SCP-1117

SCP-1117 - Feasting Table (御馳走テーブル)
© Basilisk9466 2012

SCP-1117-christmasfeast01.jpg
発見時のSCP-1117-1。テーブルクロスには異常性質が無いことが判明した。
Item #: SCP-1117

Object Class: Euclid

取扱方: SCP-1117-1はサイト-██の標準型安全保管庫に収容されます。いかなる状況でも、職員が収容室に入室すること、オブジェクトと相互作用することは許可されません。偶発的な曝露または実験によって生成されたSCP-1117-3は、接触を最小限に留めた隔離状況下に置きます。

概要: SCP-1117-1は長さ90cm・幅150cm・高さ75cmの木製ダイニングテーブルです。実験によって、製造から約70年が経過していると示されており、異常な保存特性は見せていません。

SCP-1117-1は、SCP-1117-2と指定される、様々な食べ物・飲み物を積んでいます。対象者によって消費されたSCP-1117-2は急速に置換されますが、テーブル上の正確な料理内容は一貫していません。分析ではパターンが見出されず、世界中の文化から料理や製品が観察されています。対象者は食事中、大いに楽しんでいる様子を見せます。実験により、対象者はテーブル上から皿を除去し、余所で振舞う事が可能であると示されました。齎される結果は同様であり、食品の原点を知らない対象者は依然として”非常に美味しい”と述べます。

SCP-1117-1から飲食物を摂取した人物は、いずれも二次的な効果の対象となります。SCP-1117-3と指定されるこれらの人物は、空腹を感じるたびにSCP-1117-2を近くに自然発生させる能力を持ちます。SCP-1117-3は自身が”見つけた”食品以外を食べることには強い抵抗感を見せ、SCP-1117-2をこれ以上無い美味しさであると述べます。SCP-1117-3が他者とSCP-1117-2を分け合った場合、この効果は拡散します。これらの効果を別とすれば、”見つかった”食品はその他の食品と区別が付きません。

SCP-1117曝露の副作用は、およそ一週間後に表れます。活動的なライフサイクルを持つ人物は、明白により早く影響を受け、わずか数日で症状を示し始めます。SCP-1117-3はエネルギーレベルの着実な減少を見せ、疲れやすい体質になります。SCP-1117-2を継続的に摂取することで効果は増大します。最初の曝露から3~6週間で、対象者は見たところエネルギー不足によって、あるいは理論上無害であるはずの感染症によって死亡します。異常な生理学的影響は見られず、解剖の結果は概ね決定的とは言えないもので、事前に確認されていたエネルギー排出現象に一致するダメージは一切見られません。

影響を見せ始めた後のSCP-1117-3に、SCP-1117-2以外の食品を摂取するよう強制すると、全てのケースにおいて極端な吐き気と致命的な不整脈を引き起こします。解剖によって、リン酸塩・マグネシウム・カルシウムの深刻な枯渇が主な要因であると示されたものの、この枯渇の原因は不明です。

当該SCPの急速に拡散する能力を踏まえ、SCP-1117-1は使用禁止が宣言されています。フィールドエージェントは、一般集団におけるSCP-1117曝露の徴候に注意することが推奨されています。

補遺:
鍵を掛けて閉じ込めておけ。研究はどん詰まりで、こいつは明らかに我々の役には立たない。一般集団内での感染の兆候にだけ気を払い続けてくれ、これが外に出たら大流行の可能性があるからな。このプロジェクトは全く以て気が滅入る ― ここでは日常的に山ほど死亡者が出るというのに、実験では未だに謎を解明できないままだ。少なくとも、死体のほうが場所を取らないのは確かだが。

██████博士

  • 最終更新:2016-06-18 23:49:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード