SCP-200

SCP-200 - Chrysalis (蛹)
© underthered 2009

Item #: SCP-200

Object Class: Euclid

取扱方: SCP-200は、1.68×2mのベッドフレームを収容するために十分な大きさの部屋で、温暖かつ安全に保ってください。SCP-200に刺激を極力与えずに観察できるよう、部屋には大きなのぞき窓を取り付けてください。実際に、直接の実験を行わないときは、SCP-200は静置するべきです。標本を採取する際は、SCP-200の脆い外殻を傷つけないように、特に注意すべきです。

一日に一度、自動噴霧器で精製した霧を吹きつけてください。もしSCP-200が乾燥して見えたら、追加の噴霧を行ってもいいですが、過度に湿らせないでください。

SCP-200の性質は不確定であるため、収容区画へ続く扉は常に施錠し、警戒のために、直接の接触はクリアランスレベル2の職員に制限してください。

概要: SCP-200は全長172cmの蛹の内部に収まっており、蛹は標準的なクイーンサイズベッドのフレームとマットレスに付着しています。蛹は茶色のまだらで、分析の結果、荒い質感に編まれた複数の絹の層でできていると分かりました。絹の層は[削除済]によって接着されているように見えます。

SCP-200自身は、最後に観察された時点では13歳の白人男性の姿で、体長152cm、体重168.73kgでした。██/██/20██に蛹となりましたが、研究者はどうやって子供が絹を分泌し、蛹を構築したのか説明できませんでした。超音波検査では、蛹の中でいかなる固体も検出できませんでした。しかし、内部から抜き取られた液体サンプルが、問題の子供のDNAと一致することが明らかとなりました。子供は[削除済]を持っていると思われます。蛹を固定するために使われている[削除済]のDNAもまた、SCP-200のものと一致しました。

SCP-200は、大半の時間休眠状態で横たわっていますが、時折、特に突然の接触や大きな騒音にあったときに痙攣します。しかし、それは現在脅威ではありません。

注: SCP-200は、██/██/20██、アメリカ合衆国の█████, ██で、蛹になってから約28時間後に回収されました。医療報告書によると、SCP-200は12歳までは通常のヒトの同一パターンの成長をしていました。この時点で、子供は貪欲な食欲を見せ、翌年の間に急激に体重を増加させました。地方の小児科医である█████████医師は、急激な代謝変化の原因を特定できませんでした。

彼の体重増加を心配した母親は、彼の食事を制限しました。SCP-200は周囲の森へ逃げました。当局が72時間後に発見したとき、彼は[削除済]を食べ体重を2倍に増やしていました。家に帰ると、SCP-200は蛹になりました。

母親、█████████医師、地方当局にクラスA記憶処理が施されました。地域コミュニティが少年の消息と安否について懸念することを防ぐため、彼らは[削除済]と信じるように誘導されました。

追記200-01: 最新の実験によると、SCP-200のDNAは大きな変異を起こしています。超音波検査では依然として固体を発見できませんが、█████博士は子供が[削除済]に成長するだろうと仮定しています。この仮説は審議中で、さらなる実験と観察を必要とします。

これらの変化を考慮し、SCP-200をEuclidに再分類する要請は承認されました。SCP-200の羽化を観察するため、24時間体制での監視が実施されています。

  • 最終更新:2016-06-24 23:17:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード