SCP-183

SCP-183.png
顕微鏡によって得られたSCP-183のワイヤーの画像
SCP-183 - "Weaver" (織り手)
© HK-016 2008

Item #: SCP-183

Object Class: Euclid

取扱方:
SCP-183の格納庫は、防音版と分厚い鋼板を重ねたものを使う必要があります。SCP-183は与えられた空間を活用し、大きさを問わないため、格納庫の大きさは重要ではありません。職員は格納庫内に入ること(それは無意味で極めて危険であるからです)と、現在解明されていないSCP-183の歌(後述)が持つ心理的な能力によるものであろう要求に従うことを固く禁じられています。格納庫は小さく、素早く開け、必要時以外はなるべく密閉してください。

SCP-183は逃走の意思を見せていませんが、事態が起こった場合、問題が解決するまで全ての研究者を即座に立ち入り禁止にしてください。SCP-183の歌は楽しく、無意識下での影響が確認されない限り、研究者は好きな時に格納庫内のマイクの電源を入れることが許されています。

概要:
SCP-183は全ての意思と目的が目に見えないため、生物学的に未知の存在です。SCP-183の存在は、有機体が合成する単繊維ワイヤーを形作ることで主に存在を実証されます。これらの繊維は極めて細く丈夫で、ティッシュペーパー、骨、ボディアーマーですらわずかな力で切断することができます。視認の困難さと相まって、格納庫の中の人間にとってSCP-183の性質は深刻な脅威です。格納庫に置かれた有機物が一日にほぼ4kg消えることから、SCP-183が雑食性であると思われます。

SCP-183によって合成されたワイヤーは、人々の経験からすると珍しいものです。実験では、ワイヤーはカーボンナノチューブのようであると観測されています。ワイヤーは頻繁に、ほとんど即座に現れ、壁、天井、床に不規則に入り組んで、非常にもつれた状態で一続きに張られます。蜘蛛の巣に似ていて、食べ物を捕える罠となります。

室内の小動物達は自らの運動により殺害されるまで放置されます。もしこれらがワイヤーにより致死的ではない傷を負ったら、SCP-183は切断されたいかなる体の部位でも消費しますが、しかし動物が死ぬまで自らそれを攻撃したりはしません。個々の繊維は数時間後に消失します;よく説明できる我々の理論は、これらは最終的に粘着の特性を失い、床に落ちてSCP-183に消費され、そして再利用されるというものです。

興味深いことに、SCP-183はワイヤーを引き抜く際、通常の五線譜で再生できる驚くほど複雑な旋律の音階を明確に奏でます。音色の数が限定されているのは、ワイヤーが不連続の長さと張力で作られているからであり、あるいはこれがSCP-183が高度な知能を有していることを示しているのではないかと示唆されています。これは獲物を誘うためにデザインされたものでしょう(同じ旋律を奏でたという観測結果はなく、これはコミュニケーションを意図したものではないと示唆されています)。

現在、SCP-183の実験は有機体の単繊維ワイヤーの逆行分析と、判明していないメカニズムを解明するために行われます。

  • 最終更新:2016-06-24 22:53:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード