SCP-2208

SCP-2208 - Deus in Furno (お鍋の神さま)
© TL333s 2015

scp-2208.jpg
実験用コードと蓋付きのSCP-2208。
Item #:SCP-2208

Object Class: Safe

取扱方: SCP-2208はサイト-57のレベル4安全保管ロッカーに収容されます。SCP-2208の利用を希望する職員はサイト管理者の許可を受けなければいけません。SCP-2208-A実例は目録に記録して非危険物用ロッカーに保管します (*1)。SCP-2208の実験を行う際は全身防護服を着用しなければなりません。

概要: SCP-2208は容量2クォートの██████社製ステンレス鍋です。内部はポリテトラフルオロエチレン (*2)と推定される焦げ付き防止ポリマーで被覆されており、持ち手には改造が施されてUSB標準Aレセプタクルが設けられています。このUSB差込口の目的は未だに断定されていません調査が保留中です (*3)。SCP-2208はステンレス製の鍋に想定されるような熱伝導を行わず、実験では2300℃まで加熱してもその表面を温めることができませんでした。

人間がSCP-2208の何処かの部分と皮膚接触すると、その対象者は29%の確率で、最大0.8秒かかる変換プロセスを経て、鍋(SCP-2208-A)と化します。SCP-2208-A実例は、USBレセプタクルの欠如を別とすればSCP-2208の外観と一致します。これ以外の点においてSCP-2208-Aには異常性がありません。SCP-2208との最初の接触で影響を受けなかった人物は、それ以降も安全にSCP-2208を取り扱うことができます (*4)。SCP-2208の影響には予測可能なパターンが断定されていません。

インタビュー2208-01
インタビュー対象: J██████・ヌニェス

インタビュアー: エージェント アルバレス・モンタナ

序: SCP-2208は、SCP-2208-A実例と思われる他の鍋145個と共に、アメリカ合衆国テキサス州ウエストウェイにあるJ██████・ヌニェス女史の家から回収された。女史の家に手入れが入ったのは、近隣で███名以上の人物が失踪した件を連邦捜査局が調査し始めて4ヶ月目のことである。FBI職員3名と財団エージェント1名がSCP-2208-A実例へと変換された後、FBIに潜入していた財団エージェントがSCP-2208の異常性質についての警告を受けた。当該オブジェクトは影響への耐性を示したFBI職員によって回収され、ヌニェス女史は財団によって尋問を受けた。インタビューはスペイン語から翻訳されている。

<記録開始>

エージェント アルバレス: 貴方の家から回収した鍋について教えていただけますか? 人を変身させるあの鍋のことです。

ヌニェス女史: 神様はご自身の形に人間を御造りになったのです。

エージェント アルバレス: よく理解できません。

ヌニェス女史: 神様が間違いを犯すことなどありません。

エージェント アルバレス: 私には、貴方が何を仰りたいのか分からないのです。貴方自身の姿が変化していない点については説明できますか? きっと貴方はあれに触れたことがあるでしょう。一部の者が変換され、一部の者はそうではないのは、何かしら理由があっての事なのですか?

ヌニェス女史: 貴方と私は、私たちは値しなかったのです。私は彼の御目に適う忠実な者たちを何人も何人も齎しましたが、それでも尚、私は見放された存在なのです。[泣き始める] 何故私には価値が無いのですか?

エージェント アルバレス: この件については、後で捜査局にも伝えていただきますよ。[数秒の沈黙] 貴方は例の鍋がどのように、また何故動作するのかについてこれ以上のことは知らない、と見て宜しいのですか?

ヌニェス女史: 神様が間違いを犯すことなどないのです、エージェントさん。神様が姿を変えることがあれば、その形もまた変化するのです。

<記録終了>

最終陳述: ヌニェス女史は標準的な収容期間の後、記憶処理薬を投与してFBIの拘留下に戻された。彼女は当局に協力してSCP-2208-A実例に変化しなかった███名の遺体の場所を明かし、彼らの死に責任があるとして逮捕された。

補遺2208-02: 20██/██/██、SCP-2208のUSBレセプタクルの定期検査の実施中、L███次席研究員は手順に違反し、実験用コンピュータのUSB経由でMP3プレーヤーの充電を同時に行っていました。実験の終了後、L███次席研究員は“un_w721g.mp3”というタイトルの新しいファイルをMP3プレーヤーに発見し、MP3プレーヤーは研究のために管理下に移されました。音声ファイルの転写は以下の通りです。
[ファイルは4秒間のホワイトノイズで開始する。続けて、女性の驚く声]

うわっ! 何? これ何? もしもし? もしかしてアンタたちなの? ねぇちょっと、2ヶ月ぐらい全然仕事がアタシのとこに回って来ないのよ。ここ最近の給料小切手が届かないのはそーゆー事? あれから暫く経ってるのよね。アタシはここで慈善事業をやってんじゃないのよ、出費が嵩んでるの! それと、アンタが送ってきた他の人間たちが皆、気付き始めてるんだけど。あれから暫く経ってるのよね。いい? アンタが新しい素材を持って来て給料を払うか、アンタが新しく従業員側に回るか、2つに1つよ。アタシがここから出る手段を見つけたらの話だけどさ。あれから暫く経ってるのよね。
収容プロトコルは現在検討中です。

  • 最終更新:2016-06-25 12:19:44

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード