SCP-1880

SCP-1880 - Gem of Aspects(多貌の宝玉)
© Dmatix 2012
gordionsmall.jpg
SCP-1880

Item #: SCP-1880

Object Class: Safe

取扱方:
SCP-1880は、サイト17内の高価値物品保管区画の標準収容施設に保管されることになっています。アイテムとの接触の際には、プロジェクトKesher責任者Shaw博士の承認を受けてください。

概要:
SCP-1880は、「ゴルディアスの結び目を断ち切るアレクサンダー」が彫刻され、金の台座にはめ込まれた半貴石です。このモチーフは当時としては一般的なものであり、ごくありふれたものです。本アイテムは当初、専門家によって紀元前4世紀ごろの古代ギリシア時代に製作されたものであると推定されていましたが、その後の調査により、紀元1世紀ごろにローマで製作されたより新しいものであることが示唆されました。

SCP-1880は、それを20歳以上の成人が把持しない限り、異常な特性を示すことはありません。条件を満たす対象によって把持された場合、未知の存在(以下、SCP-1880-1)と対象の間に精神的なリンクが形成されます。この際SCP-1880は双方向通信機として機能し、対象がSCP-1880-1に話しかけたりSCP-1880-1の発話を聞いたりできるようにするとともに、SCP-1880-1が対象に何らかの影響を与えることを可能にします。対話の間、SCP-1880-1の音声はSCP-1880から最大2mまでの範囲で聞くことができ、また録音も可能です。音声からSCP-1880の性別を特定する試みは成功していません。

SCP-1880-1とコミュニケーションをとる試みは、さまざまな結果をもたらしました。SCP-1880-1から対象への発話の完全な拒絶(14回)、短時間の会話(10回)、長時間にわたる議論(5回)、対象の精神に対するSCP-1880-1からの積極的かつ一方的な情報の挿入(3回)、などです。またSCP-1880の使用を試みる対象には、若干の肉体的または精神的な沈静化作用が生じます。これは対話の成立の如何によりません。SCP-1880を使用する対象と使用結果の間には関連性がみられず、同一の対象が使用した場合にも異なる結果が生じる場合があります。SCP-1880-1との会話は常にSCP-1880-1の側から打ち切られ、それより以前に会話を終了する試みは失敗しています。

SCP-1880は、機動部隊シグマ-5(ブロンズ頭(Bronzeheads))の指揮官████ ██████が█████州の████に休暇で訪れている際に、灰色のスーツと中折れ帽を着用した中年の白人男性によって彼のもとに届けられました。その男性は██████が03:00ごろホテルの部屋に戻った際、室内で彼を待ち構えていました。██████に身元を尋ねられると、その男性は"誰でもない(Nobody)"と返答しました。██████指揮官は彼を拘束して尋問すべく試みましたが、反撃され昏倒しました。██████が翌朝目を覚ましたとき、ナイトテーブルの上に「結び目が存在するのにも理由があります」と書かれたメモとともに、SCP-1880が置かれていました。██████がSCP-1880に触れ、SCP-1880-1との最初の接触がなされました。██████は直ちにSCP-1880を財団の管理下におきました。

SCP-1880-1の性質について、いくつかの仮説が存在します。その行動における一貫性の欠如から、SCP-1880-1にはいくつかの”側面”からなり、それぞれが異なる反応をとるのだという説、SCP-1880-1は単一の存在ではなく複数の無関係な存在の集合であるとする説などがあります。

補遺1880-A:以下は、SCP-1880-1との対話からの抜粋記録です。

記録 SCP-1880-1-5

記録 SCP-1880-1-13

記録 SCP-1880-1-19

記録 SCP-1880-1-71


補遺1880-B:最新のSCP-1880-1対話記録実験において、対象はSCP-1880の使用者を完全に操るという未確認の能力を行使し、さらに予測されていなかったいくつかの機能を示しました(事件記録SCP-1880-Cを参照のこと)。これらの結果から、SCP-1880を用いたあらゆる実験はO5司令部によって中断されました。

事件記録SCP-1880-C


  • 最終更新:2016-06-19 15:55:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード