SCP-1947

space-ball.jpg
SCP-1947の発見直後に撮影
SCP-1947 - Emission Sphere (放射球体)
© Zekky 2012

Item #: SCP-1947

Object Class: Euclid

取扱方:
SCP-1947は最低2cmの鉛で保護する部屋に収容します。SCP-1947は現在サイト16のルーム214-Bで保持しています。SCP-1947はO5レベルの許可を得ずにルーム214-Bから持ち出せません。

SCP-1947はいかなる場合でも1立方メートルの電磁波遮蔽用銅製メッシュ内に留めます。メッシュの中にラジオとマイクロ波レシーバーが置かれ、毎月1回整合性があるかチェックされます。SCP-1947の放射の変化は必ず記録しアルバーツ博士に報告しなければなりません。SCP-1947の更なる実験は固く禁じられています。

概要:
SCP-1947は約46cmの直径の球体であり、2つの突出部が両側で球体から突き出ています。SCP-1947の露出面は主に鉄ニッケル合金から成り、微量のインジウムが含まれています。

SCP-1947は、█████(ほぼ██-██-████の上のザンビア)の近くで見つかりました。オブジェクトは███████████████(地元の農民)により、小さなクレーターでまず初めに発見されました。SCP-1947はエージェント・モーンによって財団の注意を呼びかけられ、低レベル工作員がザンビアに配置されました。

潜在的異常オブジェクト用標準試験により、SCP-1947が定期的に1415または1425MHzの周波数でマイクロ波を放射するのを確認しました。2つの周波数で交互に放射する方法で、一連の画像のいずれかをエンコードしているのだと分かりました。詳細はテクニカルレポート1947-Aを参照してください。

████年██月██日現在、SCP-1947はマイクロ波の放射を停止し、約6GHzの様々な周波数の強力な電波を放射しています。現在の放射は宇宙の[編集済み]エリアのほぼ銀河の中心に向けられています。SCP-1947によるすべての伝送は不正受信を防止するため妨害すべきです。SCP-1947の現状は文章1947-B(適切なクリアランスをもつ人員のみ閲覧可)で対処されます。

テクニカルレポート1947-A


以下機密情報。アクセスは上記情報の把握を原則とし、すべてのレベル4担当者が利用可能です。

文章1947-B


  • 最終更新:2016-06-19 16:19:08

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード