SCP-1529

SCP-1529と遭遇したハイカーの死体。クリックで閲覧

SCP-1529 - King of the Mountain (山の王)
© Smapti 2012

Item #: SCP-1529

Object Class: Euclid

取扱方:昼光下で天候が良好であれば、SCP-1529が出現する現場周辺の状況を望遠鏡および監視衛星により常時監視してください。ネパールの████████と中華人民共和国の████████に設置されている財団の監視ステーションから、望遠鏡による監視が一年を通じて行われます。毎年、天候条件が整い次第、財団のフロント企業である南チョモランマ陸運(South Chomolungma Portage)が南北の登山ルートのベースキャンプに前線ステーションをそれぞれ設営します。さらにより高所のキャンプ(北ルートの第6キャンプ、南ルートの第4キャンプ除く)にステーションを設営していきます。これらのステーションは天候の変化により撤収を余儀なくされるまで、そのシーズン中は維持されます。インシデント1529-2のような事案の再発を防ぐために、活動状態のSCP-1529の監視は、自動操作の望遠鏡と遅延7秒で映像を送信するビデオシステムを用いて行います。必要でかつ安全が確保されれば、飛行機やヘリコプターで監視を行います。

SCP-1529が活動中に登頂が行われないように、財団は民間の現地登山ガイドと連携をとるものとします。SCP-1529と遭遇した登山者の死体は、検視と処分を行うために可及的速やかに山から回収します。SCP-1529に関連した全ての犠牲者について、高山病と低体温症に関連した不自然ではない死因が偽装されます。生存者・目撃者は事情聴取を受けたのちクラスBの記憶操作が施されます。

機動部隊プサイ-29029(アルペン・エコー)が████████の監視ステーションに待機状態で常駐します。任務中の全隊員は、圧力調整環境下で常に生活し標高7900 mの環境に体を適応させます。インシデント1529-1が再発した場合には、アルペン・エコーはヘリコプターで現地に展開し、プロトコル・ブクレーエフの実行を試みてください。

概要:SCP-1529はネパールのエベレスト山頂付近に出現するヒューマノイドです。標高8000m以上のこのエリアは、ヒトが適応することは不可能と考えられており「デスゾーン」と呼ばれます。SCP-1529は中肉中背で、白い標準的な登山ウェアと登山靴によく似たもので全身を覆っています。パーカーのフードと大き過ぎる不透明な黒い登山ゴーグルがSCP-1529の顔を完全に隠しています。SCP-1529が他のものを身につけているところは一度も確認されていません。望遠鏡による観察を除けばSCP-1529を目撃した生還者がごく少数のため、それらが服装なのか体の一部なのか、さらにその下がどのようになっているのか不明です(インタビュー1529-1は例外)。

財団がSCP-1529の存在を認識したのは1970年代です。この時代にはエベレスト山頂への定期的な遠征が広く行われるようになり、その結果、山頂付近の「モンスター」についての噂が登山家のコミュニティ内に広まりました。1999年に発見されたジョージ・マロリー (*1)のカメラに残されていた未現像の写真から、マロリーが最初に登頂を試みた時にはSCP-1529が既に存在し活動中であった、さらにその外見は現在とほぼ同じであったと分かっています。(マロリーのカメラは発見されておらず、死因は滑落であるという情報を財団のメディア工作部門が流布しています。)

昼光下でかつ光量や雲量が許容範囲内であれば該当エリアの監視が可能ですが、SCP-1529が観測可能となるのは監視回数のうち平均して██%です。監視回数のうち██%では、SCP-1529は「不活性」です。その場に横たわる、あるいは座って動きません。記録に残っている不活性状態の継続時間は17分間から(恐らく)8か月間で、その中央値をとると23.4日となります。SCP-1529は「活性」状態のとき、山頂付近を方向性無く動き回っていることがあります。観測によれば、SCP-1529はその手足以外のいかなる登山器具や補助を一度も利用していません。すでに確立しているルートに沿って移動している間も、登山者が設置したロープやハシゴを無視します。SCP-1529はこれまでに、普通の登山者には登攀不可能と考えられている岩壁を登攀・下降する能力を示してきました。転落したり手を滑らせたりしたところを観察された事はありません。氷点下の気温、強風、薄い空気や低い気圧に影響を受けているようには見えません。活性・不活性状態となる原因は不明です。天候、時間、登山者数、季節、時期とは相関がありません。観測によれば、(インシデント1529-1を除いて)SCP-1529は標高8000 mよりも下部には移動しません。記録が残っている活性状態の継続時間は3時間から(恐らく)6日間で、その中央値をとると15.2時間です。現在までのところ、SCP-1529の夜間監視は不可能と考えられています。赤外線イメージングによる観測により、SCP-1529と周囲の環境に温度差が無いと判明しています。

SCP-1529が活性でかつ登山者が標高8000 mを超えた場合、SCP-1529はその方向に移動して、その登山者と山頂あるいはその登山者とキャンプの中間の位置に待機しようとします。グループの前後にいて、ある程度他のメンバーから離れてしまったり、もともと単独行動の登山者をSCP-1529は好むようですが、そのような対象がいなければグループ内の個人をターゲットとします。一旦、登山者が視認できる範囲にSCP-1529が到達すると、SCP-1529はその登山者の注意を引いて視線を合わせようとします。この行為には催眠作用があります。SP-1529から視線を外すことは困難で、次第に温かく快適であると錯覚するようになり、その場に座ってリラックスしたい気分になります。登山者が一旦動きを止めると、SCP-1529は登山者に近づき[編集済]します。登山者はSCP-1529と目を合わせてから1~2時間で低体温症により死亡するようです。これは山頂付近で立ち往生した登山者が普通の低体温症で死亡するよりもはるかに短時間です。SCP-1529の犠牲者の死体は劣化の進行が極端に速く、何十年単位で山の環境にさらされてきた死体と同じ程度まで腐敗・ミイラ化するまでに、数時間から数日しか要しません。

1924年以来、エベレストの標高が高い部分でおよそ220人の登山家が死亡してきましたが、そのうち少なくとも██件はSCP-1529が原因と考えられています。SCP-1529との遭遇から生還した█人の生存者は(1529-1を除く)ほぼ全てのケースで、SCP-1529が身体的に接触する前に、他の登山者によって援護されています。SCP-1529には一度に複数の登山家を錯覚させる能力が備わっていないようですが、身体的な接触があった場合は複数の登山者が[編集済]に至ると現在までに分かっています。SCP-1529の目的や動機は不明です。インタビュー1529-1内の推論も参照のこと。

インシデント 1529-1:
19█年█月█日、SCP-1529が標高7775 mの北ルート第5キャンプに侵入し[編集済]しました。第5キャンプ監視ステーションで任務にあたっていた財団職員を含む█人が死亡しました。財団のメディア工作により、死亡した現地ガイドの████ ████氏による登山計画の不備と、突然の吹雪が原因と偽装されました。SCP-1529が夜間に活動状態に入ったうえに、望遠鏡による位置確認が間に合わなかったため、SCP-1529は当時監視下にありませんでした。当該SCPの8000 m以下への移動、および人がいるキャンプへの侵入が記録された最初で唯一の例です。

インシデント 1529-2:
20█年█月█日、エージェント███████は中国の常設施設から活動状態のSCP-1529を望遠鏡により監視していました。██████は、SCP-1529が施設の方向を向き、望遠鏡の方向を直視してることに気づき報告しました。██████は、SCP-1529との遭遇による障害と一致する症状を訴え、SCP-1529が施設の方向へ下山し始めたと報告しました。██████は自力で望遠鏡から離れる事ができなかったため、17分後にやむを得ず他の職員により押さえつけられて鎮静剤を投与されました。このエージェントは直ちに施設の医務室に運ばれましたが、遭遇の間は常に室温24℃の室内にいたにもかかわらず、中核体温が27℃で手足の指に凍傷の兆候が現れました。監視を再開しようとした別のエージェント█████はSCP-1529がさらに下山しようとていると気づきました。このエージェントも似たような症状を示しました。SCP-1529が下山を止めて不活性状態にあると航空機から██/██に確認されるまで、監視は中断されました。

インタビュー ログ 1529-1:

ログを開く


補遺: 20██年██月██日に、█████の█████ █████山頂エリアでSCP-1529に似た外見の登山者の姿が監視用航空機から撮影されました。█████政府が登山を禁止したため、民間人への脅威は現時点で無視できるレベルです。航空機および衛星による█████ █████山の監視は、常設の監視ステーションを確立できるまで継続されます。


  • 最終更新:2016-06-19 14:28:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード