SCP-118-KO

metallic-part-gear_w715_h725.jpg
SCP-118-KO
SCP-118-KO - 만인의 구세주 (万人の救世主)
© youngguc 2015

Item #: SCP-118-KO

Object Class: Keter

取扱方:
現時点でSCP-118-KOは███の████に特殊収容サイトを建設し、そこに収容しています(詳細な位置に関する情報は、セキュリティクリアランスレベル5が必要)。SCP-118-KOの収容は、無人システムのみで行われます。SCP-118-KOの半径1km以内に接近しようとする全ての生命体は、自動警備システムによって射殺されます。SCP-118-KOの半径1km以内に存在する、人間に対する直接的な脅威をもたらす全ての存在は除去されなければなりません。SCP-118-KOの収容違反が発生した場合は、「仮病の人間」作戦を介してSCP-118-KOが収容できるよう誘導してください。

概要:
SCP-118-KOは成分の不明な金属で構成された、大きさが10cmの歯がついた円形の物体です。SCP-118-KOは活性化したときを除いて、何の異常性も見せません。しかし、SCP-118-KOの半径1km以内に危機的状況 (*1)に瀕している人間が存在する場合、即座に活性化します。SCP-118-KOが活性化すると元の場所から消失し、危機に瀕している人間の頭の上に出現します。この状態のSCP-118-KOは、強い物理的な力と精神操作を行使する「救助」の状態に突入します。

救助状態のSCP-118-KOは脅威をもたらす人間や動物に穏やかで幸せな感情を植え付ける精神操作を行い、敵愾心を取り除いて撤退させます。天災や交通事故などの大きな災害に起因する危機的状況が発生した場合、危機に陥った人間を物理的な力で持ち上げて直接安全な場所に移動させたり、人間を襲う自動車や土砂のような物体を防ぐなどして安全な状況を作り上げます。守ろうとした人間がその場で死亡しそうなほど切迫した状況である場合、瞬間移動を行った事例も存在しています。

SCP-118-KOの異常性の行使の目的は、あくまでも危機的状況に陥った人間の安全を確保することであり、この過程は極めて人道的であり危険の要因に直接的な危害は加えないという点に留意してください。人間が安全な状態になれば、SCP-118-KOは半径1km以内に危機に瀕している人間が現れるまでその場で非活性化します。

補遺:
1996年、███においてマナによる慈善財団の大規模な集会が開かれたため、財団は彼らの行動を監視し、記録しました。以下の文書は、集会当時に行われた演説を記録したものです。

この嬉しき日にお集まりいただき、本当にありがとうございます。(中略)神はこの地に降臨なさり、全能で慈悲深い力によって哀れな魂をお救いくださりました。ただ可哀想な人々の魂を救いたいという信念のみで、崇高で神聖な奇跡を起こしになる神の姿は、絶望に陥った人々に差し込む一筋の暖かい光のようにきらびやかに輝く救世主の姿そのものでございました。
たとえ神の奇跡には及ばなくとも、私たちの目の前には、私たちが作り上げた1つの奇跡があります。ただ危険に晒され、哀れで力のない人々を救うためだけに、その驚くべき力を発揮するこの奇跡は、私たち、マナによる慈善財団を象徴します。皆さま方、私たちの信じられないほどの奇跡が今、この地で始まることでしょう。

演説が終わると同時に、メンバーが輝く何かを空に打ち上げました。以降、███でSCP-118-KOの最初の発見記録が残されていることから、この集会がSCP-118-KOの起源であると推測されます。

SCP-118-KO特殊収容サイト管理官ハルプス博士の通告
私は「SCP-118-KOは何故オブジェクトクラスがKeterなのですか?」などという愚問を何度も聞かされるとは想像もしていませんでした。この機会にSCP-118-KOの危険性を説明しますので耳の穴をかっぽじってよくよく聞いておいてください。SCP-118-KOは客観的な価値判断をせず、危険に瀕するだけでそれがどんな人間であってもその危機的状況から救いだします。このことは、9歳の純粋な子供であろうと数十人の人間を殺した殺人鬼であっても危機に陥りさえすれば無条件で助けてしまうという意味です。

今これを財団に代入してみてください。世界の滅亡を遅らせるためにとても言葉で表現できない苦痛を受けている女性、現実改変能力のために一生を眠ったままで過ごし廃棄が検討されている少女、それに加えてクソアベルの収容状態を危機的状況だと判断して収容違反させてしまう可能性があります。財団内にはこのような苦痛を与えて絶望させることにより、世界を救うことができるSCPオブジェクトが数え切れないほど多いという事実を確認すればSCP-118-KOの危険性も十分理解できるはずです。

もしSCP-118-KOの危険性を軽視して収容違反を引き起こすような失敗を犯した場合、SCP-118-KOの危機に陥った人間に転移する能力によっていつこれらのSCPオブジェクトに接触してしまうか、誰も分かりません。KeterクラスのSCPオブジェクトが大量に収容エリアを飛び出していく光景を見たくないのであれば、SCP-118-KOの収容に総力を注がなければならないという事実を忘れないでください。

  • 最終更新:2017-01-21 22:04:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード