SCP-1326

scp-1326.jpg
閉じており不活性状態のSCP-1326
SCP-1326 - The Lexicon (語彙目録)
© MrCobalt 2012

Item #: SCP-1326

Object Class: Euclid

取扱方: SCP-1326はサイト19の標準収容室に収容し、部屋の外には使用済の印刷物(新聞や雑誌等)の箱を保管します。この箱から1冊の雑誌を予防措置としてSCP収容室に残し、"給餌"の間に交換しなければなりません。3週間毎に職員は収容室内でこのSCPの表表紙の30cm以内に本を持って行って、活動が停止するまで"給餌"し、その後その雑誌を破棄して別の印刷物をSCP-1326の部屋の外にある箱から入れ替えなければなりません。前述の処置の実行を怠り、このSCPがSCP-1326-2を解放した場合、SCP-1326の収容室は全ての実体がSCP-1326に戻るまで封鎖し、その時点で封鎖を解除して、この事象中に吸収された雑誌は即座に入れ替えなければなりません。SCP-1326の全ての読本はD-クラスのみが行い、内容が安全または財団にとって役立つ場合は、これを複写して文書1326-82として財団コンピュータに保存します。

概要: SCP-1326は左上部の角に数字の付いた円形のダイアル、末端に機械の爪または円形のレンズが付いた中央を交差する幾つかの接合された機械式アーム等の様々な可動式の飾りが表表紙に付いている、飾り立てられた革装丁のハードカバー本です。SCP-1326は右側にある、SCP-1326-1と指定された小さな鍵に対応するよう設計された施錠によって固定されています。

SCP-1326はSCP-1326-1でのみ開けることが可能です;ピッキングツールまたはSCP-1326-1の複製を使用した解錠の試みは失敗しました。

SCP-1326の内容は多様な話題の様々な作品や記事が集められた百科事典のように見えます。これらの見出しの性質は既知の著者の既知の作品、既知の作品の改変版、既知または未知の資料をカバーした未確認の作品と幅広く変化し、財団管理下または外にあるSCPに関わる資料も含まれています。開かれた時にSCP-1326が与える内容は、本の表表紙にあるダイアルで"索引番号"を入力することによって変化します。これらの数字はどの分類システムにも従っておらず、索引の数字と与えられる内容の相関性は判明していません。SCP-1326内で確認された作品の一覧

SCP-1326の1m以内に他の本または文書を持ってくると、自発的に表紙の腕が末端についたレンズでその文書を整列するために動き始めます。一旦整列すると、そのレンズは青色の光を発して、約5秒間文書をスキャンし、その後元の位置に戻します。実験によりこの行動はこのSCPが新たな情報を取得するための手段であり、この情報は明らかに不規則な目次指定の下で読みやすい形式で示されることが確認されました。どのようにしてSCP-1326が情報源を確認しているかは不明ですが、職員は特定の感性の程度があるのだと推測しています。また財団職員の個人識別票や天井のタイルの集まりでのスキャンが確認されているため、この本は単に反復するシンボルまたはパターンに反応している可能性もありますが、このようなスキャンでは完全な本や文書でのスキャンより短いことが記録されています。

SCP-1326は定期的な"給餌"が無い場合は敵対的になり始めるため、毎月1回新しい資料を提供するよう勧められています。詳細は事案報告1326-█を参照してください。

事案報告1326-█


  • 最終更新:2016-06-17 03:38:40

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード