SCP-1257

SCP-1257 - Agent Danny of the SCP (SCPのエージェントダニー)
© sandrewswann 2013

Item #: SCP-1257

Object Class: Safe

取扱方:
SCP-1257の全てのコピーは、SCP-1257-1,SCP-1257-2,SCP-1257-3の全てを含め、サイト-██で安全な記録媒体金庫室に保管されることになっています。
SCP-1257の収容されていないコピーは、どのようなものでもMTF Mu-53(「エバートの親指」)によって回収または破壊されることになっています。MTF Mu-53にはSCP-1257のオリジナルそのものの見た目が広く知れ渡る前に、それがどのような形で現れたにしてもプロトコルγ-1257-A(コードネーム:「悪徳政治家の復讐」)に従ってその情報を別のものに取り替えるための仕事を課されているからです。 (*1)

SCP-1257のコピーを権限無く見た人、またはSCP-1257についての証拠を知っている人は財団調査部によって調査され、クラスAの記憶処理を施されるとともにSCP-1257がいたずらであるという確信を後催眠暗示によってより効果的に思い込まされます。 (*2)

SCP-1257の研究は財団調査部による承認を条件として、レベル3以上の財団研究員に限定されています。

概要:
SCP-1257は197█年に███テレビ放送網で6つのエピソードが放送された「いけいけダニー」と題されたアメリカ製の30分間のコメディ番組です。
SCP-1257-1は最初に作られた全12のエピソードの本番フィルムで、198█年に███アーカイブから回収されました。SCP-1257-2は脚本と撮影台本とそのコピー(未放送の4つのエピソードを含む)です。SCP-1257-3は実際に放送された6つのエピソードの他の全てのビデオ録画です。

SCP-1257の異常な特性は、オリジナルシリーズのすべてのビデオのコピーと、それらの脚本のコピーに明白に現れます。
毎年9月中旬から始まり、いけいけダニーのビデオ録画と脚本は新シーズンのエピソードを反映して内容が変化します。新シーズンはエピソード1から始まり、毎週各話が適切な順番で進んでいきます。財団は各シーズンの1~16話までは関与していますが (*3)、SCP-1257の各シーズンには約24話まであると表示されています。
さらに、SCP-1257の新シーズンが時折"スペシャル"な1時間を放映した場合、コピーはいつもSCP-1257が放映した"スペシャル"の半分の時間しか再生することが出来ません。
SCP-1257の最初の6つのエピソードの最初の地上波放送のビデオのコピーは特例となっています。
SCP-1257と同時に記録されるコマーシャルはSCP-1257の内容に一貫性のある変更が表示され、時折SCP-1257の世界と我々の世界との間に複数の相違点が見られるニュース放送と天気予報を放映しました。

SCP-1257のオリジナルの前置きは、結婚前に既に息子が居た白人女性と結婚しているタイラー(ホイットマン・メイヨーが演じる)という黒人男性から始まっています。パイロット版のエピソードの前に女性が死亡した時、男は女性が残した息子ダニー(ダニー・ボナデュースが演じる)を自身の子のように育てたというものです。
財団によって回収されたオリジナルシリーズの感想は一般的には不評で、"サンフォード・アンド・サンエディの素敵なパパの間に生まれた望まれない子"と評されました。
SCP-1257の異常な特性のため、財団はシリーズの元の内容のあらすじを復元することしか出来ませんでした。


付録1:財団管理のもとで視聴されたSCP-1257のいくつかのエピソードのメモ

ドキュメントS-1257-11


  • 最終更新:2016-06-19 00:28:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード