SCP-1948

SCP-1948 - Weather Bird (お天気鳥)
© Dmatix 2012
SCP-1948-Blackbird-01.jpg
SCP-1948

Item #: SCP-1948

Object Class: Safe

取扱方: SCP-1948は標準サイズの鳥籠に入れ、最小限のセキュリティを施した動物収容施設に収容します。異常性の無い同種の鳥以上の特別な措置や保安を必要とはしていません。標本の性質上、鳥籠は天候に関連する損傷の兆候を定期的にチェックする必要があります。健康状態を維持するため、標本は常駐の鳥類学者エリン博士と気象学者アンダーソン博士の監督の下で、毎日1時間、籠の外に出るのが認められています。籠から放つのはエリン博士が指定した屋内研究エリアの範囲内に限定されます。

概要: SCP-1948はTurdus merula、通称クロウタドリの雄の成鳥です。その異常性質は、意志の力で約75kmの範囲内の気温や風の流れを変化させる能力を有するという点にあります。この能力の影響は中心部、すなわち標本自身の近くで最も強くなります。SCP-1948の気象制御能力はかなり大人しいものであり、大規模な熱波や突然の嵐といった極端な状況を作り出すことはできません。標本は摂氏約27度の穏やかな暖かい気候を好んでいるようであり、通常はこの好みに合わせて天気を変えます。

SCP-1948は██████にある、観光産業と、領域全体で目立って晴天が多いことで知られる███████ █████の町から回収されました。SCP-1948の重要性に関する地元の言い伝えが原因で、回収には問題が伴い、地元住民の武力抵抗に直面しました。

回収ログを表示


補遺SCP-1948-1: 飼育下でのSCP-1948の気象操作の更なる観察により、一定のパターンが見つかりました。およそ5年ごと、”エル・ニーニョ”として知られる準周期気候パターンが太平洋で発生している時、SCP-1948にとって好ましい温度は、3ヶ月間、通常の27度から5度低下します。これは███████ █████の住民たちによる人身御供の儀式が行われていた期間と一致しますが、パターンは地元住民が実践していた犠牲無しでも定期的に発生するものであり、犠牲を捧げても天候の変化には影響を及ぼさないようです。

補遺SCP-1948-2: SCP-1948が町の創立時から存在したという住民たちの主張は、単純に現在のSCP-1948の祖先の事だったのではないかという可能性を確認するため、SCP-1948と異常性の無い同種を交配させる要求が提出されました。承認は保留中です。

  • 最終更新:2016-06-19 16:19:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード