SCP-1113

creepytop.jpg
SCP-1113の受動的な状態 既存の独楽の上に女性型の人形が載っている
SCP-1113 - Lachesis' Spinner (ラキシスの紡ぎ車)
© deValmont 2012

Item #: SCP-1113

Object Class: Safe

取扱方:
受動的な状態ではリスクの原因とならないことから、SCP-1113は、標準的な封じ込め室での安全なボックス内に保存することが可能です。試験の為に必要な場合は、レベル3以上の研究者による署名が必要です。Dクラス職員の生死に関わる試験を行う際は、開始前に上級スタッフによる書面での承認がを受けなければなりません。

概要:
SCP-1113は、中空の銅製の土台を持ち、ひどく錆びていて、以前塗装されていた時の青く小さな斑点が残っている小さな独楽です。上側の部位は女性を象った陶器製の人形で、エナメル塗装がしてあり荒い木綿で出来た青と茶色のブラウスを着ています。このブラウスは、人形本体を回転させて上から紐で巻いて包んだ形をしています。この人形は、銅製の土台に1915年頃の製造と推定される樹脂状接着剤で取り付けてあります。銅製の部位は、紀元前50年頃(プラスマイナス40年)鋳造と熱ルミネッセンス年代測定法により推定されています。一体の合金としては欠陥があり、上部内側の削り跡から、青銅部は修正してあり以前には別の物との組み合わせで使われていたことが推測できます。

SCP-1113を手で回転させる人物は、この独楽が回っている限りは、加齢や、老化や病気による影響による身体の変性を受けません。独楽の自動回転ロボットを用いた試験では、十分な力(人力で現実的に可能な最大レベル)で回転させた場合、14時間まで回転させられる事を示しています。独楽を回転させている間は、回転以前に傷が有ったとしても、また最中にいかなる傷が発生したとしてもその影響を受けません。独楽が回転中は、生命を脅かす怪我を受けたとしてもその個人は不死となります。

████において、財団へコネクションがあるロンドンメトロポリタン警察の職員が報告したことでこの独楽は財団の注目を集めました。彼は、英国ブライトンで、近隣からの悪臭の通報によるサセックス警察の捜索で押収した証拠を報告しました。家宅捜索で、約70年前死亡と推定される男の死体を発見しました。死体は床の上にあり、片方の腕でソファの下へ手を伸ばした状態にありました。警官は、ソファの背面で独楽を見つけました。死体の右の手のひらは、指の付け根は重度に硬化、手のひらはおよそ1cmの深さで燃焼か摩擦による焼灼を示していました。このような大規模な損傷を起こすには、紐と手の間で数週間もの間連続して摩擦させる事が必要であると推測されています。またこの行為は、右肩関節に酷いダメージを引き起こし、腕は回転する独楽に届かせる為に引っ張られることで、重大な脱臼を引き起こします。

アパート内で見つかった死体からは非常にわずかな個人情報しか見つからず、19██年から住むリチャード・マーク・パイパー氏であるとのみわかりました。見つかった運転免許証と出生証明書から、故人は18██/12/24生まれと判明しました。補足資料に記載してある詳細は、主に故人の家で発見された論文のセットや警察による近所からの聞き込みから成っています。

補足資料1113-2C:リチャード・マーク・パイパー氏の論文の断片(原文ママ):

19██年1月:

これは間違いなく動作する。どのようにして動くのかは確信が無いが、独楽を回し始めるたび、干からびそうな男が水筒の水を貰うときのように私の手は開く。もしもっと早くこれを持っていたなら、私はこの戦勝を手伝うことができたのに。

19██年4月:

クラブに居る人々はいつも私に、年齢の割には良い見た目をしていると言う。実年齢60歳で外見年齢が50歳との印象を皆が持っている。もし彼らが真実を知ったらどう思うだろうか?私は最後の戴冠式を覚えている最後の1人になれる!本当に驚異的な独楽だが、私が見つけたこれを世界中に伝えたら私の手から取り上げられるだろう。そんなことは私も知っている。もしこれをレイチェルに使わせたら、しばらくもっと輝かせる事ができるだろう。しかし彼女は他の友だちに言うのを我慢できないだろう。女性は新しいナイトクリームを見つけたら、それを他人に言うのを我慢出来ないのと同じようなものだ。

20██年6月:

しっかり侍てなくなた、手がひどくひりひりする、けどとめられない、あの刈り取る者が私をみてる、あの刈り取る者を長く待たせすぎた、もう彼女ほんのすう分でも一どに回すのが辛く辛くなってる。おどららせつづけなければならない、こんなに姜しく踊るのだから。

しにたくない


補遺:
強迫的に独楽を使用するようになることが、このアイテムの効果として明らかになりましたが、私達はこれは単なる心理的な影響なのか、それともSCP自身が作り出す条件付けなのかの証拠は得ていません。これが判明するまで、Dクラス職員のみに使用を制限することを提案します。

  • 最終更新:2016-06-18 23:49:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード