は自身が知覚している高さの空中から落下する際に予想される速度で落ちてゆく感覚を覚えます。この現象には視覚的・聴覚的幻覚が伴います。

"A"シート乗員の体験は、"B"乗員のシートがどれだけ長く地面に留まっていたかに関係なく、常に約2~3秒間の期間だけ持続します。実験において"B"乗員は最大52分間地上に留まり続けましたが、"A"乗員は実験担当スタッフから通知されるまでどれだけの時間が経過したかを認識していませんでした。この効果は"B"乗員が座席を離れると直ちに終了し、これは他の人物が"B"板の端を押さえて地面から浮かないようにしつつ座席を交代した場合も同様です。この効果はまた、"A"乗員が地面に接触する前に(通常はロープを使って)座席から降ろされた場合でも同じく途絶えます。効果を強制終了させられた"A"乗員は異常な感覚や幻覚のことを体験していない、または即座に忘却します。実験ではまだ、この他には"A"座席の注目に値する結果を得られていません。

"Ø"シート: "Ø"シートの異常な効果は、"A"シートと同様の形式で、"Ø"と"D"のシートの両方に乗員がいる時に発現します。"A"シートと違う点として、"Ø"乗員が頂点に達した後、"D"乗員は少なくとも1.2秒は地面に留まらなければいけません。"D"乗員のシートが地面に全く接触しなかった、或いは接触直後に地面を離れた場合は、異常な効果は発生しません。

"A"シートと異なり、"Ø"シートの乗員は、"D"乗員が地上位置に留まった長さに応じて、体験する時間と速度に大幅な差異を生じます。この体験中に実際より長い時間を知覚しているため、"Ø"シート乗員の表情は通常SCP-2224を使用している最中には急速に変化し、多くの場合、顔面筋の断裂を引き起こします。"Ø"乗員はしばしば地上位置に戻る際に意識を喪失しますが、これは"D"乗員が座席を浮かせる前に20秒以上地上に留まっていた場合のみです。

効果は"A"シートの項で概説した手法を用いれば強制終了が可能であり、"Ø"乗員も同じように体験を知覚しない/忘却します。"A"シートとの他の類似点ないし相違点を探るために、"Ø"シートには少なからぬ回数の実験が行われています。これらの結果については以下の表を参照してください。59秒を超過する実験は今後は認められません。

"Ø"シートの実験結果


インタビュー2224-1


声明文2224-1


財団は、問題の“カバレッジ・カンパニー”に関する記録を発見できていない。D-119786の名前の綴りまたは記憶が誤っていた可能性も有り得るが、それを証明するには追加試験が必要となるだろう。 - ダリッツ博士

  • 最終更新:2016-11-05 23:58:41

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード