SCP-1073

scp-1073.jpg
SCP-1073 が回収された地点
SCP-1073 - Computing Microbes (演算する微生物)
© dr-gravity 2012

Item #: SCP-1073

Object Class: Safe

取扱方: SCP-1073-1の泉がある洞窟は近くの財団施設の地下を終点とする小さなアクセスシャフトを除いて封鎖されています。現在SCP-1073-2のコロニーは収容サイト█のセクタ█にある密閉された格納容器に収容されています。十分なセキュリティクリアランスレベルを持つ職員は自由にSCP-1073-2と会話をすることが可能です。

3/9/██: 態度が良好であるため、1073の格納容器に███の周波数でAM放送を行なう小さな無線送信機が設置されました。様々な小説やノンフィクションのオーディオテープが連続して放送されます。
8/23/██: 1073-2は歴史や数学に興味を示しています。O5の承認を待って、これらに関するテキストがプレイリストに追加されます。
9/7/██: 許可 - O5-3

概要: SCP-1073-1は█████山の洞窟の泉にある透明な液体であり、見た目や物理的な特性(伝導性、沸点及び凝固点)は0.9M濃度のH2SO4(硫酸)溶液に一致しています。化学的な解析は液体が実際は [削除済] であることを明らかにしており、わずかに二酸化ケイ素と長鎖シランが溶解していることを示しています。産業および軍事応用へのこの化合物の調査が進行中です。

SCP-1073-2は原始的なコンピュータによく似た構造を持つ、知能を持ったシリコンベース微生物のコロニーです。1073の構造は電波を受信し解読することを可能としており、軍事応用の研究が進行中です。これまでに SCP-1073-2の5つの異なる “種族” が観測されています。“Gatherer” は名前が表すように原材料や回復不能なコロニーの仲間を収集し、食料や繁殖のために使用します。“CPU” はコロニーのためにコミュニケーションや消化などを含む全ての高次機能を実行します。“MMU” はメモリセル (ROM および RAM) の情報にアクセスし、それを “CPU” に転送します。“ROM” (Read Only Memory) はコロニーのDNAとして機能し、繁殖やコミュニケーション、長期記憶として必要なすべての情報を保持しています。“RAM” (Random Access Memory) はコロニーの短期記憶を保持しています。ある変動周期で情報はRAMセルからROMセルにコピーされるか削除されます。1073-2が財団で管理されている間に、ROMセルは10^4のスケールで増加しました。

テストログ:
テスト番号: 1073-01
対象: SCP-1073-1および2

テスト: 冷凍

結果: 対象は最低限の損傷で解凍されたが、実験は不快であったと述べた。
テスト番号: 1073-02
対象: SCP-1073-1および2

テスト: 沸騰

結果: 蒸発するとSCP-1073-1は [削除済] と激しく反応し、格納容器は甚大な損傷を受け、3人の財団職員が死亡した。
テスト番号: 1073-03
対象: SCP-1073-2および蒸留水

テスト: 生息地の変更

結果: 蒸留水に触れさせると即座にSCP-1073-2は分解した。その後のテストにより1073-1はSCP-1073-2の背骨となるケイ素の三重結合を維持するために必要であることが示されている。

活動状態にあるとき、3秒から5秒間隔で液体の中心から波が発生し、円状に外側へ伝搬していきます。19██に発見された当初それは無意味なものであると考えられていましたが、アマチュア無線技士である████博士が小さな波 (平均して直径8cm) と大きな波 (平均して直径16 cm) がそれぞれモールス信号の短点と長点に対応していることを発見しました。

████博士は1993年に亡くなるまで、自作した無線放送機を使用してSCP-1073と毎週インタビューを行いました。以下にそれらの中のいくつかの興味深いインタビューを示します。

インタビュー記録1073-2-1

インタビュー記録1073-2-2

インタビュー記録1073-2-14

インタビュー記録1073-2-2577


ノート:
誰かこれを憂慮している人はいるのか? 世界のコンピュータシステムのほぼ90%がこれが我々に与えた情報に基づいているんだ、もしこれが制御できなくなったら… - ████ 博士

もし制御できなくなったらそれに水をかければよい。この生物は純粋な1073-1でなければ生き残ることが出来ず、我々がその源を制御している - O5-3

  • 最終更新:2016-09-03 14:23:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード