SCP-2177

SCP-2177 - Yellow Journal Infection (黄表紙禍公論)
© Petrograd 2014
2177InfectiousJournal.jpg
アルファ事象から██ヶ月後のSCP-2177感染。

Item #: SCP-2177

Object Class: Euclid

取扱方: 図書館の蔵書管理ソフトウェアに組み込まれたSTRIX情報パッケージが、SCP-2177感染に関連したタイトルを検出するために各施設を監視します。大学図書館で██件、個人蔵書で█件、そしてサイト-11の元・非機密蔵書庫などの計17施設で感染が確認されています。

感染した施設には、監督的地位にいるレベル2職員を最低でも2名潜入させます。この時、少なくとも1人は図書館/情報科学方面の訓練を積んだ収容専門員でなければなりません。SCP-2177感染は閲覧制限扱いの蔵書庫や一般公開されない安全なアーカイブに隔離します。アルファ事象を回避するため、新たなSCP-2177-1実例は既存の施設方針に従って配架しなければいけません。これらの施設からSCP-2177感染を除去する試みは許可されません。SCP-2177-1に曝露した民間人は拘留してクラスC記憶処理を施します。

ベータ事象を回避するため、地域監督官は感染施設の操業を維持するために必要な財政的および政治的支援を提供することを許可されています。ベータ事象が避けられない場合は機動部隊アルファ-4(“ポニー・エクスプレス”)が、適切な施設への浸透と感染が発生するまでの間、脆弱な施設への全ての文書配達を傍受してSCP-2177-1実例を確保します。

概要: SCP-2177は相当量(50冊以上)の技術的な機関紙を印刷媒体で保有している図書館をターゲットとするウイルス性の病原体です。SCP-2177は、ある機関紙または書類を施設の蔵書に加えることを依頼する文書の形式を取ります。この依頼文は常に受け取り手の施設にとって正確なフォーマットで書かれており、しばしば既に関連書籍が所蔵されていることを示唆する偽情報を含みます。一旦SCP-2177が蔵書目録に入力された場合、その記録はある技術機関紙の継続的な予約購読を示す内容へと変化します。これによって複製が容易となり、既存の予約購読と一緒に新たなSCP-2177-1実例が到着するようになります。複製率は3ヶ月に1冊から、1ヶ月あたり1冊まで幅があります。

SCP-2177-1はSCP-2177の物理形態を指す呼称であり、常に黄色の厚紙製パッケージに収まる24×30cmの技術機関紙の形を取ります。SCP-2177-1は常にSCP-2177病原体を含みますが、感染末期においては特別仕立ての住所ラベルだけからでも感染が起こり得ます。SCP-2177-1の内容とその研究結果は異常ではありませんが、常にヒトを対象とする大規模な非倫理的実験を扱ったものです(SCP-2177-1のサンプル内容は補遺2177-01で閲覧可能)。

アルファ事象は、感染した機関が意図的にSCP-2177-1の新実例を廃棄する、全てのSCP-2177-1実例を物理的に除去する、または目録からSCP-2177を排除しようとする試みを行うたびに発生します。これらの脅威に対して、SCP-2177感染は以下の形で適応することが示されています。

  • 複製速度の劇的な加速 (1週間あたり1冊)
  • 複製数を増すための細分化 (例:一つのタイトルをシリーズA・B・Cに分割)
  • 他のタイトルと技術分野の下での更なる感染実例の追加

SCP-2177感染が正常に解消された場合、または感染した施設が操業を停止した時にベータ事象が起こります。ベータ事象において、SCP-2177は少なくとも一つの施設が感染するまで、他の脆弱な図書館へと送付されます。感染媒体は図書館へ送られる文書のあらゆる形態を取り、ここには返品や大規模な寄贈といった形式も含まれます。SCP-2177は最初のうち、かつて感染した施設に名前や住所が似た施設を送付対象としますが、これらの基準は送付期間の延長に伴って重視されなくなります。

補遺2177-01:SCP-2177-1のサンプル内容

アーカイブにアクセス


文書2177-1947-01 - レベル3アクセス必須

資格情報を入力してください。


  • 最終更新:2016-06-25 12:07:52

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード