SCP-1842

SCP-1842 microwave.jpg
SCP-1842
SCP-1842 - Dr. Wondertainment's Magic Microwave Set! (ワンダーテインメント博士の魔法の電子レンジセット!)
© weizhong 2014

Item #: SCP-1842

Object Class: Safe

取扱方:SCP-1842-1とSCP-1842-2は、サイト-118ガンマ棟の別々の保管ロッカーに保管します。SCP-1842を使用した実験を行いたい職員は対象の実験へ現在配置されている研究者か、サイト-118ガンマ棟のディレクターへ実験申請書を提出してください。

概要:
SCP-1842は2つで1セットの玩具であるSCP-1842-1とSCP-1842-2を指す総称です。

SCP-1842-1は、ピンク、紫、黄色で塗装された木製の玩具の電子レンジです。電気部品は含まれていません。ダイヤルとノブは機能せず、SCP-1842-2を内部に入れて使用しない限り、明らかに異常性がない木製の電子レンジです。

SCP-1842-2は粘土に似た物質であり、現在は20のプラスチック瓶に保管され、それぞれで色が異なっています。これを食品の形状に変え、SCP-1842-1の内部に配置した時、SCP-1842の異常な影響が発生します。ダイヤルを回すと、SCP-1842-1の構成部品の内部が機能する通常の電子レンジと同様に発光を始めます。ダイヤルを回した位置は結果に差異を与えません。

およそ30秒後、SCP-1842-1はベル音を鳴らします。これに続いてSCP-1842-1のドアが開き、内部に配置したSCP-1842-2の実例が先に形作った食品そのものの形状、香り、食感、味を持って現れます。調理後のSCP-1842-2をSCP-1842-3と呼称します。

毒物学試験によるとSCP-1842-2は摂食からおよそ3分後に中毒症状を呈し、嘔吐、激しい吐き気、頭痛やその他の症状を引き起こす有害物質です。被験者がこれを吐き出すか、または消化器系を通して排出するかした場合、全ての中毒症状は収まります。

一旦SCP-1842-2をSCP-1842-3に変換すると有毒性は失われます。しかしながら、栄養価は一切存在しません。

実験によるとSCP-1842-2から発現する食品はSCP-1842-1の使用者がそれを何と捉えているかに依存することが判明しました。SCP-1842-1はイメージする食物を最大限正確に表現した食品を生産しようとし、その土台としてSCP-1842-2を使用します。詳細な情報は実験ログSCP-1842-Aを参照してください。

SCP-1842-1が再現し得る食品の量は現時点で不明です。これは通常の電子レンジの作用に縛られることがなく、本来電子レンジでは作れないもの、例えば冷たいデザートや、または手の込んだ食品なども生産が可能です。

補遺SCP-1842-A


実験ログSCP-1842-A


  • 最終更新:2016-06-19 15:52:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード