SCP-1644

scp-1644-obelisk.jpg
SCP-1644-1
SCP-1644 - The Obelisk(オベリスク)
© weizhong 2014

Item #: SCP-1644

Object Class: Safe

取扱方:
SCP-1644への監視活動のために拠点-126が設立されています。SCP-1644の人里離れた立地を考慮し、当区域の500 m圏内に見えた者は考古学的発掘作業地域という名目にて引き返させるものとします。SCP-1644による影響活性化区域内の発掘は全て必ず無人ロボット使用下で行い、これらの操縦は拠点-126から為される事とします。

概要:
SCP-1644はエジプト[編集済]近郊に位置する異常地区です。SCP-1644を構成する当地区は、遺跡から見つかった碑文によるとおおよそエジプト古王国時代頃の一連の遺跡群です。

SCP-1644地区内での主たる異常影響は遺跡の中央にあるオベリスク周辺で発生し、当オベリスクを以降SCP-1644-1と呼称します。高さは柱の中央部で丁度47.16 m (*1)であり、接近した人間はその全員が極めて強い嫌悪感を訴えます。志願者によるSCP-1644-1の47.16 m以内への接近は、全員が接近中にその意欲を全く失う事により全て失敗しています。武力行使により強制した接近も失敗していますが、この方策での調査は行われるべきではありません。この域に物理的に強制進入させた者は強烈な不安感に襲われ、可能な限り速やかにこの影響域から抜け出そうと努めます。即座に脱出するより他の何らかの動作をして見せるよう説得する試みは全て失敗に終わっています。SCP-1644の活性域に進入するよう、拒否に対し刑死も含めての処罰に至るまでの苛烈な脅迫は、このような処罰行為を自身に行わせた時、または他者に同行させ処罰行為を行わせた場合ですら、進入を拒み続けるために失敗しています。

SCP-1644-1のオベリスク各面にはそれぞれ同一の碑文が刻まれています。元の象形文字から翻訳すると、SCP-1644-1の碑文は『(判読不能)の手は其の死を越え伸びる。』と読み取れ、各面同じ単語が判読不能であり、未だ断定ならぬこの単語を判別する試みが進行中です。

1.1644に関するクリアランスレベル4を要求:資格証明を入力して下さい。


SCP-1644内の遺跡に在った多数の人工物に異常な性質は見られません。これらの人工物はサイト57歴史遺物課に現在保管中です。

2.1644に関するクリアランスレベル4を要求:資格証明を入力して下さい。


補遺:
██年8月6日、遠隔操作ロボットによる発掘作業中、SCP-1644-1の真下に当たる場所に未知の地下室が発見された。続く調査において、当地下室はその中央に置かれた一体の石棺を除き空と分かった。石棺はサイト57歴史遺物課に他の人工物と共に保管されている。この石棺に埋葬された者の身元は依然不明である。

3.1644に関するクリアランスレベル4を要求:資格証明を入力して下さい。


  • 最終更新:2016-06-19 14:47:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード