SCP-050

SCP-050.JPG
休止状態にあるSCP-050
SCP-050 - To The Cleverest (最も賢きものへ)
© TheDuckman 2009

Item #: SCP-050

Object Class: Euclid

取扱方:
これまでのところ、SCP-050を収容するためのあらゆる試みは成果を上げていません (*1)。現在、SCP-050を入手した職員は、普段使用しているオフィスに放置することになっています (*2)

概要:
SCP-050は高さおよそ30cm(約1フィート) (*3)ほどの、本を読む猿の姿をした彫像です。彫像の底には筆記体で「最も賢きものへ」と彫られています。この彫像はどんな形での損傷も受け付けないことが分かっています。 (*4)そのため、この彫像の正確な製造年代を判別する方法はありません。

SCP-050は単体で放置されることで、現在の所有者に対して有益な事象と迷惑な事象の両方を引き起こします。詳細はドキュメント050を参照してください。(原文ではこの一文は脚注扱いですが、脚注からリンクを貼る方法が分からないため本文に引き上げています)観察のため設置した録音・録画の方式や量を問わず、移動する姿は観察されていませんが、その部屋は完璧な清掃を施され磨き上げられます。事務書類はファイルに整理され、ゴミ箱は空になり、全体的に室内は片づけられます。しかしながら、SCP-050はその時に所有者に対する罠を仕掛ける傾向もあります。そのため所有者は入室時にオフィス内を厳重にチェックすべきです。

  • 最終更新:2016-07-08 01:19:25

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード