SCP-1394-J

SCP-1394-J - Upside-Down Connector (さかさまの端子)
© dragonnyxx 2012
SCP-1394-J.png
挿入直前の SCP-1394-J

Item #: SCP-1394-J

Object Class: Euclid

取扱方: SCP-1394 は 1995年に収容を逸脱し、これを再収容するあらゆる試みは失敗に終わっています。SCP-1394-J を別の規格に代替する事 (サンダーボルト計画を参照してください) をふくむ現在の試みは、現時点では限定的な成功に終わっています。

概要: SCP-1394-J はあらゆるユニバーサル・シリアル・バス (USB) Aタイプ規格、つまりコンピュータのキーボードやマウスに接続する際によく見られる、長方形の端子の個体です。すべての既知の SCP-1394-J の個体は対応するUSB Aタイプのソケットに挿入しようとする際に異常性を示します。 使用者がいかに注意して SCP-1394-J とソケットの向きを調べても、最初の挿入の試みる際には必ず向きが逆になっていることが判明します。使用者が SCP-1394-J をひっくり返し再度挿入しようとすると、再び向きが逆であると気づきます。3回以内の試みで SCP-1394-J を正しく挿入できた事例は存在せず、SCP-1394-J を正しい向きにできるまでに平均4回の試行を要します。

この性質は SCP-1394-J の使用者に対し直接害を与えませんが、端子を正しく接続するために、使用者は SCP-1394-J の向きを変え続ける余計な時間を要します。この時間の浪費によって失われる生産性は ████億米ドルと試算されます。

  • 最終更新:2016-07-02 18:36:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード