SCP-1471

scp1471.jpg
動作不能状態にされる前にSCP-1471-9405が受信した画像
SCP-1471 - MalO ver1.0.0 (MalO ver1.0.0)
© Lurk D 2013

Item #: SCP-1471

Object Class: Euclid

取扱方:
すべてのSCP-1471がインストールされたモバイル機器は没収され、他に影響を受けた機器が無いか手がかりを探すために分析されます。その後、影響を受けたモバイル機器はバッテリーを外され、識別番号付けがされた後(例:SCP-1471-#)、研究施設45の保管ユニット91に保管されます。

すべてのモバイル機器向けオンラインアプリケーションストアは、SCP-1471の不注意による流出を防ぐために監視されます。不審な機器は、エージェントの手で回収されるまでの間、自己アップロード型マルウェアを用いて動作を妨げられることになっています。

概要:
SCP-1471は9.8MBのサイズの無料モバイル機器向けアプリケーションです。オンラインアプリケーションストアで発見された際の名前は"MalO ver1.0.0"でした。SCP-1471には開発者についての情報が載っておらず、何らかの方法でストアの審査をくぐり抜けて配布されるようになったと見られています。SCP-1471は他のプログラム管理ソフトを用いたアンインストールを避けるという特性も持っています。

SCP-1471をインストールしても、アイコンやショートカットは作成されません。インストール後、SCP-1471は3-6時間毎にテキストメッセージと共に1つの画像を送ります。すべての画像にはSCP-1471-Aが背景か前景に含まれています。SCP-1471-Aは大きなヒト型の人物で、イヌ科動物のような頭蓋骨と黒い体毛を持っています。

SCP-1471をインストールして24時間経つと、モバイル機器は持ち主がよく訪れる場所で撮られた画像を受信します。48時間経つと、モバイル機器は持ち主が最近訪れた場所で撮られた画像を受信します。72時間経つと、モバイル機器は持ち主の今現在を撮影した、持ち主のすぐ近くにSCP-1471-Aがいる画像を受信します。

90時間より長い時間この現象に晒された人物は、周辺視野や反射面を通してSCP-1471-Aの存在を視認できるようになります。この状態からさらに長い時間晒されると、SCP-1471-Aを視認できる状態が不可逆になり、より強くなります。この状態に至った人物については、断続的にSCP-1471-Aと視覚的なコミュニケーションを取ろうと試みる動きが観察されていますが、その意図や内容については不明です。現在判明している唯一の予防法は、90時間を過ぎる前に対象の人物を画像から遠ざけ見せないようにするというものだけです。

現在のところ、SCP-1471-Aが明確に危害を加える動きを見せたという報告はありません。

[レベル-2アクセス必須]


  • 最終更新:2017-03-12 19:14:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード