S███████博士の人事ファイル

S███████博士の人事ファイル (Doctor S███████'s Personnel File)

S博士.JPG
S███████博士と彼の甥ジェイミ S███████(十代男子になった直後のもの)

正式な氏名: ██████ █████ ██████

肩書: S███████博士

知れている限りでの偽名: ソウルレス、ソウル、ソレース、ソリス

職務: 一般研究員

コメント: 一般道徳心を欠如している点が幾分懸念されています。『気味が悪い』あるいは『怖い』とみなしたあらゆるSCPに夢中になります。それが行き過ぎないよう時折念を押す必要があります。

S███████は6ヶ月にわたって少なくとも57回の殺害が企てられ失敗しました。使われた武器は、標準的な包丁、多種多様な銃、S███████博士の文書化したSCPのいくつか、火とサイトの核兵器を含みました。襲撃者の確定には至りませんでしたが、彼が長期入院する一方で、ガルガ研究員を指し示す幾つかのメモが彼のオフィスで見つかりました。

その上、S███████博士は様々な場所から漁った紐を大量にコレクションしています。個々には丁寧に拾った日付、時間、季節、赤道に沿って並べてあり、湿気についてのラベルが貼ってあります。S███████博士は、紐(大抵は電話の内線、バンジーの紐、またはさまざまな精索)を机の引き出しの左上にしまいます。

財団への重要な貢献:
SCP-797 - 「知りたがりのポルターガイスト」
SCP-979 - 「炻器の兎」
SCP-747 - 「子供と人形」
SCP-1771 - "Seasonal House"
SCP-1551 - "Repeating House"
SCP-1252 - 「作りかけのアイデア」
SCP-1353 - 「癒し系ムカデ」
SCP-2772 - "Real Life Memorial For A Virtual Non-Existence"
SCP-2552 - 「暴走する空想」
SCP-2442 - 「時として治療は唯の痛々しき真実に過ぎず」
SCP-2992 - "Everything Flows Towards Cadence"
SCP-2882 - "Overwriting Myself For A Faraway Dream"
SCP-2662 - 「くとぅるふ ふ「ざけんな!」」
SCP-2909 - "The Kind Of Neverland One Never Wishes For"
SCP-2331 - "SCRAVECROW"
SCP-2353 - 「「もうこんなのやってらんなくなっちゃったのよね、ホント」なマネキン」
SCP-414 - 「それでも、私は病んでいる方が好きかもしれない。」
The Melody Of Autumn, Passing Into Winter - SCRAVECROW、オネイロイ、AWCYと危険なディスコ・ボールを含むディストピアコンテスト出場作。
They Who Find Darkness Loving - エイブリーと彼の偽幻覚霊液!

プロジェクト:
Senescence, Consumption, Persecution - ぼさぐちゃのためのTale
A Eulogic Elegy For The Dreams - 夢は死にかけている。彼らは夢を見るため、人々を使い果たした。ぼさぐちゃのTale

Rain Leaking Through A Vendor's Roof - 第五教会ハブの一部
Siren's Song - 第五教会ハブの一部

To The Dreams He Is No Nobody - オネイロイ・コレクティブは「何者でもない」を気の毒に思っている。そうだろう? オネイロイたちは彼の痛みに気がついている - たとえ彼が痛みに気づけぬときでさえ - それゆえ彼らは本当に彼を哀れんでいる。自分にとって自分が実在していない状態で存在することがどういうことなのか理解できるのは、完全には現実世界に実在していない者達だけなのかもしれない。

より柔らかな場所:
’父さん’、あんたは遅すぎた - ワンダーテインメント博士は息子を失ったことを嘆く。
極寒の温度のセックス - ギアーズとアイスバーグ、時計仕掛けを連結する2つの破片、互いが動かなくなれば進むこともできなくなる。
all i ever wanted; all i ever deserved - 「何者でもない」はライトが問題ないなら、何もかも大丈夫とまだ信じている。彼女は自分の涙を見ることはできない。
help me my (love for my) daughter was born too still - ライツ博士はみんなの母親である。ただ一人、彼女が母親になれると信じていた「彼女」を除いて。だがいつか彼女は彼女なりに母親となるときが来るだろう。

その他:

  • 最終更新:2016-10-15 17:31:40

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード