SCP-080-FR

SCP-080-FR - L’Œuf de Paon (孔雀の卵)
© Torrential 2014
SCP-080-FR.jpeg
SCP-080-FR

Item #: SCP-080-FR

脅威レベル:

Object Class: Safe

取扱方: SCP-080-FRは████████博士のオフィスにある金庫に保管され、特別な収容プロトコルを必要としません。SCP-080-FR研究のためのすべての要求は24時間前までに彼に行われるべきです。研究員はオブジェクトへ損傷を避けるため、慎重にSCP-080-FRを扱って、守られない場合は重い罰を与えられます。

概要: SCP-080-FRはインペリアル・イースター・エッグの不明なコピーです。ガラスの卵は台座の上に水平に置かれ、開花する低木の上には座っている孔雀のミニチュアがあります。分析により、対象の台座と輪郭が黄金、銅、金、銀の合金で構成されていることが明らかになりました。孔雀は、ラピスラズリ、エメラルド、および未知の宝石2つで構成されています。

SCP-080-FRはエージェント・██████により、███████████にて██████████王子の個人的なコレクションから発見されました。所有者は異常特性により財団に寄付し、その後SCP-080-FRの研究プロジェクトは████████博士に委託されました。

SCP-080-FRには2つの状態があります。物理的に接触していない限り異常特性が現れない「非活性」状態および、人がどの手段であれ直接接触した「活性」状態です。活動時、卵が自動的に開き、最初にオブジェクトと接触した人の方向に孔雀のミニチュアが回転します。その後、オートマトンでアニメーション化すると、実際の動物と同じように羽ばたきを維持し続けたことが観察されました。そのメカニズムを詳細に調べるためのミニチュアを開くすべての試みは、SCP-080-FRの未確認な部品の特性と考えられる異常な抵抗のためすべて失敗しました。

SCP-080-FRは触れた人の難聴、失明、その他の聴覚や視力の障害を治療することができます。光学文字認識障害者がSCP-080-FRと相互作用する場合、「輪を作る」ことによって羽を展開して羽の目の模様を露出させ、視覚障害を8〜12秒で消失させます。聴覚障害者がSCP-080-FRと相互作用する場合、その障害の重症度に応じて3〜6回歌います。これは約5秒後に終了します。その後、SCP-080-FRは非活性になり、動作を停止します。

活性状態の時にSCP-080-FRに対して不快な言葉が話される場合、孔雀は被験者に怒りの叫びのようなものを発してSCP-080-FRは直ちに停止します。そして、被験者は話す能力を失うことになり、SCP-080-FRと対話することはできません。人がSCP-080-FRを手や道具を使用して損傷させようとすると、孔雀は頭を翼の下に隠して非活性化します。しかし、被験者は味、匂い、触覚などの感じる能力を失うことになります。このようなSCP-080-FRによって受ける効果は不可逆です。これらを治療するための医療手段は現在のところ存在していません。

難聴や失明している人間がSCP-080-FRを乱雑に取り扱うと活性化し、ミニチュアは約1分間その人物を観察し、警戒しているように見えます。この後、卵は閉鎖されて異常な特性を示しません。この行動は正常と見られ、健康な人間には観察されたことはありません。

注記██/██/████: SCP-080-FRを他のSCPオブジェクトの特性によって影響を受けた職員の治癒道具として使用することが現在検討中です。

  • 最終更新:2017-01-22 19:03:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード