SCP-1623

scp1623-1.jpg
イタリア共和国フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州
SCP-1623 - Night Marches (夜の行軍)
© MC_Kejml 2014

Item #:SCP-1623

Object Class:Keter

取扱方:各ダイアナ・イベントは現地の担当SCP職員4人によって監視されます。

更新██/██/████:事案1623-1の出来事により、財団またはその他組織に限らず職員はダイアナ・イベントの間は各SCP-1623-3エリアへ侵入してなはらず、追加の保安境界線をSCP-1623-3エリア境界線に維持しなければなりません。この境界線の違反者は最大限の武力で処分されることになっています。

SCP-1623-3-1、-2、-3、-4のエリアはイタリアの財団フロント会社Soldatesca Cavalleria di Pisaが所有する軍事訓練地としておよそ860m2、4km2、12km2、32.5km2が公共から隔離されることになっています。自動化した保安境界線をこれら地域に設立されています。

SCP-1623の性質のため、次のダイアナ・イベントの位置はイベントそのものが開始するまで確認できません。4ヶ所のMTF基地がそれぞれのSCP-1623エリアの境界線に建てられています。

保安は毎年の最高気温が観測される3日前に追加MTF隊(MTF-カッパ-7"イタリア異端審問"が現在担当している部隊、カッパ-8"スペイン宗教裁判"が追加部隊)を4日間補強することになっています。正確な気温予測は財団衛星SCPSat Originで測定されます。衛星との通信が途切れた場合、衛星の適切な修理が行われるまでSCP-1623HMCL連絡(現在のプルシーホダ、M.)の許可の下、SCP-████の天気予報データが使用されます。

公共でのSCP-1623-1と-2の実体は追跡しますが、それ以外では無視することになっています。財団保護の実体は標準人型収容室に収容され、赤外線カメラで監視します。ダイアナ・イベントの間、意識不明の実体は緊急事態を除き、処理されることになっていません。特別な状況の場合、-1実体は一緒に収容することができます。類似した姿をしているため-1実体と-2実体の区別には注意を払う必要があります;-2実体を一緒に収容することは保安リスクがあります。

財団と境界線イニシアチブは公共におけるSCP-1623-1と-2実体の追跡において協力をしています。生まれたばかりの実態を出生から追跡し、できるだけ早く記録することで終了します。

-1と-2実体が突然不均衡(1:1.3以上)になった場合、処置-1991-Zoruttiが即座に比率均衡に実行されることになっています。

概要:SCP-1623はイタリア共和国フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州の地域で発生する異常現象の呼称で、地域住民からは"夜の行軍"と呼ばれています。

SCP-1623-1はフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州の一部住民(現在地元住民の█%だと見積もられています)で、互いに"Benandanti"と称します。SCP-1623-1実体は他の地元住民とは異なり、古く、擦り切れた衣服で、多くはリネンと絞り染めをした容貌で、一般的に見放された様な姿だと表現されます。毎年最高気温が観測される4日間のおよそ21:00頃に、SCP-1623-1は意識を失いダイアナ・イベントに参加します(メカニズムにおけるさらなる詳細は████博士の文書アストラルトを参照)。

SCP-1623-2はフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州の一部住民(現在地元住民の█.█%だと見積もられています)で、SCP-1623-1実体は"The Witchmen/Malandanti"と称します。SCP-1623-2実体は他の地元住民やSCP-1623-1実体と異なり、汚れて、暗い衣服に、たびたび木、銅、銀で作られた装飾を身につけます。多くのSCP-1623-2実体は乞食やスリだと称されます。

SCP-1623-3はダイアナ・エベントが行われるウディネとポルデノーネ地方の一連の野原と平野(1623-3-1から-4と指定)の呼称です。イベント事に使用される土地はランダムで、これまで識別法則は判明していません。

ダイアナ・イベントはその年で最高気温が記録される4日間の夜に発生するSCP-1623-1とSCP-1623-2の小競り合いの呼称です。これらは実体自体の類似した投影を生じさせますが、実体達の外見は変化し、頻繁に実用的でない変形をします。この変形は衣服、衣服と肌の色相または明るさ、多様な動物を表したまたは動物自体になっている衣服、実戦には使えない間に合わせの武器、ウイキョウの茎とトウモロコシと旗を示した軸を含みます。投影は触れることができず、互いにのみ接触することができるように見えます。

小競り合いは通常は無秩序な方法で行われます。SCP-1623-1投影はSCP-1623-2投影が息絶えようとするまで戦いますが、代わりにその投影が消えて意識不明な状態から直ちに覚醒します。この小競り合いは常に一方の"生存している"投影が居なくなるまで続きます。

最も多く記録された投影の数は██/██/19██に両陣営████数に達しました。しかし、これまで█以上の-1または-2実体の投影は小競り合いの後に残りませんでした。この間、残った投影の全てがSCP-1623-3から消える前に[編集済]を受けます。

この後の数週間(または数ヶ月、最低█以上の投影が残った場合)、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州の地域の農業生産が改善し、出生率上昇(1623-1投影が残った場合)または農業生産の低下と流産と死産の増加(1623-2投影が残った場合)が発生します。

個人の変形と収容手順の修正により、それぞれの投影をどの-1と-2実体か特定することは非常に困難です。空中偵察によるダイアナ・イベントに参加している可能性のある-1と-2実体の特定は審議中です。

Level4クリアランス要求


SCP-1623-1インタビュー

SCP-1623-2インタビュー


事案-1623-1:
██/██/████、境界線イニシアチブのエージェントによる攻撃部隊が進行中のダイアナ・イベントを襲撃し、できるだけ多くのSCP-1623-1と-2投影を処分させることを目的にデバイス(現在SCP-███と指定)を使用しました。投影に近づいた時、SCP-1623-1投影のみが"処分"され、██のSCP-1623-2は素早く[編集済]を受けてから消えました。このイベントの結末の更なる詳細は記録-1623-1816"夏のない年"を参照してください。

これ以降財団エージェントがSCPを発見し記録することを促し、財団は収容任務について境界線イニシアチブとの共同合意を受けました。

記録-1623-47-プルシーホダ。Level4クリアランス要求


  • 最終更新:2016-06-19 14:44:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード