SCP-1759

SCP-1759 - "Lovely Lucy" (「ラブリー・ルーシー」)
© PowerTower 2014

SCP-1759_320px-Douglas_A-20G_Havoc.jpg
第二次世界大戦時、作戦中のSCP-1759
Item #: SCP-1759

Object Class: Euclid

取扱方: SCP-1759は常時、警備された格納庫に格納します。格納庫は接触を防ぐため財団職員が操作するカメラによって遠隔監視されます。

概要: SCP-1759は1942年型のダグラスA-20ハヴォック(Douglas A-20 Havoc)爆撃機です。この機体は標準的な設計と合致するものとなっています。4基の機銃が機首に、2基が後部に、そして1基が下部に設置されています。内装はSCPとして指定される以前にレストアされています。「ラブリー・ルーシー」のイラストが復元されたことでその異常効果について初めて財団が知るところとなりました。

この機体の左側面に描かれているのは金髪の女性の絵で、「ラブリー・ルーシー(Lovely Lucy)」という文字がその下に書かれています。この航空機はその3年間の戦役期間中、8回の爆撃任務において飛行しました。これらの任務の中で、合計9名の兵士が敵の航空機による攻撃で殺害されています。この機体は第二次世界大戦の終結に伴い、同型の爆撃機と共に退役しました。

個人が「ラブリー・ルーシー」のイラストに触れたとき、SCP-1759はその異常効果を発現させます。当該個人は数秒間応答が無くなり、続いて泣き始めます。この感情的反応の後、当該個人はこの機体を操縦させるよう求めてきます。

機内に入って操縦席に座ると、影響された個人は以前に訓練を受けていないにも関わらず、突如として基本的な離陸および飛行手順の知識を見せます。航空機は滑走路から離陸し、通常は合計で16から32キロメートルの距離を飛行します。

映像および音声監視の記録によれば、操縦者は飛行中、ほぼ恍惚状態となっています。8キロメートルを過ぎると、操縦者の態度は堅苦しく真剣なものとなります。16キロメートルを過ぎると、怒りを覚える傾向が見られます。24キロメートルを過ぎると、最初の接触時に見られたようなすすり泣く状態が繰り返し表れます。32キロメートル地点に近付くと、対象は音声記録装置を取り外して操縦席のカメラを覆い隠し、「ルーシーはこれを記録されたくない」と述べます。

これらの状態すべてを通して、操縦者は独り言を発しているように見えます。操縦者はSCP-1759と会話しているものと考えられています。

通常は32キロメートルを飛行した後、機体は自動操縦システムを作動させ、格納庫へと戻ります。影響を受けた操縦者が生還したことはありません。帰還時、操縦者は一見自然に発生したように見える、銃創と一致する傷を負っています。

死亡者の検査により、これらの傷は7.9ミリ口径の弾丸によって起こるものであると特定されました。これはメッサーシュミットMe210(Messerschmitt Me 210)のMG17機関銃(MG 17 machine gun)で一般的に使われていた口径です。この傷の原因は現在のところ不明です。

SCP-1759の実験記録


  • 最終更新:2016-06-19 15:27:59

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード