SCP-1800

SCP-1800 - The Minotaur (ミノタウロス)
© sandrewswann 2012

Item #: SCP-1800

Object Class: Safe

scp-1800-minotaur.jpg
収容前、不活性状態にあるSCP-1800。
取扱方:
SCP-1800はセクター19の立ち入り制限エリアに格納します。SCP-1800の半径200メートル以内の通路と部屋は認証済みの人員のみが立ち入ることができ、試験中は試験関係者以外は退出させられます。プロファイルアルファ-1800-1(参照:補遺2)およびプロファイルベータ-1800-1(参照:補遺3)に該当する人員は制限エリアへの進入が承認されることはありません。SCP-1800に対する試験は現在のプロジェクトリーダーの承認のもとに行われます。

概要:
SCP-1800は、高さ146センチメートルのブロンズ製の彫刻です。その造型は1982年、ヴァルスアニ工房でサルバドール・ダリによって製作された「ル・ミノトール」という作品と同一に見えますが、以下のような差異が見られます。

  • 製作された年代は現在推定の段階ですが、ヴァルスアニ工房で製作された最初の公式なル・ミノトールの製作時期より、少なくとも██年以上早いと見られています(この推定年代はまた、ダリが初めて絵を完成させたとされる年よりも█年早いものです)。
  • 彫刻には工房のマークと署名がありません。
  • 右足首の内側の上にある小さな引き出しは機能しており、開閉が可能です。
  • 引き出しの中には公式の彫刻には見られない「Quin preu és la virtut.」 (*1)という碑文があります。この碑文は彫像が製作された少し後に刻まれたようです。

SCP-1800は不活性状態にある間はなんらの異常な特性も示さず、典型的な彫像に見えます。彫刻の右足首にある引き出しに貨幣が入れられ、引き出しが閉められると、引き出しの中身は消失し、SCP-1800は待機状態に移行します。 (*2)

SCP-1800が待機状態にあるときは、プロファイルアルファ-1800-1あるいはプロファイルベータ-1800-1に該当する人間がSCP-1800の周囲半径167メートル (*3)のエリアに立ち入るまで、不活性状態 (*4)となります。

SCP-1800が待機状態のときにプロファイルアルファ-1800-1に該当する対象がその効果半径に入ると、SCP-1800は活性化し、その右手を動かして2本の指を対象に15秒間 (*5)向けます。この後、その対象は「SCP-1800-1」に指定されます。15秒後、SCP-1800は元のポーズに戻ります。SCP-1800-2が存在する場合はSCP-1800は不活性状態に戻り、存在していなければ待機状態を続けます。

SCP-1800が待機状態のときにプロファイルベータ-1800-1に該当する対象がその効果半径に入ると、SCP-1800は活性化し、その左手を動かして3本の指を対象に17秒間 (*6)向けます。この後、その対象は「SCP-1800-2」に指定されます。17秒後、SCP-1800は元のポーズに戻ります。SCP-1800-1が存在する場合はSCP-1800は不活性状態に戻り、存在していなければ待機状態を続けます。

SCP-1800-1とSCP-1800-2が同時に存在する場合、SCP-1800-1はSCP-1800-2 (*7)を探し出し、儀式的な交流を始めます。それが終わると、SCP-1800-2として儀式の実施対象に指定されていた人物はSCP-1800-2としての特質を失い、SCP-1800-2が一人もいなくなると、SCP-1800-1として儀式の実施者に指定されていた人物もSCP-1800-1としての特質を失います。SCP-1800-1によって始められる儀式の特異な性質の種類は、SCP-1800がSCP-1800-1を選ぶ前に使われた硬貨の種類によって決定されます。

補遺1:

文書T1800-37:SCP-1800-1とSCP-1800-2の儀式的交流の例示


補遺2:

プロファイル アルファ-1800-1


補遺3:

プロファイル ベータ-1800-1


補遺4:

文書I1800-03:状況回復後のインタビュー#3


  • 最終更新:2016-06-19 15:47:08

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード