SCP-1822

SCP-1822 - The Colonization Guide (宇宙開拓のすゝめ)
© Von Pincier 2013 (翻訳:Brun_Reid 2015)

Item #: SCP-1822

Object Class: Safe

特別収容プロトコル: 現在SCP-1822に対する直接の封じ込めはSCP-1822-MA及び-VEまでしか及んでいません。財団エージェントはあらゆる国際航空宇宙管理機関と提携し、規定された半径90kmの安全半径内へのあらゆる有人宇宙船による侵入の防止を確実なものとしてください。現行の有人宇宙航行技術の発展レベルを鑑みる限り、SCP-1822-MA及びVE以外のSCP-1822プラークに関する収容違反事例が発生する確率は極めて低いと言えます。偶発的な収容違反のリスクを最小限にするため、プラークの存在する宙域は全てのナビゲーションシステムのデータベースにおいて、衛星破片の緻密なクラスターとして登録されます。現在2艘の無人スペースタグボートX-23が転移時の異変やその他不測事態の発生に備えてそれぞれ-MA及び-VEに駐屯しています。スペースデブリが転送機構に干渉することを防ぐため、小規模観測衛星ネットワークが安全半径内に設立されました。

概要: エリスを含む太陽系の主要な惑星すべての周回軌道上に存在する異常情報プラークをSCP-1822と総称し、22個それぞれのプラークをSCP-1882-SLから-EXTと指定します。エリスと水星を除く各惑星に付き同一のインスタンスが2つずつ確認されています。SCP-1822は人類が安全かつ迅速に太陽系に対する調査を行い、かつ太陽系のほぼ全てに進出するためのシステムとして機能します。

SCP-1822のプラークは正面から見て正方形で、3次元的には5m×5m×0.01mの陽極酸化皮膜処理が施された6061 T6アルミニウム合金で構成されています。SCP-1822の全てのプラークには現代英語、ポルトガル語、簡体字中国語でメッセージが刻まれています(メッセージの内容は惑星ごとに異なります)。対になるSCP-1822同士は常に20kmの一定距離を維持しており、また常に同じ軌道を維持します。人間が操縦する宇宙船が10m以内に接近した時、その異常な性質が活性化します。活性化すると即座に宇宙船はその宙域から消失し、すぐさま別のSCP-1822の影響宙域に再出現します。SCP-1822による消失と再出現を受けた職員の精神に異常は確認されていませんが、ほぼ全ての例において軽度の吐き気を訴えます。これまでの実験により、SCP-1822は1時間ごとに1度だけ宇宙船を転送させる機能を持つと考えられています。

各惑星のプラークは、太陽あるいは太陽と逆方向側に存在するもっとも近い惑星へとつながります。例えば地球に存在するSCP-1822-VEと-MAの場合はそれぞれ金星(Venus)と火星(Mars)のそれへ、海王星のSCP-1822-ERと-URはそれぞれエリス(Eris)と天王星(Uranus)のそれへ繋がっています。SCP-1822のプラークの内、2つのみは他の惑星の静止軌道上に繋がりません。水星の軌道上に存在するSCP-1822-SLは太陽の光球表面或いは内部が出口となっています。またエリスの軌道上に存在するSCP-1822-EXTは[編集済み]へとつながっており、これは極端な超長距離の果てに存在するため非超光速速度での通信が不可能です。

メッセージの内容は惑星ごとに異なりますが、全体的な構成は大体同じかつ一様に表面的です。またメッセージは特定の相手を想定しないものですが、多くの場合メッセージの読者を指して"人類"または"我が人類の友"と呼びます。全てのプラークはシンプルにそれが存在する軌道上の惑星の極めて正確な地質と大気と軌道特性の情報並びに効率的なテラ・フォーミングと植民地化の方法が記述されているガイドラインとなっています。

SCP-1822のうち2つのプラークは前述の法則から外れています。SCP-1822-SLには "天体間瞬間移動装置:危険"とだけ刻まれており、Dクラス職員を用いた試験は明らかな失敗に終わりました。太陽のプラークはその光球上或いは内部に存在すると考えられています。SCP-1822-EXTはエリスの周回軌道上に存在します。メッセージの内容は添付ファイルを参照してください。

document SCP-1822-EXT EngTransc1:
この文章は公開に当たり内容を編集済みです。ヘイムダル計画への参加者及びレベル2以上のセキュリティクリアランスを保持する職員は大元の文章を参照することが可能です。
こんにちは、人類。まずはこのような僻地までお疲れ様です。あなた方はソーラー-ネットワークの最果てに到達しました。あなた方は疑問に思っていることでしょう、何故私たちがあのような転送装置を遺したのか、と。私たちはよく知っています。あなた方の文化においては外世界からの接触に対して常に猜疑の目を向け、それの意図や詳細を解明しようとしていることを。ここは[データ抹消]に繋がっており、あなた方はそこで"闘技場"を見ることでしょう。何、心配は無用です。準備期間はまだまだあるのですから。よく考えた末に、あなた方にとっての楽しい最善をその手に掴みましょう。あなた方が闘争を楽しむことを厭わないなら、私たちもそれをとてもうれしく思います。我々の持つすべてを与えましょう。あなた達の色よい返事を待っています。

あなた達が最後の訪問者よりもうまくやってくれたなら、それは何よりの慰めとなるでしょう。Good luck.


  • 最終更新:2016-06-19 15:49:49

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード