SCP-1561

The crown.jpg
陛下の王冠、素晴らしい栄光に満ち溢れています。
SCP-1561 - The Tyrant's Pretext (暴君の託け)
© Daedalus34 2013

国王品番:陛下のSCP-MDLXI

王から賜った格付け:Glorious

国王封印令:陛下のSCP-MDLXIは現在、サイト編集済王国にてデータ削除済世に戴かれており、最低でも10名の騎士に昼夜を問わず警護されております。

陛下のSCP-MDLXIはミーム災害をもたらしますので、高貴なる王冠に関する全ての情報は第四階位の貴族、またはそれより位の高い方にのみ公開されております。以後、陛下の王冠を用いる実験は禁じられます。これはデータ編集済世の治世以前の、異教徒評議会の慣習です。国王政令MDLXI-Iをご参照ください。

ご説明:陛下のSCP-MDLXIは最も優秀な鍛冶屋がこの地で最も価値ある宝石を巧みに用いて作り上げた素晴らしい金色の王冠です。陛下の王冠について話される、被られるまたは記される時、この品は魔法を引き起こします。

取るに足らぬ小作人の男の下賎なる頭に授けられし時、その逸品を視界に収める距離にいる平民たちは下賎なる着用者をその者らが今まで会った中で最も権威ある者と見なすようになります。これら臣民たちは王が戴冠されると新たに生まれ変わり、以前の身の丈に応じた新たな役割を進んで請け負います。'警備員'は騎士に、'科学者'は王宮学者となり、その他の平民は小作人となります。陛下の統治下にある小作人共はまた、手元にある最も上等な素材、時には自らの不潔な衣類を用いた、新たなる有徳の王がお召しになるためのローブ作製を正しき義務であると感じるようになるでしょう。

新しく戴冠した王もまた素晴らしき統治のセンスに目覚め、王立騎士団の設立ならびに彼の王国の樹立を実現可能なものとします。下賎なる着用者は更に、その立場により相応しい素晴らしい顎鬚と口髭を伸ばすことでしょう。これらの効果は高貴なる王冠が進んで取り除かれる時、または下賎なる対象が死ぬ時に衰え損なわれます。

高貴なる王冠の偉大さを直接目にしなかった人間は堅い意思を以って抵抗することができ、異教徒の烙印を押され、その地より追放されるか陛下の意向の下に処刑されます。

陛下のSCP-MDLXIに関する記述・会話もまた、王の貴き地位に相応しいものへと変化します。陛下のSCP-MDLXIに関する単なる知識は高貴なる王冠を陛下のSCP-MDLXIと称したい衝動を引き起こすでしょう。陛下のSCP-MDLXIについての間接的な言及がこれらの影響を打ち消す点もまた注目に値します。

評議会政令MDLXI-I:陛下の王冠が軽率な実験に使用された際、下賎なるD平民の頭上に陛下のSCP-MDLXIが被せられ、偉大なる啓示により断頭されるまでの3ヶ月の間、サイト-[編集済]王国を統治しました。そのためO5王会により、新たな不幸が起きないように軽率な実験を決して行わない旨の布告が為されました。

国王政令MDLXI-I:昨冬の初めて雪が降った日に、新たなる王が戴冠されました。不届きな放蕩者どもの評議会と闘われしデータ削除済世陛下万歳!サイト編集済王国の統治者!国王の末永き治世があらんことを!

メモ:これは正式なSCP報告書ではありませんが、我々が現時点で作れる最善の報告書です。陛下のSCP-1561に関する全研究データは事案1561-2で削除され、この報告書は文書1561-2を元に作成されました。事案1561-2が解決されるまで、この報告書で運用しなければなりません。 -██博士

要Level4認証

要Level5認証


  • 最終更新:2016-06-19 14:31:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード