SCP-036

SCP-036 - The Reincarnation Pilgrimage of the Yazidi (Kiras Guhorîn) (ヤジディ教徒の回帰巡礼(Kiras Guhorîn))
© アカウント削除のため原著者不明 2008
SCP-036-1.jpg
離陸を待つ巡礼便

Item #: SCP-036

Object Class: Safe

取扱方:
一年に一度、機動部隊が[削除済]で収容指令-2を出され、サイト-22Aにある滑空路と空港を守護する為に急派されます。9月23日の0400時の間に、一般施設の全非SCP職員は退避し、次に朝日が昇るまで戻る事は許可されませ ん。10月1日には、一般人は日が昇るまでに再度退避し、『巡礼便』が帰るまでサイト-22Aへ行くことは許可されません。

『到着便』から乗り継ぎ『巡礼便』の出発を待つ巡礼者は、レベル3以上のクリアランスを所持している調査者によって尋問されます。

概要:
SCP-036には、サイト-22A(北イラクのモースル地方にある小さな空港)とサイト-22B(サイト-22Aで乗車する乗客の目的地)の土地も含まれています。SCP-036の鍵となる構成成分は:

  • 『到着便』-9月23日の夜明け前にまもなく到着する、乗客を載せる飛行便(年ごとに種類も型も違っている)です。それは、サイト-22Aの半径約30-40kmの地点でレーダーに表示されます。それが着陸した時、『巡礼者』が便から出で、ターミナルに入ります。クルーがこの便から降りてきた事はありません。マスクを付けた操縦士と副操縦士のみが観察されています。便は巡礼者が降りると、離陸の許可を待たずにすぐに飛び立ち、着陸の際に名乗る事もしません。

  • 『巡礼者』-『到着便』から降りてくる、『kiras guhorîn』を受けていると言われているヤジディ教 (*1)信者の人々です。毎年彼らは検査され、以前にもう死亡しているヤジディ教の様々な人々と照らし合わされます。この照合は出生証明書、パスポート、特殊知識の質問、そして可能ならば指紋も使ってなされます。巡礼者の多くは友好的かつ平和ですが、それでも多くの巡礼者はkiras guhorînの詳細を渋々ながらにしか語ってくれません。これまでに家族や友人をそれとは認識しない様を見せ、もしくは短期記憶から通常分かる物を越え、どんな情報でも思い出す事が出来ていました。9月23日の夕方前に、彼らは巡礼を始める事は重要だと力説します。その際、彼らは『巡礼便』に列をなして行進した後便で飛び立ち、再度合間見える事はありません。

  • 『巡礼便』-SCPの人々により『巡礼者』を送り出す為に造り出された、訓練を受けた乗務員のヤジディ教の聖人が乗っている便です。乗務員は、例のごとく巡礼の細部やkiras guhorînは実際何なのかという事については語りません。機内機構のSCP機器は最適ですが、しかしそれでも記録のデータからは毎年少ししか巡礼の理解を深める事が出来ません。便は7日間飛ぶにも拘わらず、乗務員と記録のデータは少ない日数しかカウントしていません。異常な物は何も観察されていないにも拘わらず、記録機材とカメラからその日々は失せています。便はレーダーから消え失せ、目視もサイト22Aから約50-60kmの時点で、10月1日に朝日が昇る頃まで出来なくなります。

  • サイト-22B-『巡礼便』の目的地で、滑走路と[削除済]の座標に存在する一つの建物から成る小さな空港です。この空港は『巡礼便の乗務員』と飛行便のカメラからでしか観測できません。空港は衛星写真には写らず、徒歩で辿り着こうとする試みも、一度悲惨な出来事を起こしただけでした。カメラでこの地域に焦点を当てても、普段は蜃気楼のような視覚的影響のある地面からの熱が飛行便から数ダースメートル以上に掛かるので、撮影が上手く出来ません。SCP偵察機による数週間の巡礼前の空港での低空飛行により、未開拓地と古い石像らしき物が存在している事が明らかになりました。1990年代に、SCP機動部隊シグマ-4が巡礼の時にサイト22Bに近づこうと試みました。接近するにつれ、通信は途絶え機動部隊は二度と見つかりませんでした。7日の巡礼の間に探索を試みる事が提案される事は一つとしてありません。
SCP-036-2.jpg
巡礼直前のヤジディ教聖人

元々、モースルのヤジディ教信者について話すクルト人は、密かに彼ら自身で巡礼を行っていました。東からの巡礼者は、ヤジディ教の聖人に背後から付き添う、ラクダに乗りマスクと武装をしている護衛によって導かれます。聖人達は、後に東の巡礼者を、彼らがヤジディ教の信者に『転生』する為に待つ彼らの『死の土地』に連れて行くのだろうと説明されています。『kiras guhorîn』とは、クルト語で直訳すると『外観変化』であり、ヤジディ教信者のまだ劣った魂が受ける転生の信義だといった説明を以前受けました。実際にその巡礼儀式が秘密裏に成される間、象徴的な巡礼儀式と『kiras guhorîn』が、毎年この時点で他のヤジディ教信者によって行われます。

1960年代の間、クルト人と回教徒による用地買収やトルコ人の襲撃、イラク政府の懲罰法により、ヤジディ教徒の活動や慣習は制限されていました。当時の財団がそこに介入をして、SCP便がある地域の空港施設に無制限にアクセス出来る有利な条項を結ぶ為に援助をしたいと申し出ました。するとほぼ即座に、東の巡礼者を乗せた謎の飛行便が地方の空港に着陸し、その上目的地に秘匿され、接触の困難な空港が出現しました。

  • 最終更新:2016-07-08 00:56:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード