SCP-1910

SCP-1910 - Plant-Repairing Hookah (植物修復水煙管)

Item #: SCP-1910

Object Class:Safe

取扱方:SCP-1910は、バイオサイト-1910の密閉式安全装置に収容しなければなりません。異常な特性は生きている動物の組織と接触してのみ活性化するため、サンプル収集中は保護のためにレベルA有害物質スーツを着用しなければなりません。SCP-1910は植物や植物のSCPと接触してはいけません。制御されたテストを除いて、活性化を防ぐために常に中身は空にし、消灯していなければなりません。

概要:SCP-1910は一本の水タバコで、くすぶっている石炭やMu'assel(タバコペースト)やハシシ(マリファナ樹脂)で正常に点灯して、その位置を中心におよそ半径200メートルの範囲に密な白い霧を生成します。生きた植物がこの半径内で損傷すると霧は活性状態になり、周囲の脊椎動物から柔らかい組織や体液を昇華させて吸収し、霧は深い赤色に染まります。 その後、霧は溶解された動物の組織を用い、その半径内の損傷した植物を修復し、破壊された組織および器官を健康な「パッチ」に置き換えます。

SCP-1910によって置き換えられた「パッチ」は、生きた動物細胞から構成され、遺伝的、さらには構成的にも最近に昇華された動物細胞と一致し、基本的な植物の構造と非常に類似した組織に再構成されます。 例えば、テスト1910-33aでは、SCP-1910はタバコ植物の茎や葉の損傷により活性化し、豚の前肢を吸収して異常特性を発生させました。葉の実質を、改変された皮膚および脂肪細胞、筋肉細胞を有する気孔保護細胞、皮脂腺由来の蝋、静脈と動脈を有する木部または師部、毛細血管を有する葉脈に置き換えました。 (*1)このパッチは肉質をもち光合成は不可能だが、損傷組織の全ての構造および栄養素運搬機能を十分に複製します。 興味深いことに、吸収された動物組織の質量は、パッチを構築するのに使用されたものよりはるかに大きいものとなりました。

発見経緯:SCP-1910は、オレゴン州の█████████で起きた事件による軽度のメディアパニックの後、1964年にSCPオブジェクトに指定されました。目撃者は、数人の環境抗議隊が町外の伐採現場で大きな木に自分自身を繋ぎ合わせ、水タバコを吸い始めたと述べています。その後、伐採者が抗議者を無視して他の樹木を切り落とした際に、SCP-1910の異常な特性が活性化しました。

これにより5人の伐採者が数分で白骨化しました。 目撃者は、伐採者の組織が損傷した樹木に組み込まれたと報告しました。生存者はすぐにSCP-1910を森林内に放棄し、逃げました。 被害者は重度の脱水症状により地元の病院に入院し、5つの実例では身体の一部の皮膚や筋肉組織が失われました。 この後財団の専門家は、被験者の骨髄を含むすべての軟組織の除去を確認し、パッチ内の毛髪の化学種分析により、樹木内に組み込まれた肉はヒト起源であることを結論づけました。

財団は地元の報道機関から警告を受け、すぐに事実隠蔽を開始しました。 伐採者の死亡は、近くの山々の洞窟からのガス漏れ、または抗議者の薬物使用による大量脱水として説明されました。そしてSCP-1910がSCPオブジェクトに指定され、収容されました。 影響を受けた植物については、新たに指定されたバイオサイト-1910にて隔離されました。

  • 最終更新:2016-11-23 22:09:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード