SCP-105-FR

SCP-105-FR - Ange Gardien (守護天使)
© Torrential 2015
SCP-105-FR.jpg
[データ削除済]を迎え入れるエージェント██████

Item #: SCP-105-FR

脅威レベル:

Object Class: Safe

取扱方: SCP-105-FRはサイト-Alephの50cm×50cm×50cm以下の標準安全容器に保管してください。関連する全ての実験は、カーター博士の承認を得なければならず、また毎週1回に限られ、セキュリティクリアランスレベル2の職員によって構成されていなければなりません。

19██/██/██更新: 現在、SCP-105-FRをSCP-088-FRに曝露させる実験は禁止されています。

概要: SCP-105-FRは手作業で作られたように見えるセラミックマスクです。また、アメジスト、ガーネット、トパーズ、トルマリンが埋め込まれており、上部には数個の真珠で作られたペンダントが飾られています。SCP-105-FRの製造日は未だ明らかになっていません。さらに、摩耗の兆候もなく、あらゆる劣化の影響を受けません。SCP-105-FRには、ゴムに似た性質を持つ黒い絹のリボンが装着されています。この絹のリボンは顔に取り付けられた着用者の頭蓋骨の周りに結びつきます。

SCP-105-FRは着用者(SCP-105-FR-A)の現実と知覚を大幅に変化させます。これは生きているか不活性であるかに関わらず、環境に直接的な危険を齎す要素を覆い隠し、SCP-105-FR-Aに対して無害だと認識させます。一例として、銃でSCP-105-FR-Aを脅かす敵対的な人間は、手を差し出して迎え入れるフレンドリーな人物として見えるでしょう。同様に、手榴弾の爆発は花火の爆発として聞こえます。このようにSCP-105-FR-Aは見る、聞く、感じるというような認識に影響を受けます。上記の例を説明するために、花火の爆発は手榴弾の爆発ではなく、上記の音と燃焼固有の煙の匂いに加えて、被験者が現実に見ることができます。

SCP-105-FR-Aは、攻撃が直接的か間接的かを問わず、SCP-105-FR自体と同じように、すべての形の傷害に対して鈍感で不死身です。SCP-105-FR-AはSCP-105-FRの性質上、これらの危険性を単独で理解することができないため、物理的(撃たれるなど)、または間接的(爆風など)な脅威によって肉体または衣服の損傷が引き起こされます。液体による脅威の場合、SCP-105-FR-Aは液体に浸されず、あたかも固体であるかのようにその表面を移動します。バクテリアやウイルスによる感染はSCP-105-FR-Aに影響を及ぼさず、効果がありません。さらに、時間も停止されているようです。SCP-105-FR-AはSCP-105-FRを着用していれば、老化(および成長)することはありません。従って、事実上不死身であると考えられます。

しかし、財団の利益のためにSCP-105-FRを使用することは絶対に不可能であることが証明されています。SCP-105-FRは性質を知っている人物が保持すると全ての保護特性を失います。SCP-105-FR(実験など)の性質を知っていない限り、その着用者が知っている第三者による命令で着用されたとしても、その効果は生じません。SCP-105-FRの特異性を利用しようとすることは、保護性を無効にしますが、現実の認識を変えても影響を取り除きません。従って、実験以外の目的で危険な状況において使用する必要はありません。

►インシデントレポート105/088-ANG◄


  • 最終更新:2017-01-22 18:59:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード