SCP-003-KO

Farm.jpg
発見当時のSCP-003-KOの写真
SCP-003-KO - 농가 (農場)
© アカウント削除のため不明 2014

Item #: SCP-003-KO

Object Class: Safe

取扱方:
オブジェクトの周囲は針葉樹林が広がっているため、そこを国立公園に指定し、偽装したエージェントを配置して民間人の立ち入りを規制してください。オブジェクトの周囲2km地点には高さ3mの有刺鉄線の付いたフェンスを設置して乗り越えようとしたときに傷を負うようにし、またセンサーを用いて警備員に連絡が行くようにしてください。対象は外見だけでは異常性があるようには見えないため、管理区域内で発見された民間人は必ず尋問し、対象の周辺10mに接近したことが確認された場合クラスA記憶処理を施した上で解放してください。軽飛行機のように管理区域内に着陸する余地があるものは飛行許可を与えず、もしそのような方法を用いて侵入した人物が居た場合、クラスB記憶処理を施した後に警察に引き渡してください。

民間人の侵入の規制に加えて、レベル2以上の権限を持っている職員は、特別な管理手順は無しで出入りが許可されています(2階はレベル3以上)。ただしどのような種類であろうと童話を知っている人物が農場に入る場合、精神障害による突発的な行動を取る恐れがありますので、出入りの際には4人以上の同行する研究員が必要です。特に、16歳未満の少女の侵入は、レベル3以上の職員の承認が必要となっています。

概要:
SCP-003-KOは、ロシア北西部の██████・██森に位置する廃農場です。2階建ての木造の建物で、裏側には馬小屋と鶏小屋が繋がっているような構造物がありますが、ほぼ損壊しています。主な特徴として建物が地面に固定されておらず、対象を支えているべき柱の下端が荒く刻まれているのが発見されています。建物を取り囲んでいるフェンスは、建物よりも後に設置されたことが確認されています。そしてその周辺1kmに渡って荒れ地が広がっていますが、その範囲内で放棄された紙の束が風を受けて転がっている姿を継続して見ることができるという特徴があります。紙には何も書いてありませんでした。これとは別の異常性として、対象の内部に紙類の物品を持ち込む試みは、いくつかの特殊な場合を除いて成功しませんでした。

SCP-003-KOは、侵入した人物に異常な恐怖心を誘発させます。また、対象の内部でグリム兄弟やアンデルセンのものを含む複数の童話に関連する物品が発見されており、これらを媒体とすることで関連する童話の主人公の心理を侵入者と同調させるものと推測されています。この効果は、関連する童話の知識がなければ発動しません。詳細については、補遺の実験記録を参照してください。

2階のベッドで発見された正体不明な生命体は、SCP-003-KO-2と分類されました。全体的に人型をしているものの、女性用の高級なドレスや睡眠帽子で姿を完全に覆っており、様子を知ることができません。呼吸が観察されたことから、睡眠状態にあるものと見られますが、覚醒することはありませんでした。対象内部で童話関連の物品を媒介にした際、睡眠状態において驚異的な反応を見せたため、継続的な実験は危険を生じさせるものと判断され、現在は実験を保留しています。

補遺:
対象は、童話と紙に密接な関連があるというルピン博士の強い主張に基づき、安全性が十分に評価された関連するSCPオブジェクトを用いたクロステストを許可する。

- █████・██博士

実験記録を開く


インタビュー記録37-12の抜粋
█████・██博士: だから、そこに全ての童話の内容がまぜこぜになっているはずだ。

ルピン博士: そう。5番目の実験で作られたその本だけみても、赤ずきんやシンデレラ、白雪姫に最後のシーンにはオズの魔法使いまで出てきている。声を失った、というのは人魚姫に出てくる内容であり、パンの部分はヘンゼルとグレーテルだ。自分のものに手をつけられて怒り、狼となった姫は……美女と野獣あたりが適当だろうか。

█████・██博士: 面白いことを言うな。それは美女と野獣の内容ではないだろう。せいぜい「美女であると同時に獣」、というところではないか。それなら寧ろ、ジキル博士とハイドと言った方が近いぞ。

インタビュー記録51-1の抜粋: この資料の閲覧のためには、セキュリティレベル5の承認が必要となっています。
█████・██博士: 一体何を意味している?比喩かなにかか?

ルピン博士: 違う!彼女は本当に██████や████でできているんだ。この世には……Eクラス職員が、瞬く間にセキュリティクリアランスレベル5を手に入れられるような奇跡があるんだ、本当だ!

█████・██博士: 信じられない。そんな次元を超えたようなこと……

ルピン博士: ううむ、本当のことなんだがな。

█████・██博士: そうか、どうだったんだ?

ルピン博士: 少なくとも、キャッシュキーがどんなものかぐらいは分かるだろう?

追記:
この建物について調査を行ったところ、政府の記録に同じ建物を指すと推測されるものが残っていました。ほとんどの情報は不明であったものの、19██年代から存在していたことが正式に確認されています。興味深いことに、邸宅の所有者の名前が"Grimm"となっていました。

  • 最終更新:2016-09-28 23:48:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード