SCP-1079

SCP-1079.jpg
SCP-1079の一袋の内容物

SCP-1079 - Dr Wondertainment's Bubblebath Bonbons(ワンダ―テインメント博士のバブルバスボンボン)
© Buns 2011

Item #: SCP-1079

Object Class: Safe

取扱方:
すべてのSCP-1079は現在サイト19の収容ロッカー1079に保管されています。なお、警戒リストのデータベースはこの先新たな実例が現れたときに押収できるよう、さらなるSCP-1079の情報が入手され次第更新されます。

概要:
SCP-1079は“ワンダ―テインメント博士のバブルバスボンボン!®”と派手にラべリングされた大量の砂糖菓子に与えられた名称です。現在財団はSCP-1079を█箱収容しており、その中には当初一箱につき64個の小袋が入っていました。それぞれのパックのラベルにはその製品の名前と二つの警告が表示されています。“3歳以下の子供には適していません”“一度につき一つずつ食べてください”といったものです。さらに、栄養素、ビタミン、ミネラルなどの一日に摂取すべき栄養とマイナス何%という表示が記載されています。いずれの栄養素もSCP-1079には含まれていません。

被験者はSCP-1079を摂取したのち、ひりひりした感覚を報告しました。10~15秒後には被験者自身の血液が、ピンクのバブルガムのような匂いのする泡となって腹部や腕や背中の毛穴から分泌されました。このようにして分泌された泡の総量は一般に30-50mlにおよび、ただちに健康上の危機にさらされることはありません。

分泌される血液の量は摂取量と比例して増加します。SCPの所期の効用による被験者の血中の泡の塊は血液の噴出を引き起こし、一度に4つかそれ以上の砂糖菓子を摂取した被験者の95%は失血により死亡します。失血死した摂取者の肺には同時に泡が集まっていました。後に標準的な動物実験により、SCP-1079の影響の程度は摂取者の体格によることが発見されました。

補遺:
1990年██/██の最初の発見以来、██便が世界各国のスーパーマーケットに届けられました。これらの荷物の流通センターや生産者をたどろうとする試みは2005年██/██現在まですべて失敗に終わっています。

  • 最終更新:2016-06-18 23:31:50

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード