SCP-1412

SCP-1412 - Two Dead Sisters (枯れた姉妹)
© アカウント削除のため原著者不明 2012
sister-1.jpg
SCP-1412の根本

Item #: SCP-1091

Object Class: Safe

取扱方: SCP-1412はセクター28において、部分的に通気性のある土で満たされた2 m x 2 m x 7 mのテラリウム内で保管されます。封じ込め容器内の空間は湿度のためにフィルタリングされ、酸素と二酸化炭素のための典型的な換気が行われます。

概要: SCP-1412を構成する二本はCryptomeria(杉)の木に非常によく似ており、高さは4.45 m、根本での直径は1.21 mです。その二本は、類似の生物学的プロファイルを有しており、外観はごくわずかに異なります。木の樹木年代学調査は木の幹の内部に年輪がないため、決定的ではありません。現代の年代測定法では、█カ月から65歳までの様々な結果が出ます。樹皮サンプルの精密検査は、細胞活性の欠如を示しています。

SCP-1412は、成長を通して動くことができます。正面の胃袋は木の根本の下部に位置し、植物質や動物質を消化します。そして、推進力を得るために異常なほどの速度で加工して樹皮を生成し、効率よく前方に押し出します。このように食事することはSCP-1412の存在自体には重要でないようですが、ほどんどの例では機会を与えられればどちらか一方が動こうとすることが示されています。SCP-1412は人間を消費せず、移動に使う食料備蓄のための積極的な狩りはしません。

研究者メモ:動くために必要なエネルギー量は小さいが、このエネルギーは非常に早く消費されるようだ。ここから、エネルギーなしの場合のSCP-1412の運動性から推測された、これらの木が少なくとも600年の時間をかけて動いた距離と、新しい植物質を育てるのにかけた時間が示される。これは、SCP-1412は密集地帯では早く動き、不毛地帯では新しい食物が食べられるようになるまでは比較的活動が穏やかな状態になっていることを意味する。Sanders研究員が作成した過去200年のSCP-1412達の移動ルートは、添付の図を参照。円は不活性状態であった場所を示している。

1412 トラッキング地図


テスト中には、木の根本の近くに開いたうろに置かれた死体は押し出され、消化または咀嚼された証拠はありません。

その二本は比較的近い距離での移動を好むようです。どちらのSCP-1412についても最高速は8ノットを記録しています。

樹皮の大部分はひどく破損して炭化しているようにみえ、その原因は例年の雨によるものと推測されます。少量の水(1リットル)の添加は、SCP-1412の樹皮の燃焼を引き起こします。木の破損した部分は修復さないように見えますが、これは移動速度や異常行動の減少を引き起こしません。樹皮の火はかすかな紫色を示し、およそ200℃で燃焼します。このプロセスを誘発しているメカニズムのさらなる研究がまだ進行中です。その二本は、1300℃までの温度の炎に対する耐性があります。

SCP-1412は2010年に天竜奥三河国定公園で、その地域にハイキングに来ていた民間人のグループによって発見されました。そのグループがインタビューされて記憶消去が承認されると共に、同時にエージェントBreenとSanders研究員によって探索が行われました。チームはねじれた道に沿って、鬱蒼とした森の中を23ヘクタールにも渡り水平に伸びた木の幹があることを報告しました。その枯れた樹皮を囲むエリアは不毛でしたが、その範囲は抜け殻の両側の約1mに限定されていたと報告されています。SCP-1412は、2日にわたる追跡の後、最終的に阿寺の七滝の近くで発見されました。詳細については、封じ込め報告1412を参照してください。

補遺1412-A:サンプル分析

SCP-1412の内部についてのさらなる試験により、一時間当たりの放射線量が無視できるほどに小さい(0.89マイクロシーベルト)が明らかになりました。 SCP-1412の断面から、らせん状に山になった灰色の石灰質な物質が心材の80%近くを置き換えていることが明らかになりました。

封じ込め報告からの音声:1412

Sandersと私はおよそ二日間抜け殻をたどり、阿寺の七滝に着いた。私たちは SCP-1412を構成する二本が阿寺の七滝の断崖の上で、崖に対してせり出すように傾いているのを見つけた。Sandersは検査のために少し近づいたが、彼女は別に珍しいものを見つけられなかった。幹の下部近くの微かな紫色の輝きを除いて、だが。その輝きは少しだけ熱を帯びていた。動く様子は全くない。私とSandersは回収装置を呼び出した。

注:木はほとんど川に落下しかけていました。回収作業は、川岸の下に軌道を妨害する大きな岩があることを明らかにしました。

  • 最終更新:2016-06-26 20:24:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード