SCP-056

SCP-056 - A Beautiful Person (美しい人物)
© Lt Masipag 2008

Item #: SCP-056

Object Class: Euclid

取扱方:
SCP-056は彼の望んだ部屋に、必要とする家具を何でも用意した状態で置かなければなりません。Level1以上の職員はSCP-056といつでも接触する事が出来ますが、接触時間は2時間以内に限られます。SCP-056は最低でも三人の警備スタッフによって、4時間ごとにシフトを組んで警護されなくてはなりません。各護衛はそれぞれ非致傷型の麻酔ピストルで武装し、最低でも1500マイクロリットル以上のシクロピロロン系麻酔薬をこめた弾丸を装填していなくてはなりません。SCP-056と長時間接触続けた事によって異常が生じた職員ならびにスタッフは、身体検査およびサイト[削除済]への配置転換を命じられます。

SCP-056は望む物品を手に入れることが出来ますが、武器、通信機器、インターネットへ接続可能な機器、他のSCPは例外とします。SCP-056は研究区画███を望むように行き来させて構いませんが、出口のあるフロアへの侵入は決して許可しないでください。緊急時ないしSCP-056が暴力的になったときには、可能であれば鎮静させ、部屋に収容してください。職員はSCP-056に危害を加えようとしてはいけません。付録2-b参照

説明:
SCP-056は周囲の環境、特に生命体や知覚力を持つ存在に反応してさまざまな大きさ、性別、外見に変化する人間です。SCP-056がよくとる形態は、二十代半ばのハンサムで、SCP-056を護衛している職員とよく似た服装をまとう物です。ただし、服装はより質がよく、高級なものです。しかし、他にも以下のような形態を取った記録があります。

  • 大きく、毛並みのよいラブラドールレトリーバー(███████ ████博士の犬に接触したとき)
  • 若い女性スタッフのグループのそばを通り過ぎたときには、有名な女優スカーレット・ヨハンセンによく似た外見の女性に変化しました。
  • さまざまな研究者と話し合っていたときには、SCP-056は白衣を着た女医に姿を変えました。IQテストを受けるよう要求されると、SCP-056は研究者達よりも30近く高いスコアをたたき出しました。
  • セクター内のジムでは、ベンチプレスで250キログラムを二回上げられる男性のボディビルダーに変化しました。この記録は、最も力の強い警備担当者の記録を30キログラムほど上回るものでした。
  • 非常に高級なつくりのカウチ(被検体の部屋に単独で置かれたとき)

これらの変化はその場にいる人間達が被検体に注意を向けていない間に行われ、即座に新しい物品や人間となって現れます。こうした変化を記録しようとする試みは、録画したテープや映像入力が、同様の瞬時に起きる変化に惑わされてしまうため、無意味だと判明しています。SCP-056が何の道具や武器も持っていないと明らかであるにも関わらず、服装もまたこの時に変化します。

SCP-056の「本当の」姿を見ることは、原理的に不可能です。空の、コンクリートで出来た空洞にSCP-056を収め、閉鎖したループ録画のビデオ設備の元に置くと、SCP-056はより高級なカメラに変化し、カメラによって観察されていることを知っているとアピールしました。更なるSCP-056の本当の姿を明らかにしようとする試みの後に、SCP-056は単独でいる時は体温や、心拍や、重量といった生命の兆候を一切示さないことが明らかになりました。研究者達は、SCP-056は何らかの観察下に置かれなければ存在できないと確信しています。

被検体と接触する職員は、しばしばある種の「羨望」や「不快感」を感じつつも、SCP-056に対して、ネガティブ・ポジティブ両面において非常に強い感情を覚える傾向があります。どういった感情を覚えるかは、職員の人格タイプによって決定されます。警護スタッフはしばしば、SCP-056自体や、その今取っている形状を嫌いつつも、被検体の命令には服従したくなることがあると報告します。一方で、SCP-056に長時間接触している研究者は、しばしば被検体と口論し、あるいは侮辱し、結果として被検体に恥じらう研究者が追い出されるということが起こります。

SCP-056はきわめて会話が上手く、いかなる言語や、非言語的な手段によっても非常に円滑なコミュニケーションを取る事が出来、また暗号学者や趣味の研究者によって生み出されたものを含む200以上の方言を流暢に操ります。SCP-056は頻繁に周囲のスタッフに対して軽蔑をあらわにしますが、一方で下手に出て要求された事については、要求されたことは何でも実行します。SCP-056は雑誌や、ファッションや、自動車や、理論科学、スポーツなどさまざまな分野に興味を示し、いかなるトピックにおいても、大抵は現在会話している人間をはるかに上回る知識量と理解を披露します。SCP-056との長期間の会話を終えた職員は大抵怒るか、失望するか、嫌悪をあらわにしますが、可能ならもう一度対話をもとうとします。他のSCPについて質問されると、SCP-056は恐怖と、しばしば憎悪を露わにし、Safeに分類されているSCPについてすら言及を拒否します。

追記:
被検体は服飾デザイン会社[削除済]で働いているところを発見された。発見に際して、異常な数の殺人や自殺、精神異常がSCP-056の周囲で働いていたモデル達に起きていました。クラスEの職員がSCP-056を拘留しようと試みた時には、SCP-056はそのあまりに代わり映えしない光景によって激怒し、[削除済]のように見える形態へと変化、17人のエージェントと10人の市民を死亡させました。本事件は、精神病に悩まされていた職員の一人が銃器を使用し、他の職員を攻撃したという形で処理されました。

付録1:
レベル4以上のクリアランスを持つ職員のみ資料#956-0を参照可能

資料#956-0: SCP-056との初遭遇時における音声記録

<テープ開始>

エージェント███████: おい、聞いてくれ……お前が何かは知らないがお前を殺人の罪で逮捕する。

SCP-056: いやだ。向こうへ行け。

(カチカチいう音。エージェントが武器を抜く)

エージェント███████:我々と一緒に来てもらう。

SCP-056:お前は本当はそんなことはしたくないんじゃないか? ちんけな奴め。

(驚いたようなざわめき、記録者のものか)

エージェント███████:くそっ、あれはまるで[削除済]

(銃声、叫び声)

<テープ終了>

付録2-a:
資料 #956-1参照

資料 #956-1:
SCP-056の振る舞いに関する試験

試験の手続き:
[削除済]

付録2-b:
結果

  • ナイフで武装したクラスDの職員一名意図:被検体を害する事。(被検体は引き締まった健康そうなおよそ二十代の男性の姿をとって出現。被検体は進み出て職員を武装解除し、後に殺害.)
  • 上等なワインを持ったクラスDの女性職員一名意図:被検体に贈り物をする事(被検体は美しい女性の姿をとって出現、贈り物のワインを受け取り、味わった後、職員の顔に吐きかけて立ち去る。)
  • 男女一名ずつのクラスD職員、携行品なし、意図なし。(被検体は仕立てのいいビジネススーツを着た美女の姿をとって出現。両職員を試験した末、解放)
  • 10名のクラスD職員、全員男性、携行品なし、意図なし。(被検体はロープデコルテ(訳注:襟ぐりの深いドレス)を着た美女として出現。およそ10分後、全ての職員が苛立ちの兆候を示し、更に5分後には殴りあいに発展。被検体は7分間これを観察した末に職員達を解放)
  • レベル4の女性職員一名、施設内で最もよい外見の持ち主に選ばれている。携行品なし、意図なし。(被験者は非常に高級な服を着た女性として出現、広範な語彙と管理能力に対する理解を披露。職員が激怒して部屋を後にするまで、9分間に渡って会話を継続。)

[削除済]

付録3:
キニース博士の記録から

私は最近、護衛がSCP-056に対して無線接続のコンピュータの使用を許可したという報告を受けた。しばらく後、被検体は組織に関する要注意情報を漏洩しようとしているところを発見され、鎮静させられた。この出来事について056に質問したところ、被検体は、我々が「被験体の理解についていける集団は用意する事ができず」、また「被検体の輪郭を知るために世界そのものが必要になる」と述べた。私はこれ以上の対話を拒否したが、更なる発見が為されるまでは、被検体に通信機器を与えることは禁止すべきだ。以上。

  • 最終更新:2016-06-20 00:01:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード