SCP-1634

SCP-1634 - Dental Crown Cinema (夢見る歯の冠)
© rcletus 2013

Item #:SCP-1634

Object Class:Safe

取扱方:SCP-1634は顕著なSCP-1634-1実体の記録保管を目的としたデジタル記憶装置と共に、サイト-76の厳重ロッカーに保管されています。SCP-1634は最低2人のLevel-3職員の許可なしに操作および使用することはできません。D-クラス職員のみSCP-1634を使用することができます。激しい暴力行為または社会病質の経歴のあるD-クラス職員を利用する時は追加の保安員が必要です。

概要:SCP-1634は輪の内側に人間の骨格筋が散りばめられた厚い鉄で出来ている、単純な金属の輪です。主要構成のどちらにも腐食の兆候は見られませんが、SCP-1634の金属と組織の微細サンプルは摘出後に非異常な率で酸化および腐敗しました。SCP-1634はまた32本の成人の人間の歯があり、縁の上部に歯根が部分的に埋め込まれています。複数の歯が補助的な変形をしていることは、これらの歯が1個人から採取されたことを示唆しています。歯はまた周囲の材質よりも古く、紀元2世紀の中期または後期ですが、工品の本体は1600年代後期まで一般に知られていなかった金属鋳造術で作成されています。SCP-1634は改造の跡も示しており、電子回路が筋組織を通じて集積、混合したマイクロSDスロットを持ち合わせています。SCP-1634に挿入されるとどのようなメモリーカードでも内部データは消去され、SCP-1634-1を保存し始めます。

SCP-1634が覚醒し警戒している人間の頭部に置かれると、被験体は30-90秒意識を失い、その後約█時間ほど意識を失ったまま感受性が鈍くなります。この期間の間、SCP-1634を着用した被験体は鮮明な夢の話を経験し、夢の中の主人公だと自己認識します。自立と認識思考は夢の中全てで保持されますが、平静(すなわち、個人が夢を見ているという認識)は殆どの場合で欠けています。繰り返しの実験により夢はSCP-1634の影響のもと、下記の出来事を経験することが確認されました:

  • 主人公の彼/彼女を闘技場のような舞台で見つけます
  • 主人公は剣、棍棒、鞭などの古代の武器を持って存在します
  • 大型の動物(ライオン、キリンなど)が - 綱に繋がれているまたは無力化されている状態で - 闘技場を埋め尽くし始めます。
  • 主人公は彼/彼女が望むままに動物を殺すであろうと理解します
  • 主人公の行動に関係なく、拘束され、やせ衰えた人間が現れ始めます
  • 主人公はこの非脅威的な人間が"敵"または"偉人"であると認識し、彼らを殺すことを求められます
  • 主人公の行動に関係なく、人間と動物の生贄に対する認識はますます歪められます

この時点において被験体は意識を素早く回復します。SCP-1634がこの時点またはその直後(<█分)に外されない場合、別の無意識期間が発生して上記の一連の出来事が再び始まります。このサイクルは中断されなければ、無期限に続く可能性があります。既に夢見状態の被験体からSCP-1634を取り外しても無意識の期間は短くなりませんが、関連する夢を突然に終わらせるように見えます。

SCP-1634実験中の殆どの被験体はこの経験を"方向感覚の喪失"と説明し、時々道徳心と無力だが意識のある生贄に対する激しい暴力の伴う闘争心が葛藤したと強く報告しました。これらの影響はどちらとも繰り返し使用することで減少することが示されました。

SCP-1634-1は使用後にSCP-1634に挿入されたメモリーカードから見つかるデータの呼称です。データは████コーデックで接頭に"CO"と6桁のシリアル番号が名付けられたビデオファイルから成ります。ビデオ自身は様々な要素によって破損されます(急速な速度/FOV/焦点/色の明度の変更、静電気と"歯擦音"、音声の歪曲または欠落)。それにもかかわらず、SCP-1634を着用している間に経験した夢の映像と音声記録を主人公の視点で"撮影"したように見せます。実験被験体に夢の間特定の行動を支持して作成されたビデオの検査ではSCP-1634-1ビデオは被験体の経験を正確に再現していることが示されました。これまで、どのビデオも6分を超えたことはありません。

記録1634-1-01の複写から抜粋

記録1634-1-06の概略


取得記録概要:SCP-1634は██████ ████████郵政公社に潜伏して以前マーシャル・カーター&ダーク株式会社に関連した出荷経路を発見した財団工作員によって横奪されました。疑惑は包を開放して即座に確認され、異常な工品と共に複雑に暗号化された███████の送金と以下のメッセージの情報が含まれたバーコートの小さな紙が発見されました:
君の[原文ママ]身内は何やら深刻に怪しい[侮蔑]にのめり込んでいる。今、最後の一つを作業台の上に晒した - 僅かに過程を変える必要がある。君の最後、身内について心配することはない、しかし私が第一にこの[侮蔑]をしている理由を忘れてしまう前に次の支払いが、すぐに、支払われることを期待しているよ。Krawlを外へ。

付録1634-11:上記のメッセージの解読後に、定期的に全ての財団所有のSCP-1634-1実体でビデオファイルに"KRAWL"の文字がステガノグラフィで埋め込まれているのが発見されました。同様の文字を捜索するために大衆ビデオで実施したスキャンで複数の以前記録されていなかったSCP-1634-1実体と共に似た形式だがイメージの異なる2グループのビデオが発見されました:1つは主人公が富俗層向けに建築された未完成の都市ビル(中に住居者が居る)を焼き払い、もう1つは殆どが高架橋の兵士からの受動的な視点で鯨や他の水生生物を攻撃しています。これらの記録の性質と起源の追加調査は検討中です。

  • 最終更新:2016-06-19 14:46:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード