SCP-1180

SCP-1180 - A Lovely Bunch of Coconuts (愛らしいココナッツの房)
© Skara Brae 2012
scp-1180_1.jpg
移植前のSCP-1180

Item #:SCP-1180

Object Class:Safe

取扱方:移植サイトの近辺に監視カメラを取り付けます;原則、映像の変化を毎週検査します。SCP-1180の近辺で作業する人物は安全帽の着用が義務付けられます。落下した全ての個体及び新しい果実は植物学研究主任に即座に報告しなければなりません。

概要:SCP-1180は外観上、Cocos nucifera(ココヤシ)と同一です。研究班が"狂気のヤシ"という地方の噂を調査するよう派遣された際にその異常性が確認されました:目撃者は、この植物が不注意な通行人の頭部にその巨大な核果を故意に落としたと主張しました。この標本は研究セクター-09の外部境界線から16km未満にある細い海岸で比較的孤立した状態で成長しているのが確認されました。

SCP-1180はCocos nuciferaの標本と同じ率で成長、結実します。唯一の表面上の生物的異常特性はその果物から発せられる雑音及び打音です。核果が成熟期に達すると、これらの音はより大きくなります。X線撮影では通常のココナッツと同一の結果が得られました。

人間の被験体を用いた実験で、この生物は保護と繁殖の為に特異な適応を備えている事が示されました;樹木自体が損傷に晒されやすい状態の間、樹木の果実を開放・切断するよう指示された被験体は重度の情緒的苦悩を示しました。

付録7/29/██:
エージェント・ガストの回収記録より抜粋:
この生物を調査している間、適切なヘッドギアを装着した研究班が事故に見舞われることはなかった。回収班曰く"打音"といわれる静かな音を成熟したココナッツの中から聴くことができる。堀削した根の塊は密に入り組んでおり、未知の種の昆虫も発見された。数日の観察で同様の結果がもたらされた;ヤシは更なる実験の為にセクター-09の土地へと移植することが決定された。何事も無く移植は実行された。

付録8/9/██:
アクセスはレベル3以上の職員に制限されています

実験記録8/7-14/██


付録8/14/██:
新しい果実で最大の個体はSCP-1180-8と指定され、現在直径110mmあります。飼育者は外皮の中から打音がすると報告しています。

  • 最終更新:2016-06-19 00:03:23

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード