SCP-2122

SCP-2122 - The Black Hole ("ブラックホール")

Item #: SCP-2122

Anomaly Class: Safe

取扱方: SCP-2122を含む建造物は財団に取得され、サイト-48と指定されています。SCP-2122の使用は中止されています。SCP-2122-1の定期メンテナンスを除いて、全職員のSCP-2122へのアクセスは拒絶されます。

概要: SCP-2122はサイト-48の取調室の一つで、以前は[編集済]でした。部屋には複数の異常な電子機器が組み込まれており、まとめてSCP-2122-1と指定されています。
  • SCP-2122-1-AはSCP-2122の天井に付いた蛍光灯取付具の一つです。ほとんどの職員は、例え強要された場合であってもSCP-2122-1-Aを直視することに強い嫌悪感を報告しています。しかしこれはDクラス被験者では再現できませんでした。
  • SCP-2122-1-Bは0.5×0.4メートルのLEDメッセージボードで、SCP-2122の壁に取り付けられています。起動すると、装置は財団の公式記章を表示します。装置を損傷させることなくこの表示を変更する試みは失敗しました。
  • SCP-2122-1-CはSCP-2122の中央のテーブル下に位置する、2.3×1.0×0.7メートルの装置です。目的や操作方法を特定する広範な分析は失敗しました。起動中に80キロワットもの電力を消費するにもかかわらず、このオブジェクトは熱や音を発しません。
  • SCP-2122-1-Dは明らかに独自の製造元による1セットのヘッドホンで、SCP-2122-1-Cに電源ケーブルで繋がっています。SCP-2122-1-Dにはオーディオ入力手段が存在しませんが、起動すると大きく歪んだ小さな音を発生させます。

SCP-2122の主要な異常性質は、部屋内に丁度2名の人物が存在する状態でドアを閉め、SCP-2122-1の電源を入れて稼働状態とした場合に発生します。1名の個人(以後"尋問者"と指定)は十分に強力な組織 (*1)に雇用されており、SCP-2122をその職務中に使用していなければなりません。もう1名の個人(以後"尋問対象")は職務中であってはなりません。

活性化中には物理的な力、放射線、音響などのいかなる手段を用いても、SCP-2122を突破することは内外の双方から完全に不可能となります。この作用は尋問者がドアを開けることを選択するまで継続します。尋問者は、SCP-2122-1が稼働中かつ尋問対象が生存している限り、SCP-2122の範囲内での現実改変が可能となります。SCP-2122の内部を拡大することが不可能であることを除いては、尋問者は自身の知識 (*2)と想像力の及ぶ範囲で改変能力を行使できます。

SCP-2122内での行為に関して何らかの説明責任が生じている場合、尋問者の現実改変能力は制限されます。これには、当の行為が公的評価や世論の非難の対象となっている場合、行為の結果について他の何らかの責任が生じる場合が含まれます。また、何らかの記録装置が起動中である場合にも、この能力は妨げられます。目標達成のために特免が与えられている場合は、それが特定の行為を規定したものである限り尋問者の能力に影響します。

前述のいずれかの条件により活性化が終了すると、内部のあらゆる物質(尋問者と尋問対象を含む)は活性化前の状態に戻ります(尋問者または尋問対象が死亡した場合を除く)。しかし、発生した事象に関する記憶または文書は残存します。

―アクセス承認。文書を取得します。

実験記録2122-A(要約)

事件2122-7

添付書類2122-R3

補遺2122-A

添付書類2122-S9


  • 最終更新:2016-06-23 22:27:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード