SCP-1741

SCP-1741 - A Boat Ride (貸しボート)
© TwistedGears 2014
SCP-1741-Boat%20Shack.jpg
SCP-1741-A

Item #: SCP-1741

Object Class: Euclid

取扱方: SCP-1741の一次調査と封じ込めのためにエリア-1741が構築され、SCP-1741-Aを中心とした半径300mの領域が高さ3mのフェンスで囲まれています。民間人に対しては私有地であることを装って侵入を抑止し、収容ゾーン内部で発見されたあらゆる非財団職員は、クラスC記憶処理を施した上で解放してください。

D-17412が携帯する装備に電力が供給されている間は、常時D-17412を介した遠隔監視を行ってください。ウェイク・イベントの後、職員はD-17412に現状の成果報告を行うことになっています。ファイル1741-ELGに記述されている探査目標は、この時に指示されます。

概要: SCP-1741はルイジアナ州南部、[編集済]川の川端に位置する、破壊不可能な高さ2mのレンガ造りの小屋(SCP-1741-Aと指定)を中心に広がるアノマリーの総称です。SCP-1741-Aのドアは開くことができず、その内装は小屋内部のヒューマノイド(SCP-1741-C)によって窓が開かれた時のみ視認することができます。この時、SCP-1741-Aの第二の異常特性が発現します;内部の容積は、建物の外観が許すよりもはるかに大きなものです。見える範囲では、SCP-1741-Aの内装は口語的にソーダ・ファウンテンと呼ばれる施設に似ています。窓はドライブスルーのように振る舞いますが、一般的なソーダ・ファウンテンはそのような設備を備えていません。

SCP-1741-BはSCP-1741-Aを取り巻く数個の水上用の乗り物です。SCP-1741-B実体はそれぞれ異なる海洋動物として様式化されており、その全てが種々の荒廃段階にあります。新しいSCP-1741-B実体が川底から浮上することがありますが、これらの実体はSCP-1741-Aの半径80mから遠ざけなければなりません。
SCP-1741-Broken%20Boat.jpg
荒廃した状態にあるSCP-1741-B実体
SCP-1741-Cはズートスーツに身を包んだヨーロッパ系男性の姿をしたヒューマノイドです。解剖学的に異常な点は見られませんが、栄養を必要とせず、老化することもありません。SCP-1741-CはSCP-1741-Aに接近した全ての人物に対してボートを貸そうと試みます。客が3ドルの料金を支払った場合、客1人につきSCP-1741-Bの1実体が自発的に自己修復します。修復されたSCP-1741-Bは客が乗船するまで川岸に留まります。

客がSCP-1741-Aから80m以上離れると、修復されたSCP-1741-Bは別のSCP-1741-B実体に自身を衝突させ、構造的な損傷によって沈没します。また、実体は一人乗りであり、2人以上が乗船を試みた場合はバラバラになります。SCP-1741-Cは、これらの理由で損傷したボートの料金を払い戻すことはありません。

客が乗船に成功すると、SCP-1741-Bは自動的に川を下り始め、およそ20m進んだところで観察下から消失します。遠隔監視装置は機能し続け、SCP-1741-Bが客を複数の (*1)島々からなる、通常の空間外に位置する群島へと転移させたことが分かります。各島はSCP-1741-[数字]と指定されており、それぞれ独自の異常特性を有します。詳細は以下の表を参照してください。SCP-1741-B実体は最も近い島の海岸に衝突し、沈み始めます。

異常特性 居住者、年
SCP-1741-1 SCP-1741-1全域に時空間異常が広がっています。ウェイク・イベントの開始点です。 居住者は知られていない
SCP-1741-2 SCP-1741-2には特徴のないヒューマノイド群が生息しています。全てのヒューマノイドは非常に暴力的ですが、異常な力を有しているわけではありません。 ジャン=ポール・デュマ、フランス人兵士。1801年。
SCP-1741-3 SCP-1741-3の大気中には気体の忘却物質が存在すると考えられます。SCP-1741-3で育つすべての果物はリンゴであり、これを食べることで忘却物質の効果に抵抗することができます。 アーサー・スミス、神父。1954年。
SCP-1741-4 SCP-1741-4の大部分には、未知の通貨を用いて様々な商品を売買する特徴のないヒューマノイドで満ちた市場が広がっています。この市場はSCP-1741-4唯一の食料源です。 D-17411。2003年。
SCP-1741-5 SCP-1741-5は自身が神であることを主張する知性的な異常存在を含んでいます。異常は物理的な形態を取るものではなく、太陽光とは無関係に現れる巨大な影としてのみ観察されます。 D-17412。2003年。

ウェイク・イベントは群島を中心とした大規模な時空間異常です。イベントの開始には、居住者がSCP-1741-1内の装置を起動することが必要となります。イベントは群島内の島の配置をランダムに変更します。群島内の全ての居住者は即座に自身が乗ってきたSCP-1741-B実体の上に戻されますが、装置の起動者のみ、以前の"セッション"の記憶を全て喪失しています。その後、全てのSCP-1741-Bはそれぞれの島に衝突します。

インタビュー記録SCP-1741-C 01


探査ログ01


全ての探査ログは、この文書のクリアランスを持つ全職員に公開されます; しかし文書を簡潔にするため、探査ログ02から11はこの文書からは削除されています。これらの探査では、上の表に示した各島の概要が明らかにされました。これらのログの中で、D-17412は彼のSCP-1741-B実体からパンフレットを発見しました。パンフレットは、ツアーの一部であるとの装いの元、太陽が真上にあるときに石の塔を訪れることを読み手に薦めていました。

探査ログ12 抜粋


補遺: 2005年5月8日、SCP-1741-Aのドアが開き、SCP-1741-Cは建物から脱出しました。ドアはそれ以上の相互作用なしで閉じられました。SCP-1741-Cは財団職員による捕獲に抵抗しませんでした。その後SCP-1741-Aの窓が開き、D-17411が現れました。SCP-1741-Aの内装は典型的なファストフード店に似たものに変化しており、群島の居住者の映像を表示する様々なTVセットが置かれていました。D-17411はSCP-1741-C-2と指定され、以前の-CはSCP-1741-C-1と再指定されました。SCP-1741-C-2はどのようにSCP-1741-Aに入ったのか説明することを拒絶し、担当のエージェントにボートを貸すことを提案しました。

  • 最終更新:2016-06-19 15:26:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード