SCP-085-KO

SCP-085-KO 다가오는 점 (近づいてくる点)
© Anchor 2012
d.jpg
活性化直前のSCP-085-KO

Item #: SCP-085-KO

Object Class: Euclid

取扱方:
SCP-085-KOは縦、横、高さがそれぞれ5mである収容室の壁にかけられた状態で収容されます。対象は絶対に直接目撃してはいけず、視覚的な監視は、監視カメラを介してのみ可能です。特殊な場合を除き、実験の許可は下されません。許可された場合多数の研究者とエージェントの同行のもと実験が行われます。

概要:
SCP-085-KOは横50cm、縦30cmのフレームに入っている画像です。対象は白地に黒のドット(10cm x10cm)だけが描かれており、誰かが直接対象を目撃したときにその形状を変化させます。形状が変化し始めた時を活性化とし、黒の点が白地を徐々に染めるように画像そのものを上書きしていきます。この変化は監視カメラで見る時はただ色が広がっているだけに見えますが、直接見る人物はその点が次第に自分に近づいてくる様に感じると報告されています。

SCP-085-KOが活性化して、黒い点が白地のすべてを覆った場合にのみ、その効果が現れます。その効果とは、対象が活性化した後、10分が過ぎて白地が完全に黒に変化した際、その瞬間に対象を目撃しているすべての生物を飲み込むというものです。飲み込まれた相手は後に、[削除済]。対象が飲み込むことができる物体の限界は、まだ明らかにされておらず、飲み込める相手は、意志が存在する生命体に限られたものと推測されます。監視カメラで確認された映像によると、対象が相手を飲み込む方法としては、フレームの中から黒い布のようなものを出し、相手を襲った後そのまま引っ張っていく、という方法であることが明らかになりました。しかし、対象に襲われている相手は黒い点が一瞬のうちに大きくなり、自分を襲うようだ、と報告しています。これは対象が自身が飲み込む相手の視野を計算し、それに合った角度を選定して動くために発生する現象と推測されています。

SCP-085-KOが一回活性化した際、その後何かしらの物体を飲み込まない限りは、再び黒い点の状態に戻りません。そのため対象を他の場所に移動させた場合に対象の黒い点は、ある程度大きくなった状態で停止します。その後、その大きさがフレームの全体にまで及んだ後に誰かがそれを目撃した場合にはその相手を飲み込んだ後、元の大きさに戻ることが確認されています。

SCP-085-KOを直接覆う方法はすべて失敗しており、ターゲットの3m以内に何かが存在する場合、ターゲットはその直後に活性化して、それを飲み込んでしまいます。この特徴により、対象は通常の収容室ではなく、専用の収容室に収容されました。

SCP-085-KOが最初に発見されたのは███美術館の倉庫でした。確保した後移送途中に██人のDクラス職員が[削除済]。以来、数回に及ぶ試みで収容に成功しました。


  • 最終更新:2017-03-21 10:53:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード