SCP-1542

SCP-1542 - Subject: A-35 (被験体A-35)
© Boa Noah 2012

Item #: SCP-1542

Object Class: Euclid

取扱方: SCP-1542は標準的な3メートル×4メートル×4メートルの耐腐食セルに収容します。セルにはパイプで作られた単純な構造物をSCP-1542の休息場所として設置します。この生物のセルは1ヶ月に2度清掃し、明らかな腐食はその時に修復するようにします。SCP-1542には1日に1度、肉や野菜のピューレからなる栄養豊富なスライム状物質を食事として供給してください。SCP-1542はカプサイシンを含む食品への明らかな嫌悪感を示しています。

定期的にSCP-1542と接触することになっているすべての職員は、月例の心理評価試験に出席しなければなりません。

SCP-1542は現在、第3医療病棟のセクター28に格納されており、第12生物研究エリアへの移送が検討されています。

概要: SCP-1542はおおむね人型の実体であり、主な構成要素は未知の泡状の物質からなる管状構造に固定された筋肉組織となっています。SCP-1542の体長は190センチメートル、体重は57キログラムです。この生物は胴体の内部に原始的な聴覚器官を持っており、骨格構造全体には大きく修正された神経系が織り込まれています。この生物の筋肉組織は強力な麻痺性物質を含む弱酸性の粘液を分泌し、この粘液はSCP-1542の身体全体を覆い、ゲル状の皮膚としての機能を為します。SCP-1542は循環系、呼吸器系、消化器系を有しておらず、この粘液の皮膜を通して酸素と栄養を吸収しています。

この生物はセル内を移動する際、おもに胴体の収縮と拡大による手足を使わない運動を好んでいるようです。SCP-1542はでこぼこの地形を登ったり通過する際は手足を使いますが、まれに二足歩行をしようとするときもあります。

SCP-1542は自意識を見せており、スタッフや清掃クルーと交流しようとすることもあります。

補遺1542-1: SCP-1542は1998年9月16日、アルバータ州カルガリーの████████下水道処理場で、「生ける屍」についての通報があった際に回収されました。緊急対応当局の変装をしたエージェントの小部隊が現地に派遣されました。SCP-1542は一次濾過廃棄物保管施設に位置しており、分解された有機物の残骸を摂取していました。SCP-1542は拘束され、セクター28に送られました。

クラスA記憶処置が施設の全職員に対し実施されました。

補遺1542-2: SCP-1542に対する詳細な医学的検査により、その体内の[編集済み]に外科的に埋め込まれた刻印のある金属棒が発見されました。金属棒には以下のような刻印がされていました。

名称: A-35
計画名: AN1-M4KR-0021c
原形: HAG-092b-1
目的: WASTE-2b
施設名: DBO-18a-1

補遺1542-3: 新たな文書が、対象の胴体の中で白い布の残骸と共に発見されたUSBフラッシュドライブから回収されました。以下の文書は、対象の最初の捕獲と実験の概要について記されているようです。

シリーズ: 0021c

日付: 1981年3月15日
場所: カナダ・サスカチュワン州█████ ███████

対象: ███████ █████████

捕獲報告: A53-b分隊は日曜の0700時ごろ目標を捕捉、死傷者はなかった。試験施設DBO-18c-2への移送前に、対象の無力化が成功裏に行われた。

化学的曝露実験報告: 被験体A-35は23時間の間完全に水没させられ、Vat17-GH8-1bが取り除かれると、被験体は皮下組織と筋肉組織の結合を失い始め、その後鎮静させられた。

初期外科解剖報告: 被験体A-35は外科処置室E-2aに移送され、化学的曝露実験がさらな―

残りの情報は回復不能なほどに破損しており、SCP-1542の誕生に関わった組織についてのさらなる調査が現在行われています。

  • 最終更新:2016-06-19 14:29:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード