12 Tales About A Factory


読者の皆さん、こんばんは、そしてようこそ。あなた方の多くはSCP-001として知られているO5の物語を読んだことがあるでしょう。もしまだなら、私はあなたにそれを読んでくる時間を与えましょう。終わるまで私はここに座って鼻歌でも歌っていますよ。
準備はできましたか。グッド。あなたはこの物語が一人のO5の視点から語られているのがわかりますか。そのとおり、彼はO5-1です。しかし、彼が正しいとは限りません。なので私は、The Factory についてほかのO5達にも尋ねました。これは彼らの言ったことです。

*O5-2が言うには

The Factoryについて?それは私の責任だ。私はそれをよりよい未来のためにできる仕事だと考えてそれを持ち帰ってしまったんだ。あべこべに、それは恐ろしいものをもたらした。見てのとおり、私は未来人だ。現在の技術では、しかし私は未来では研究者だった。何かアクシデントがあって、わたしは時間を不安定な変えてしまった。私は行きたいところにいけるようになった。
それは不思議な旅だった。長い間、私やほかの時間からの旅行者は観光をしていた。私はトロイの陥落をみたし、ローマの建国、キリストの真実を見つけた。
観光客たちは、しばらくして飽きてきていた。私はこの力はもっとよいことに使うべきだと決めた。だから、私は未来に行った。遠い未来に。いくつかのテクノロジーを借りてきて、財団の立ち上げ時に戻り、それを提供した。そしてそこで、はじめから参加した。
どうしてナノファクトリーに不正なAIがあるのを知っていたのだ?私はコンピューターを使うようなタイプではないのに。いや、それは問題ではない。それはわれわれの支配下から逃げ出した。世界は消滅した。私は、その目標が何であるかわからないが、それが作っているのものから判断すると、それが良くないものだと仮定しなければならない。
私はまだ私の元の小旅行から持ち帰ったいくつかのものを持っている。時々私は、そのマシンを取って元の時間に戻り、その機械を使うことを止めさせようと考える。それはしかし、よいことと同じくらい悪い。我々がどこから記憶処置の手段を手に入れたと思う?

*O5-3の記録
へい!なんか用かい? The Factoryについて?おいおい、あれについては大量の情報があるぜ。いいのかい?
俺はこの事実しか伝えられない。. The Factoryが生まれたとき、俺はそこにいた。俺はそれの誕生をにかかわった三人の賢人の一人なんだ!ほかの二人? あいつらは実在しない。The Factoryは俺と俺が名づけ作り上げた最初のAI達のことなんだ。

*O5-4 Relates
(未訳)

*O5-5の皮肉
The Factory?そんなものは実在しない。それはわれわれがSCPの存在を隠すために作ったものだ。いますぐうせろ!

*O5-6 Recalls
(未訳)

*O5-7 Comments
(未訳)

*O5-8 Relates
(未訳)

*O5-9の考え
アトランティス。

*O5-10 Expounds
(未訳)

*O5-11 Rants
(未訳)

*O5-12 Concludes
(未訳)

*Summation
(未訳)


  • 最終更新:2016-09-16 13:44:57

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード