SCP-1986

SCP-1986 - Imaginary Library (架空図書館)
SCP-1986.jpg
SCP-1986のトンネルの口。最初の100mは照明が導入されています。

Item #: SCP-1986

Object Class: Safe

取扱方:SCP-1986は移動できず、一般人が多く行き来する場所に建てられているため、警備員はその存在を意識しつつも国民への発露を防ぐために、密かに保持し続けなければなりません。採用された警備員には、図書館職員の装いをさせてください。

概要:SCP-1986は円筒状のトンネルで、2mまでの幅の本がずらりと並んでいます。トンネルの全容は不明ですが、干渉合成開口レーダー(ifSAR)ではほぼ1光秒、最小でも274,700kmの深さを確立しています(遠征では少なくとも4,441kmの深さを確認しています)。トンネルは無限の深さであるという推測が進められています。 (*1)

トンネルの内側を覆う本は、しばしば様式や文字、プロットや主題が大幅に変更されていますが、既知の作品に似ています。まったく知られていない著者の本がしばしば見つかりますが、時折実在の人物の本が混じっています。少なくとも見た目ではわかりやすいですが、作品は珍しいものから完全にばかげてる物にまで渡ります(回収作業を参照してください)。現存している全ての言語、ならびに消失した言語で書かれている本が見受けられます。どの本も、奥付の記載はありませんでした。年代測定法では、それぞれの本は意味論や言語の考慮に基づき、それらの言語が使われていた時代に由来することが確定しました。本が何に準拠して整理されているのか、識別されていません。 (*2)

トンネルの壁は、普通の石灰岩で構成されています。トンネルを破る試みによって、トンネルは非ユークリッドである、すなわち床を掘削すると天井から出てくることを示しました(位相的 (*3)に、それは3次元トーラスに例えることができます)。トンネルの入り口から進入しない限り、トンネルは存在しません。斜めから掘削しトンネルへ到達しようとする試みは、無駄であることが照明されています。

探索ログ:
SCP-1986は1989年、ブエノスアイレスにあるアルゼンチン国立図書館の未使用の地下にて、ライブラリアンによって発見されました。財団職員は、その存在に気づいた人々にBクラス記憶喪失薬を投与し、緊急の構造修復工事を装い地下に非常線を構築しました。

回収作業:
以下は、SCP-1986から回収されたサンプルのいくつかです。他に注目すべきサンプルが明るみに出た場合、評価と本の包含する可能性の為、公文書係にご連絡ください。

題名:イヴの福音
著者:無記名
言語:紀元前1100年から西暦200年の間のアラム語
回収深度:75m
概要:エデンの園から追放後のイヴの人生についてを記述した聖書の外典の断片。イヴは自由意志と原罪の本質について自身と激しい議論を交わしている。
題名:無形異端
著者:カリーナ・ジュスティ
言語:現代イタリア語
回収深度:2,318m
概要:イタロ・カルヴィーノのスタイルを彷彿とさせるが、マジックリアリズムで表現された散文詩の本。序文ではノーベル意固地賞[訳注:原文the Novel Prize for Obstinance]をこの作品で受賞した、と記載されている。
題名:The Worm of Midnight
著者:エドガー・アラン・ポー
言語:現代英語
回収深度:433m
概要:これまでに未発見の短編小説集。研究者は、創作物であるロバート・ブロック著『ポー蒐集家』内で言及されている(しかし、詳しくは述べられていない)と、認めている。すべての話は、貝に関係している。
題名:Je suis Moi-Même la Question de mon Livre(邦題:私は自身が本である)
著者:Pierre de Langitair
言語:中世フランス語
回収深度:171,888m
概要:モンテーニュの『エセー』(訳:試み)[訳注:モンテーニュ著の『随想録』は原題が『Les Essais:エセー』で、『Essai』は試み、企てという意味がある]に似た様式:多くの小随筆は、古典(特にプルタルコス)や、自伝的なものや逸話的なものを同様に学んでいたことを想起させる。受動態や未来完了進行形を多用している。(例えば"私が望む愛の果実を食べ続けるならば、歌は天使によって歌われ続けるだろう")[訳注:上手く訳せなかったので理解してる人は翻訳お願いします]
題名:合法的中絶の必要性
著者:匿名
言語:現代英語
回収深度:28,111m
概要:違法な中絶の道徳的、医療、社会的コストへの激論。妊娠後期における中絶は許可されるべきとして主張している。
題名:Is Itself an Exponent of the Deadpan Non-Sequitur(それ自身がまじめくさった非論理的な解説者)[訳注:他に上手い訳があったらお願いします]
著者:クローディン・ネミジャンスキー
言語:現代ASL(現在使われているアメリカ手話)(注:木のマネキンを使ったイラスト例が記載されている)
回収深度:1,001m
概要:バナッハ=タルスキーのパラドックスの証明に依存し、ツェルメロの選択公理から独立した命題を例と反例で記している。例は正順で読む事ができ、反例は後ろから読む。反例は例より2から1多い。
題名:Choix des Poésies Originales des Troubadours(訳:吟遊詩集)
著者:ランボー
言語:現代フランス語
回収深度:40,002m
概要:ランボーの様式で綴られた詩集。"u"の文字を一切用いずに書かれている。
題名:ジェーン海軍年鑑 2061年版
著者:多数
言語:時代遅れの英語
回収深度:889,484m
概要:近代海軍の将来性や、艦船、戦闘機、兵装など現在就航中のものから建設中のものまでその機能の変化を解説。艦船や兵装の多くは、完全に未知のものである。リメリック(五行詩)形式で書かれている。
題名:イナゴ身重く横たわる
著者:ホーソーン・アベンゼン
言語:現代英語
回収深度:77m
概要:第二次大戦に米国が(我々の歴史と同じ方法で)勝利した平行世界を書いた小説で、ナチスが勝利した平行世界の住民である筆者の視点で書かれている。20世紀に刊行した小説を検索すると、フィリップ・K・ディック著『高い城の男』内の作中作であることが明らかになった。
題名:エプロンいっぱいの切られた舌
著者:リサ・パラディーノ博士
言語:1850年頃の古風な点字
回収深度:44m
概要:アメリカの婦人参政権論者の活動に関するエッセイ集。一般的にscratch-and-sniff[訳注:擦ると匂いがするやつ]と呼ばれる香料印刷ではなく、今まで知られていない未知の方法で嗅覚や触覚を刺激する。
題名:我、ルシファー也
著者:アントワーヌ・ピアース
言語:現代英語
回収深度:51,200m
概要:レズビアンとその子供たちの輪の性生活を中心に書かれた"低俗な"小説。[訳注:パルプ雑誌?]
題名:成人発症性乳幼児突然死症候群の治療・診断について 第16版
著者:Pallas Benchko博士
言語:950年頃の古いアイスランド語
回収深度:3,303m
概要:注・実際の調査対象は、余剰幻肢症候群の兆候を示している。無韻詩(弱強五歩格無韻詩)で構成されている。
題名:保護児童への魅力
著者:無し
言語:紀元前1950年から紀元前1300年、第八王朝期のエジプト語
回収深度:2m
概要:宗教の発展と古代エジプトの思想。ほとんどが翻訳出来ておらず、ほぼ推測のままである。より良い人生の事を、フォードモーター社に例えた寓話が登場する。
題名:聖人伝と味覚顔面反射
著者:デクラン・マクマナス
言語:現代バスク語
回収深度:1,119m
概要:アラスカの消防士チームが彼らの消防署に雪で閉じ込められた窮状を舞台にしたオペラの台本。飢餓によりダルメシアンを食べる事を余儀なくされる。台詞は修辞的な質問で構成されている。
題名:洪水の前、堕落の後(もしくは大洪水以前、堕罪後)
著者:無し
言語:紀元前1725年から紀元前1490年頃の古代フェニキア語
回収深度:4,441,113m(注:現在回収されているものの中で最も深い位置から回収)
概要:神話のミノタウロスとスフィンクス間のなぞかけ。回答は、質問文のアナグラムで構成されている。

回収された物品の(おおよその)カテゴリ別追加リスト:

文化

フィクション

歴史

言語学

文芸批評

数学

哲学


(このアーティファクトを発見した司書が自発的に記憶喪失薬を投与される前に、アルゼンチンの作家ホルヘ・ルイス・ボルヘスが作品に『バベルの図書館』と名づけたことを説明しました。ボルヘスが同じ図書館で働いていたことは注目に値します。彼は1986年に没したため、インタビューはできません。以下はその話からの抜粋です:)
…これらの例示のおかげで、ある天才的な司書が図書館の基本的な法則を発見した。この思想家のいうには、いかに多種多様であっても、すべての本は行間、ピリオド、コンマ、アルファベットの二十五字という、おなじ要素からなっていた。また彼は、すべての旅行者が確認するに至ったある事実を指摘した。広大な図書館に、おなじ本は二冊ない。彼はこの反論の余地のない前提から、図書館は全体的なもので、その書棚は二十数個の記号のあらゆる可能な組み合わせ―その数はきわめて厖大であるが無限ではない―を、換言すれば、あらゆる言語で表現可能なもののいっさいをふくんでいると推論した。いっさいとは、未来の詳細な歴史、熾天使らの自伝、図書館の信頼すべきカタログ、何千何万もの虚偽のカタログ、これらのカタログの虚偽性の証明、真実のカタログの虚偽性の証明、バシリデスのグノーシス派の福音書、この福音書の注解、この福音書の注解の注解、あなたの死の真実の記述、それぞれの本のあらゆる言語への翻訳、それぞれの本のあらゆる本のなかへの挿入、などである…"
引用者註:上記文章は「バベルの図書館」(岩波文庫版『伝奇集』(J.L.ボルヘス作、鼓直訳)収録)より引用

  • 最終更新:2016-06-19 16:27:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード