SCP-002

800px-SCP002.jpg
隔離施設内のSCP-002
SCP-002 - The "Living" Room ("生きている"居間)

Item #: SCP-002

Object Class: Euclid

取扱方:
SCP-002は、SCP-002が活動準備状態を保つように、常に最適な電源設備に繋がれています。停電の際には、非常隔壁が対象と施設の間に張られ、隣接施設は退避区域になります。施設の電源から復帰すれば、SCP-002を再び活動準備状態にするためのすべての電源設備が接続されるまで、代わりに高出力のX線及び紫外線がSCP-002の収容区画にストロボ照射されます。収容区画は常に減圧されています。

最小2名の職員がSCP-002の20m以内の範囲またはSCP-002の収容区間にいる必要があります。全職員は、他の職員の知覚が鈍くなったり、歪められたり、その他SCP-002に近づくことによる影響などを受けていないか確認するために常に互いに物理的接触を保つべきです。

レベル2以下の職員がSCP-002に接触することは許可されていません。この条件は、2名のレベル4の現場外管理者の許可状によって撤回されることもあります。こうした権利放棄を行った指揮スタッフは、接触期間の間、少なくとも5名のレベル3セキュリティー職員に伴わなければなりません。その間、一時的にランク及びセキュリティクリアランスは剥奪されます。接触に続いて、職員は隔離および心理鑑定のため72時間SCP-002から少なくとも5km圏外へ護送されるでしょう。もし職員としての職務を果たせ、復帰できるようなら、隔離満了時にランク及びセキュリティクリアランスが返還されます。

概要:
SCP-002は肉の腫瘍に似ており、体積は約60 m³あります。内部につながるバルブハッチが取り付けてあり、内部はあまり広くない安価な賃貸マンションのようにみえます。壁には窓がひとつ取り付けてありますが、外部からはそのように見えません。室内には家具が設置してあり、詳細な調査によると、それらは彫刻された骨、織ってある髪、および人体によって生産された様々な他の生物学的物質であるようです。それぞれは独立した、または断片的なDNA塩基配列を持つということが調査で判明しています。

オブジェクトの発見と関係する詳細に関してはミュールハウゼン報告を参照してください。(文書00-023-603参照)

追加記録:
現在まで、SCP-002が原因で7名の職員が行方不明になっています。また同時にSCP-002は、2つのランプ、小さいじゅうたん、テレビ、ラジオ、ビーンバッグチェア、未知の言語の3冊の本、4つの子ども向けの玩具および小さな鉢植えのプラントを獲得しました。高等霊長類を含む様々な実験動物による実験では、SCP-002の反応は発生していません。死体も同様にどんな反応も生じません。有機物を家具にする効果は、生きている人間によってのみ促進されるようです。

文章00-023-603


  • 最終更新:2016-07-08 01:14:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード