SCP-1488

SCP-1488 - Partially Roboticized Tortoises (一部ロボット化された亀)
© rcletus 2013
SCP-1488_wtfturtle3.jpg
回収ユニットR3V-1488-6によって撮影されたSCP-1488-███。

Item #: SCP-1488

Object Class: Euclid

取扱方: SCP-1488-001からSCP-1488-214 (*1)はサイト-15の地下飼育室において、メキシコ、マピミ砂漠の気候条件を模倣した人工日照と適切な季節変動を含む気侯制御下に収容します。食料と水は、鉛で裏打ちされた扉を備えた保安通路を通して供給することが可能です。SCP-1488実体からの信号送信を検知するために飼育室全体にアンテナが設置されており、少なくとも24時間毎に、1名の研究員が飼育室に入って記録を回収しなければなりません。電磁パルス (EMP) 装置は飼育室の中心部に再配置されており、常時起動の準備が整えられた状態に維持されなければなりません。

6両の自動制御型遠隔回収車両(R3V-1488-1から-6と指定)がメキシコ北部の様々な地点に展開されており、SCP-1488の候補個体を回収して目録化し、タグを付けて解放するか、サイト-15へ移送してSCP指定を与える任務を遂行しています。SCP-1488に割り当てられた次席研究助手はR3Vユニットとサイト-15との定期通信が維持されるように務め、全ての通信を24時間以内に評価して記録しなければなりません。

未だ登録されていないSCP-1488候補個体が大量に存在することを踏まえ、潜在的にSCP-1488実体が存在する可能性のあるオンラインオークションサイト、野生生物保護区、認可されていないペットショップを能動的に監視し、適宜プロジェクト主任に通知するために2名の次席研究助手が常時割り当てられています。問題の種に対しては複数の保護/野生復帰活動が行われているため、これらのプロジェクトを監督する1つ以上の著名な機関に財団職員が潜伏しています。

SCP-1488_bluemarble.jpg
SCP-1488-███(無力化済み)から除去された球体型通信装置。
概要: SCP-1488実体は当初、電子的、機械的な増強を受けたメキシコゴファーガメ (Gopherus flavomarginatus) だと考えられていました。しかし大規模な調査により、成長した実体は若い実体よりも平均して多くの合成部品を持つこと、異常な親個体も非異常性の子孫を残す能力を持つことが示され、さらに近年の古生物学的発見 (*2)から、現在見られるものよりもより多くの合成部品を持った種が存在していたことが指摘されています。これらの知見に加え非常に多くの実体が発見されている (*3)ことから、メキシコゴファーガメという種自体の大部分または全体が、現在のところ不明な手段によってゴファーガメ属 (Gopherus) に対して様々な同化段階にあるロボット車両で構成されていることが強く示唆されます。

SCP-1488実体かどうか検査されたリクガメの大部分は完全に生物学的で非異常性であり、マピミ盆地の生態系に完全に組み込まれています。しかし、これまでに回収された個体のおよそ8.5%は甲羅の頂点に埋め込まれた「痕跡的な通信装置」を有することが判明しました。これは合金製の球体で複雑な内部構造を有し、直径は均一に18ミリメートルです。回収された装置はほぼ全て動作可能であると思われ、定期的に████から████Hz帯域の信号を発します。通信装置はこれまでのSCP-1488実体で観察されている最も一般的な異常ですが、次の構成要素を1つ以上伴っていることもあります。

  • 1本以上の四肢の部分的なロボット化
  • 背甲の下に埋め込まれた太陽電池アレイ
  • 目盛りの刻まれた一連の光学レンズ
  • アルファ粒子発生器の痕跡を持つ分光計
  • 採掘、掘削用工具
  • 電磁ソレノイド式アクチュエータ
  • 円柱形または円筒形のビットが付属したドリル

上記の構成要素は例外なく動作せず、多くはその形状からのみ機能が推測できることに注意すべきです。

事件1488-デルタ: 199█年██月██日、3両の稼働中R3V-1488ユニットの2両から同時に████Hzの無線周波数帯域の信号が大幅に増加したことが報告されました。同時にサイト-15の受信機アレイにおいても同様の事象が発生し、これらの事象は合計で132秒間継続しました。およそ70時間後、赤経██時██分██秒、赤緯███度██分の不明確な地点から「応答」がありました (*4)。発信された信号が比較的狭い周波数帯域に留まり短時間であったのと対照的に、受信された信号はかなり広い帯域を占め7時間45分継続し、[編集済]のような全世界的に観測できる様々な放射線、気象、地質学的に前例のない現象を引き起こしました。1488-デルタの後、このような事件が繰り返される可能性を低下させるためにSCP-1488実体の封じ込め手順は更新され、SCP-1488に割り当てられたR3Vユニットの数は2倍に増強されました。

  • 最終更新:2016-06-19 13:27:25

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード