SCP-1104

scp1104.jpg
成虫期のSCP-1104
SCP-1104 - Nose Crab (鼻裂き蟹)
© Rhoark 2012

Item #: SCP-1104

Object Class: Keter

取扱方:
適切な手段が開発された場合にSCP-1104を完全駆除することが承認されています。SCP-1104の個々の実例は簡単に終了されますが、SCP-1104は████████北西部の地下地層における固有種であるため、致死薬剤をSCP-1104の(推測)主要固体群まで到達させることは困難です。周囲直径10kmがサイト-104に指定され、絶滅危惧種の保護を装って公共から封鎖されています。職員はサイト-104にいる間はN100空気濾過マスクを着用しなければなりません。(許可された財団職員以外の)サイト104に入った10kgを超える哺乳類生物は汚染されたとみなし、サイトにある施設で焼却するべきです。

概要:
SCP-1104は暫定的に鋏角亜門に属すると同定される種です。SCP-1104のライフサイクルは少なくとも二つの別個の段階で構成され、最初は直径約0.4mmの幼虫期です。不規則な間隔で、幼虫のSCP-1104は立方メートルあたり最大200個体の濃度でサイト-104内の溶岩洞から排出されています。これらは14時間もの間空中に残り、良好な気象条件下で少なくとも██km移動することが証明されています。

site104.jpg
サイト-104
吸入時、幼虫は鼻粘膜に付着し、H1受容体拮抗物質の配列を排泄して局所炎症と更なる幼虫の侵入の両方を抑制します。6-8か月の期間にわたってSCP-1104は成長し、ホストの篩骨孔を通して付属器官(訳注:手足のこと)を拡張します。ホストは一般的にSCP-1104の存在に気付かず、それとは別に永続的で詳細不明の頭痛が継続します。成熟時、SCP-1104はホストの視神経に圧力を加え中心視野の障害を引き起こします。この圧力はホストが大気中の硫化水素の局所勾配に向かっていない場合に選択的に適用されます。SCP-1104はホストの呼吸を通して検出できます。苦痛の初期期間の後、ホストは視覚障害の発生しない方向に面することを好み、動き始め、従って硫化水素の発生源を追跡します。十分な硫化水素濃度の場所に到着すると、SCP-1104はホストの前頭前皮質に向かって付属器官を伸ばし、SCP-1104が眼窩を介してホストを出ていく間、ホストは意識を失います。ホストを去った後、SCP-1104は溶岩洞や下水管などの硫化水素の発生源を特定し入り込もうとします。SCP-1104の地下でのライフサイクルは記録されていません。

人間はSCP-1104によって引き起こされた視覚障害に対し他の動物と同様に嫌悪感を示しますが、行動応答は強制ではなく、SCP-1104の本質が知らされている場合はホストは特に影響を無視しようとします(研究職員に対して後述の敵意が予想されるべきです)。完全に成長したSCP-1104を外科的に切除したり毒を与えたりする試みはその退避反応を即座に誘発する結果となります。脱出後のホストは眼窩前頭傷害のため完全な自発性喪失を示し、現在までに報告会には適切な情報を全く提供していません。

  • 最終更新:2016-06-18 18:25:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード