Are We Cool Yet?ハブ


概要

ceci.jpg
"Euclidの裏切り"
Are We Cool Yet?は19世紀末から20世紀初頭の初期シュールレアリストと、当時発展し始めていた科学的な理解と超常にたいする研究を起源に持つ、国際的な前衛芸術家たちの活動の周縁に存在する芸術運動です。(どうやって運動がそれ自身の性質を持つようになったかについては、コンテスト参加tale"クールの誕生"で言及されています。)この運動には中心的リーダーと本拠地は存在せず、伝統や慣行はごく少数です。公的なメンバーとしての役割や要求される事柄もありません-一員と呼ばれるために必要なことは、異常なオブジェクト、存在、現象を利用したり展開したりしてアートを作ることだけです。

AWCY?の組織形態は場所によりとても多様です。多くのグループは創造的な指導者もしくは専門的な批評家に率いられた小さなサロンという形をとりますが、明確な指導者をもたないグループや、全くの独力で作業を行うことを好むメンバーもいます。いくつかの見解では、AWCY?の一部であるためには、必ずしもこの運動を知っている必要はないとされています。いくつかのグループの傾向として、死、傷害、恒久的な精神的危害をもたらすパブリックアートを生み出すというものがありますが、これは運動全体を"アートテロリスト"の集まりとして価値を下げるものです。メンバーにはこのレッテルを誇りとともに受け取るもの、完全に拒絶するもの、皮肉とともに受け取るものがいます。

AWCY?のアーティストがもっとも巨大でもっとも可視化された集団となるのは、1874年から10年ごとに毎回行われている"Sommes-Nous Devenus Magnifiques?"という巨大な展覧会です。これは"事情通"が10年間で生み出されたもっとも素晴らしい異常芸術のセレクションを鑑賞し、吟味するために集まることが出来るものです。作品が受けとられることは(それを気にしている者にとっては)異常芸術家が到達する事の出来るキャリアの中でもっとも偉大な業績の一つであり、世界中のメンバーたちが彼らの作品を展示するよう請願します。

集められたデータ

Birth by Guitar
Living in the Limelight
Preparation
Project Proposal 2004-024: "My Father's Values"
Project Proposal 2014-733: "The Role of a Lifetime"
Project Proposal 1964-301: "The Essence of Indolence"

さらなる研究


関係文書

関連Tale一覧


情報

AWCY?のオブジェクトは企画案と呼ばれるフォーマットで描写されます。企画案は、それぞれのアーティストによる、彼/彼女が創造したあるいは創造する予定であるオブジェクトについての簡潔な小論文です。これは10年ごとの展覧会の講評へ、もしくはアーティストたちに資金や素材を提供するパトロンへと投稿されます。ページタイトルは"企画案 XXXX-YYY:タイトル"とすべきです。"XXXX"には作品を出展する資格のある展覧会の年(もしアーティストが70年代末にそれを書くなら、1984年エキスポに向けて準備しているでしょう)を、"YYY"には展覧会提出審査委員会に企画が受理された順番として想定した任意の番号を、"タイトル"にはアーティストがオブジェクトにつけた名前をつけるべきです。

小論文は以下のようなフォーマットです。

タイトル: 作品の内容を述べているアーティストがつけたタイトルを、イタリック体(斜体)で。
必要素材: アーティストが作品を作るのに要した、もしくは必要だと予想している素材の箇条書きのリストです。珍しいものやその異常性などから入手しやすいものを上に、平凡なものを下に並べます。
要旨: 作品についての簡潔な説明です-それは何か、それは何をすると考えられるか、どうやってそれを行うのか(もしアーティストがその方法を知っているなら)、どうやって展示するべきか、などです。
意図: この部分では、アーティストは一人称で、この作品を創造した理由を述べます。何がアイデアの動機を彼らに与えたのか、彼らはそれを創造することで何を獲得することを望むのか、彼らはこの作品の制作にどうやって取りかかったのか、観客に誰を意図しているか、観客からどういった種類の反応を望むのか、などです。


 
製作者に関する情報

"Euclidの裏切り"はヤマモト・ケイスケ氏加藤泉氏の作品である"無題 2004"を撮影した写真と、ルネ・マグリットの"イメージの裏切り"の要素を合体させたパロディです。すべての権利は各アーティストに帰属します。

注意: SCP-173は加藤泉氏の作品である"無題 2004"およびその写真を二次利用して生まれたものです。SCP-173のコンセプトは元作品である"無題 2004"のコンセプトとは全く関係ありません。

この彫刻及び写真はクリエイティブ・コモンズライセンスの元では公開されていません。記事の文章のみがクリエイティブ・コモンズライセンスの元で公開されています。いかなる場合においても、この彫刻および画像を営利目的で利用してはいけません。加藤泉氏は"無題 2004"の画像の利用を、非営利に限るという条件のもとでSCP Foundationおよびそのファンに対してお許しくださいました。これは加藤泉氏のご厚意によるものです。

  • 最終更新:2016-09-28 00:39:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード