SCP-1928

SCP-1928 - The Family Banjo (一家のバンジョー)
© Skara Brae 2013
SCP-1928_banjolele.jpg
SCP-1928の写真。SCP-1890から複製したものである。

Item #: SCP-1928

Object Class: Safe

取扱方: 異常特性の偶発的な発現と損傷を防ぐため、SCP-1928は緩衝材を詰めた気密ケース内に収容してください。

このアーティファクトは研究セクター-09において、ボニフェイ一家に関する収集物の1つとして保管されます。SCP-1890SCP-1896とのクロステストは、事件タイムズ・ユニオン(補遺2を参照)のさらなる調査が行われるまで中断されます。

概要: SCP-1928はバンジョーユーク (banjo uke) または"バンジョレレ" (banjolele) と称される楽器で、現存しない製造元により1920年代に大量生産されたモデルと同一です。

片手だけで弦を弾くかかき鳴らした際には、SCP-1928は異常性のない楽器と同等の音を発します。しかし、ヒト被験者が楽器のいずれかの部分に両手を触れると、被験者は演奏を強制されます。手に障害や欠損のある場合を除き、SCP-1928に影響された被験者は一貫して、様々なストラミングやフィンガーピッキングなどの演奏技法のスタイルに関して優れた技量と演奏速度を示します。

この強制的な演奏において可聴音は生成されません。被験者自身による観察と音声の録音では、被験者の息遣いと衣擦れの音のみが報告されました。

被験者はこの動きは不随意的なものであると述べますが、影響下にある被験者の表情と身振りからは、強く集中して物思いに耽っていることが示唆されます。SCP-1928の影響下にある被験者は視聴覚刺激に反応せず、他の個人がSCP-1928と物理的に接触した場合のみ完全な意識を取り戻します。

SCP-1890内から、特徴的な引っ掻き傷とヘッド部分の裏側に刻まれた「BON」の文字からSCP-1928と識別された6枚の写真が発見されています。この楽器は様々な人種と年齢の個人に保持されているか、価値のある他の所有物と共に陳列された状態で撮影されています。

補遺1:
██年10月12日、ヒト被験者を用いたSCP-1928の最初の実験が行われた時からちょうど7日後に第二の作用が観察されました。

研究ノートの抜粋


補遺2:
SCP-1928の第二の効果が観察されてからしばらくして、「ボニフェイ一家」に関するアーティファクトであるSCP-1928、SCP-1890SCP-1896のクロステストが承認されました。これは、これらの物品から推測される歴史的関連性と異常特性に関してより多くの知見を得るために行われたものです。これらの実験の結果として、事件タイムズ・ユニオンにおいて述べられる文章と写真の改変が発生しました。

実験記録の抜粋

事件タイムズ・ユニオン


  • 最終更新:2016-06-19 16:17:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード