SCP-173-J

SCP-173-J - The Original "The Sculpture" (SCP-173の真実)
© Silberescher 2012

Item #: SCP-173-J

Object Class: Euclid (*1) (*2)

取扱方:
SCP-173-Jには活動の拠点として収容室が与えられています。SCP-173-Jは基本的に無害であると考えられるため、施設17の内部を自由に動き回ることが許可されています。この取扱方はサイト管理者によって安全であると保証されました。

改訂:
事件記録8/17/92を参照。この悲惨な事故を受けて、新たな取扱方の策定が検討されています。

概要:
1992年、施設17に配置 (*3)。その起源は不明。コンクリートと鉄筋の材質でクライロン製スプレーを吹き付けられたかのような見た目をしており、水性のペンキで"猫の顔"のペイントが施されています。SCP-173-Jは生きており、とても遊び好きです。直接視線を浴びている間は動くことありません。SCP-173-Jにはあまり近づき過ぎないよう、必ず注意喚起してください。極端に近寄ってくる、いたずらを始めると報告されています。一部の人員は低い、喘息にかかっているような鼻をすする音を耳にしたと報告していますが、幻聴あるいはミーム的なものだと考えられています。SCP-173-Jは他人の関心を惹くのがとても好きです。例えばコンピュータや文書に向かって作業してる研究員に対し、まばたきの間にそれらの物品の上へ移動して注意を引こうとします。SCP-173-Jが窓の付いた部屋に居る場合は、ときたま研究員の頭部を掴んで窓の方向に向けようとします。これはSCP-173-Jが外で遊びたがっていることを示すようです。SCP-173-Jを優しく小突き、「あっちに行きなさい。このいたずらっ子め」と叱ってあげればSCP-173-Jはおとなしくなります。

SCP-173-Jは対象に反応されないほど素早く行動でき、最速で1秒間に3つの悪さを働くことができると報告されています。

7/20/92、SCP-173-Jはソンブレロを身に付け、誰もいない部屋や廊下をカスタネットを打ち鳴らしながら走り回るようになりました。この状態は"お祭り状態"と呼ばれています。帽子の出現から始まったこの現象の起源もまた明らかにされていませんが、SCP-173-Jから帽子を取り上げることや"お祭り状態"について調査する試みは「我々の能力を超えており、軍隊でも動員しなきゃ無理だろう」とサイト管理者によって拒否されています。施設17の職員はこの現象について"大いに楽しんだ""まるでクリスマスとシンコ・デ・マヨ (*4)と食堂のプレッツェル食べ放題デーがいっぺんに来たみたい"と表現しています。"お祭り状態"を妨げようとする職員はトイレ掃除に回されます。

誰もいないコンテナから石をこするような音がすると報告があげられています。石をこする音を分析するフリーランスの専門家によれば、これはSCP-173-Jが人々に披露するためのダンスを練習している音だそうです。もし、この行動に異変があった場合にはHMCL主任代理に報告してください。

床の赤褐色の物質は[削除済]-Oブランドのチョコレートプディングです。これらがどこから発生してるかは不明です。特に害も無いようなので放置されています。
注: 赤褐色の物質に関する情報は改訂されました。事件記録8/14/92を参照してください。

''事件記録8/14/92''


''事件記録8/17/92''


この事件を受けて、SCP-173-Jの取扱方は全て見直されることになりました。新たな取り決めではSCP-173-Jを収容室に閉じ込めておくことが明記され、床の赤褐色の物質は人力で清掃されます。SCP-173-Jの取扱方を改定しようとするどのような試みも今後は拒否されます。SCP-173-Jは財団の理念を正しく体現する存在であり、財団が存続する限り現在の封じ込めが有効であると考えられるためです。

改訂が行われる前、サイト管理者によってこの「素晴らしく、夢のように狂っている」SCP-173-Jの記事をDecommissionカテゴリに移行すべきという提案が出されましたが、まともに取り合われることはありませんでした。多くの上級職員はSCPとお喋りしたり、性的誘惑をかけたり、身につけてみたり、いたずらをしてみたり、あるいはSCPを使って有名になったりすることに夢中だったからです。サイト管理者は「財団の安全性と健全性にとっては破滅的な話だが……まあ毎日こういうもんと関わってると仕方ないのかもね」とこの出来事を振り返っています。

  • 最終更新:2016-11-14 17:46:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード